インターネットビジネスを行う中で「SEO(Search Engine Optimization)」は重要です。SEO対策を行うことで、検索結果で上位表示されるようになると、多くのアクセスが集まるようになるからです。

ただ、一言でSEO対策といっても、そのやり方はさまざまです。正当な手段もあれば、Googleを騙すような裏技的な方法も存在します。そして、長期的に稼ぎ続けるサイトを作るためには、正当なSEO対策を実施することが重要です。

正しいSEO対策を行うことができれば、安定して検索結果の上位に表示され続けるようになります。

そこで今回は「検索結果で上位表示されるためのSEO対策」について解説します。

SEO(Search Engine Optimization)とは

インターネットビジネスで成功するために「SEO(Search Engine Optimization)」について理解することは大切です。SEOとは、日本語で「検索エンジン最適化」といいます。簡単に説明すると「どのようにしたらGoogleの検索結果で上位に表示させることができるのか?」という方法です。

つまり、適切なSEO対策を実施すれば、Googleの検索結果で上位に表示されて、大量のアクセスを集めることにつながるのです。

ただ、一言でSEOといっても、大きく分けて「ブラックハットSEO」「ホワイトハットSEO」の2つに分類されます。インターネットビジネスによって真っ当な方法で稼ぎたいのであれば、これら2つの違いを理解しておくことが大切です。

ブラックハットSEO

ブラックハットSEOとは、簡単にいうと「Googleを騙して検索結果で上位表示させる方法」だといえます。いってしまえば裏技的な手法であり、スパム行為の一つです。ブラックハットSEOはGoogleの方針に反しているSEO対策です。

例えば、Googleがブログやウェブサイトを評価する一つの基準として「被リンク数」が挙げられます。被リンク数とは、あなたが作成したサイトのコンテンツ(記事)が、他のサイトに引用されてリンクとして貼り付けられている数になります。

質が高く多くの人が参考になる記事を書いていれば、たくさんのブログやサイトで紹介される(リンクを貼り付けられる)可能性が高いです。そのため、Googleは被リンクの数が多いサイトを「良質なサイト」と評価して検索結果の上位に表示します。

このように、被リンクが自然に増えるのは非常に良い状態だといえます。ただ、こうした被リンクを自作自演でたくさん付けてGoogleの評価を上げようとする人も存在するのです。こうしたいわゆる「自演リンク」を使って検索結果で上位表示させる方法をブラックハットSEOといいます。

当然、自演リンクを貼ることはスパム行為であるため、Googleの方針に反している行為です。そのため、自演リンクによるブラックハットSEOは不当なSEO対策だといえます。

ホワイトハットSEO

それに対して、自然に被リンクが付けられることでGoogleからの評価が高くなり、上位表示されるSEOを「ホワイトハットSEO」と呼びます。ブラックハットSEOとは違い、ホワイトハットSEOではGoogleの方針に従った結果として、高評価を受けるような対策を実施するのです

自然な被リンクの獲得は、ホワイトハットSEOだといえます。もっといえば、一つのコンテンツ(記事)の質を高めたり、高品質なコンテンツの数を増やしたりすることも、ホワイトハットSEOとなります。

また、ユーザーがウェブサイトを使いやすいような構成にすることもホワイトハットSEOです。

例えば、いわゆるブログのように、トップページに更新した記事が新しく更新された順番に並べられているとします。そのようなブログでは、ユーザーは必要な情報を探しにくいです。欲しい情報を得るために、わざわざ過去の記事をさかのぼってコンテンツを探さないといけないためです。

その一方で、以下のように3層構造のサイト形式にしていると、ユーザーは必要な情報をすぐに見つけられるようになります。

具体的には、トップページに以下のようなカテゴリーページの目次を設置します。

さらに、カテゴリーページの中には、以下のように各コンテンツへのリンクを貼り付けたページを用意するのです。

このように3層構造にすることは、ユーザーの利便性を高めるだけでなく、結果的にGoogleから高い評価を受けることになります。つまり、ホワイトハットSEOになるということです。

以上に記したように、Googleの方針に従ってウェブサイトの質を高めることで検索結果の上位表示を狙う手法をホワイトハットSEOといいます。

取り組むべきはホワイトハットSEO

ここまで述べたように、ウェブサイトをGoogleの検索結果で上位表示させるためには、ブラックハットSEOとホワイトハットSEOという2つの手法があります。上手く行えば、どちらもGoogleの検索結果で上位表示されることにつながります。

