ビジネスは簡単には当たりません。特にネットビジネスでよく言われますが、「10個何か新しいことを行えば、そのうちの2回は当たる」とされています。

ビジネスの初心者であれば、「そんなに外れるのか」と思います。しかし、稼げる人は「2回も成功を掴むことができる」と考えます。この違いによって、マインド面だけでも稼げるかどうかが分かれます。

そもそも、どれだけ有名な野球選手であっても、毎年打率3割以上を保つのは難しいです。これに比べれば、素人でも打率2割を出せるビジネスはとても簡単です。ここで重要となる経験則としてパレートの法則があります。

残りの2割が重要になる

パレートの法則とは、「全体の8割は残りの2割の要素によって生み出されている」という法則になります。

例えば、100万円の売上があったとします。この時、この中の8割である80万円は店全体に置いてある商品の2割が生み出していることになります。

また、社会全体の8割のお金は残り2割の高額所得者が保有しています。顧客にして見ても、全体の売上の8割は残り2割のお客様が生み出しています。

このような経験則がパレートの法則ですが、この経験則は前述のようにあらゆる場面で適応することができます。

ちなみに、私のサイトも同じです。私のサイトにある全アクセスのうち8割は残り2割の莫大なアクセスが集まる優秀なページによって支えられています。全ページに対して均等にアクセスが集まることはありません。

そして、どのページにアクセスが集まるようになるかは私でも分かりません。こればかりは実際にやって見なければどうしようもありません。

このように考えると、「10個新しい事を行うと2回は当たりを引くことができる」と言われている理由が分かると思います。

どれだけビジネスの天才であっても、100発100中はありえません。必ず8割は失敗しており、この失敗を見せていないだけです。これを知らずに多くの人は成功している姿だけを見ているため、自分が上手く行かないとすぐに諦めてしまいます。

数打てば当たる

ビジネスで最初から質を求めようとする人もいますが、そもそも見当違いです。まずは数を打たなければいけません。そうしなければ、当たりを引くことはできないのです。

まずは多くの失敗をしなければ前に進みません。これは、どのビジネスでも共通です。量が質に変わることはありますが、いきなり質を求めても意味がありません。これはパレートの法則を学べば分かると思います。

ちなみに、私はビジネスを行うときに「最初は自分が興味のある分野で、専門知識を詰め込んだサイトを作りましょう」と言っています。この時、アクセスを集めるためにはページ数が必ず必要になります。

なぜページ数が必要かと言うと、前述の通りパレートの法則が働いているためです。前述の通り、私のサイトに集まるアクセスのうち、8割は残り2割の人気ページで成り立っています。これを理解すれば、ようやくアクセス数の本当の集め方が分かってくると思います。

リアルビジネスであっても、本当に稼いでいる人は数を多くこなして「残り2割の正解」を常に探り続けている人だけです。

これを理解しないで、「行動しても2割しか成功できないのか」や「どれだけ頑張っても上手くいかない」と思っているようではいつまで経っても稼げません。逆に言えば、本当の意味でこれを理解した上で行動すると自然に稼げるようになります。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認