ただ、あなたが真っ当な方法を使ってインターネットビジネスで稼ぎたいのであれば、ブラックハットSEOではなく、ホワイトハットSEOに取り組むべきです。すでに述べたように、ブラックハットSEOはスパム行為を活用した裏技であり、Googleの方針に反した方法だといえます。

そのため、GoogleにブラックハットSEOを実施しているのが見つかると、ウェブサイトの評価は一気に悪くなります。その結果、検索結果に表示されなくなり、アクセスと売上が激減するのです。

しかも、年々GoogleのブラックハットSEOに対する取り締まりは厳しくなっています。以前と比較して、ブラックハットSEOを行っているサイトの評価は下がってきているのです。つまり、ブラックハットSEOは、アクセスと売上が激減するリスクが高いだけでなく、そもそも評価されにくくなっているのです

こうしたことから、インターネットビジネスで真っ当かつ持続的に稼ぎたいのであれば、ホワイトハットSEOに取り組みましょう。

Googleから影響を受けやすいサイトの特徴

インターネットビジネスを行っている人の中には「Googleのアルゴリズム更新によって検索結果が落ちる可能性がある」ということを心配している人が多く存在します。アルゴリズムとは、Googleがウェブサイトを評価する基準です。つまり、アルゴリズムが更新されるということは、ウェブサイトの評価基準が変わるということになります。

例えば、「ペンギンアップデート」「パンダアップデート」と呼ばれるのは、Googleが過去に実施した大幅なアルゴリズムの変更です。こうしたアルゴリズムの更新によって、検索結果が大きく変わったサイトがたくさんあるのです。

このように、Googleのアルゴリズムの更新によって、検索結果の順位が大きく変動するケースがあります。

ホワイトハットSEOであれば順位は変動しない

ここまで述べたように、Googleのアルゴリズムが更新されると、検索結果の順位が大きく変わる可能性があります。ただ、基本的にはホワイトハットSEOだけを実施していれば、アルゴリズムの変更によって検索結果が変動することは少ないです。アルゴリズムの更新は、Googleの方針に反しているブラックハットSEOを行っているウェブサイトを排除するために実施されるためです

自演リンクなどのブラックハットSEOを実施しているサイトには、ユーザーの役に立たない質が低いサイトが多く存在します。

例えば、商品を紹介しているだけのコンテンツ(1ページのみのサイト)しか提供していないサイトであったり、たくさんのコンテンツがあっても、内容が薄い記事ばかりであったりするサイトなどです。ブラックハットSEOを実施すると、こうしたユーザーの役に立たないサイトであっても、検索結果の上位に表示されます。

Googleはユーザーの利便性を優先しているため、こうした低品質なウェブサイトが検索結果の上位に表示されることを嫌います。

そうしたことを避けるために、定期的にアルゴリズムを更新することでブラックハットSEOを行っているサイトを取り締まっているのです。

このようにGoogleのアルゴリズムの更新は、基本的にブラックハットSEOを実施しているサイトの排除が目的です。そのため、ホワイトハットSEOを行っているサイトであれば、Googleのアルゴリズムが変動されても検索結果は変わりにくいのです。

ちなみに、私はいくつものサイトを運営していますが、ブラックハットSEOは一度も行ったことがなく、すべて記事の質を高めることを意識したホワイトハットSEOを実施しています。そのため、これまで検索数が落ちたことは一度もありません。

ホワイトハットでアルゴリズムの影響を受けるケース

ここまで述べたように、ブラックハットSEOではなくホワイトハットSEOを実施していれば、Googleのアルゴリズムが更新されても検索結果に影響を受けにくいです。ただ、被リンクなどを全く利用せずに、ホワイトハットSEOのみで作ったサイトの中にも、Googleのアルゴリズムの更新に伴って検索結果の順位が下がったサイトがあります。

そうしたブラックハットSEOを行っていないにも関わらず、Googleのアルゴリズム変更によって検索結果の順位が落ちたサイトのほとんどには、いくつかの共通点があるのです。

外注のライターに依頼している

基本的に、Googleのアルゴリズム更新で評価が下がるサイトは、コンテンツ(記事)の質が低いです。たとえブラックハットSEOを行っていなくても、コンテンツの質が悪いサイトは、Googleのアルゴリズムが変わったときに検索結果の順位が落ちやすい傾向にあります。

ウェブサイトを運営している人の中には、コンテンツ作成を「外注(アウトソージング)」している人が多いです。

例えば、「ランサーズ」「クラウドワークス」といったサービスは、外注するライターを見つけるために有効なサービスです。ランサーズやクラウドワークスを活用し、作成して欲しいコンテンツや1文字当たりの報酬額などの条件を提示することで、条件を満たしたライターに仕事を依頼できるようになります。

インターネットビジネスを行っている人には、こうした外注のサービスを活用している人が多く存在します。外注を利用することで、効率的にコンテンツを作成できるためです。

ただ、ランサーズやクラウドワークスでコンテンツを作成してもらうと、高確率で低品質な記事が納品されます

実際に私はランサーズを利用したことがありますが、ライターに外注して作成してもらった記事は、私が求めている質を遥かに下回っていました。このとき、私はランサーズの中でも、人気が高いライター(高評価を受けているライター)にお願いしました。ただ、それでもコンテンツの質は低かったのです。

質が高い記事であるほど、実体験が含まれていたり、写真があったりして読者を惹きつける内容になります。ただ、こうした外注では取材や調査をせずにネットからの情報を寄せ集めた記事になるため、どうしても質が下がります。

このように、外注のライターに依頼して作った質が低いコンテンツを掲載しているサイトは、ブラックハットSEOを行っていなくてもGoogleのアルゴリズム更新によって検索結果の順位が下がる可能性があります。

タイトルやデザインは関係ない

なお、Googleのアルゴリズム更新で影響を受ける要因としてウェブサイトやブログの「タイトル」「デザイン」を挙げる人もいます。タイトルやデザインが悪いために、アルゴリズムの更新によってサイトの評価が下がったということです。

しかし実際には、ウェブサイトのタイトルやデザインは、ほとんどGoogleのアルゴリズム更新の影響は受けにくいです。

私が運営しているウェブサイトの中にも、これまで大幅にタイトルやデザインを変更したサイトがいくつかあります。ただ、Googleのアルゴリズム更新によって検索結果の順位が大きく変動したサイトはありません。

記事の質が高ければタイトルやデザインを変えても、基本的にはGoogleのアルゴリズムによって影響を受けることはないといえます。

外注を利用する場合

ここまで述べたように、外注(アウトソージング)を利用してコンテンツを作成しているサイトは、Googleのアルゴリズム更新によって影響を受けやすいです。

ただ、これは「外注を活用するとダメ」という意味ではありません。外注であっても使い方次第では問題ありません。実際に私は、複数のウェブサイトをほとんど外注のライターに依頼した記事で作っていますが、Googleのアルゴリズム更新によって検索順位は変わっていません。

私が依頼しているライターは、一から私自身が教育しています。具体的には、毎回ライターが作成した記事を添削して指導するのです。

例えば、初めて記事を書いたライターの場合は、以下のように修正で真っ赤な状態になります。

こうした添削を繰り返し行うことで、ライターが書くコンテンツの質が高くなっていくのです。

また、私がライターに記事を依頼するときは、お願いするコンテンツの分野に関する本を10冊以上送ります。そして、本を読んで勉強した上で、コンテンツを作成してもらうのです。

多くの人は外注を依頼するとき、参考資料なしに外注します。その結果、ネットからの寄せ集め記事になってしまうのです。こうしたことを避けるため、記事の依頼主から外注ライターへ書籍を送るのは必須です。

ライターを活用するときには徹底的に添削をするだけでなく、参考書を提供することで、質の高い記事を納品してもらえるようになります。

コンテンツ(記事)の質とは

ここまで述べたように、Googleのアルゴリズム更新によって影響を受けないサイトを作るためには、質の高いコンテンツを作ることが大切です。

これは、あなた自身が記事を作成する場合でも、外注に依頼する場合でも同様です。

それでは、質が高い記事とは具体的にどのようなコンテンツのことを指すのでしょうか。ここからは、コンテンツの質について解説します。

ユーザーニーズ(ユーザーが知りたい情報)を網羅する

コンテンツの質を決める要因の一つに「情報の網羅性」が挙げられます。つまり「ユーザーが知りたい情報を一つのコンテンツで網羅しているか?」ということです。

ユーザーは、情報が知りたくて検索しています。そのため、ユーザーが求めている情報をしっかり提供しているかどうかは、コンテンツの質を判断する大きな要因となります。

例えば、ダイエットに関するウェブサイトを作成していたとします。その中で「効果的に痩せるための運動法」というテーマでコンテンツを書くときに、「痩せるためには無酸素運動より有酸素運動が効果的である」という結論に至ったと仮定します。そしてコンテンツの内容も、この結論に沿って「無酸素運動と有酸素運動のどちらが有効か?」ということに対して詳しく書いたとします。

この場合、「ダイエットに無酸素運動と有酸素運動のどちらが有効なのか?」ということを知りたい人にとっては、この内容だけでニーズ(検索欲求)を満たしているといえます。

その一方で、「効果的に痩せるための運動方法を知りたい」という意図で検索したユーザーにとっては、必要な情報が網羅されていません。こうしたニーズをもっているユーザーに対しては「無酸素運動と有酸素運動はどちらが効果的か?」ということだけでなく「有酸素運動の中でも、具体的に実施すべき運動」に関する情報も載せなければいけません。

「効果的に痩せるための運動法」という記事であれば、「具体的な運動法まで含めて、読者が知りたいであろう情報」を1記事の中ですべて提供する必要があります。

このように「一つのコンテンツでユーザーニーズを網羅しているか?」という観点は、コンテンツの質を決める大きな要因となります。

網羅するだけでなく、意見や一次情報も載せる

ここまで述べたように、コンテンツの質を高めるためには、ユーザーニーズを網羅していることが重要です。ただ、どれだけユーザーが求めている情報を網羅していても、事実だけを述べたコンテンツでは質が高いとはいえません。客観的な事実だけが書かれたコンテンツは、ユーザーにとって退屈な記事であるためです。

例えば、中学や高校などで使われている教科書には、そのときに学ばなければいけない情報が網羅されています。ただ、教科書は読む人(学生、生徒)にとって魅力的なものではありません。

その一方で、問題の解き方に関する裏技的な方法や問題に対する著者独自の解釈を入れると、読む側は面白く読み進めることができます。勉強に必要な情報を得るだけであれば学校で配られた教科書だけで十分であるにも関わらず、参考書などが売れる理由はここにあります。

これについては、ウェブサイトで作成するコンテンツも同様です。

例えば、ダイエットに関するコンテンツを作成するとします。その中で「朝食を摂るのはダイエットに良いのか?」というテーマでコンテンツを作る場合「朝食を摂るのはダイエットに良い」という結論だけ述べてもいけません。それだけだと情報量も不十分ですし、意見や一次情報(体験・経験談)も入っていません。

そうではなく、以下のように結論を述べた後に、理由や例文(体験談)などを掲載すると、ユーザーにとって魅力的なコンテンツとなるのです。

ダイエット中には、朝食を摂ることが重要になります。朝食をしっかり食べることで、昼食時のドカ食いを避けられるためです(理由)。

例えば、私は一時期ダイエットを目的に朝食を抜いていました。ただそのときには、朝食を食べない反動からか、昼食時にいつもの1.5倍以上のカロリーを摂取してしまっていました。さらに、朝食を摂らなかった日の昼食後には、必ず間食をしていたのです(例文、体験談)。

こうした経験からも、ダイエットを実現するためには朝食をしっかりと食べるべきだといえます(意見)。

非常に簡単な事例を提示していますが、このように結論や理由だけでなく一次情報である例文(体験談)を記すことが大切です。

ユーザーニーズを網羅することは必須ですが、意見や一次情報(体験・経験談)がなくテーマを網羅するだけでは「コピペ(コピーアンドペースト)」や「まとめサイト」などと同じになります。

そのようなコンテンツでは、他のサイトに掲載してあるコンテンツと内容が何ら変わらないため、ユーザーにとって有益ではなく、質が高いコンテンツとはいえません。

以上のように質が高いコンテンツを作成するためには、テーマに関して情報を網羅した上で一次情報や意見を加えることが重要です。

検索結果の順位変動は相対的なものである

ここまで述べたように、質が高いコンテンツを作成すれば、基本的にGoogleのアルゴリズム更新によって検索結果の順位が大きく下がることはありません。ただ、どれだけ質が高いコンテンツを大量に作ったウェブサイトであっても、検索結果の順位が下がることはあります。それは、「検索結果の順位は、常に相対的なものである」ためです。

例えば、あなたがダイエットに関するコンテンツを作成していたとします。そのコンテンツにおけるGoogleからの評価が、100点満点中90点だったとします(点数は仮定です)。このとき、同じテーマである他のコンテンツ(他人のサイト)で、90点以上の評価を受けている記事がなければ、あなたのコンテンツが最も上位に表示されます。

ただ、たとえ90点という高評価を受けていても、新たに高品質で95点の評価を受けたコンテンツ(他のサイト)が出現した場合には、あなたのコンテンツの検索結果は下がります

つまり、Googleにおける検索結果の順位は「誰かが上がれば誰かが下がる」というように相対的なものなのです。

そのため、質の高いコンテンツを提供していたけれども、それ以上の高品質のコンテンツが出てきたら順位は下がります。

そして、いくらブラックハットSEOの取り締まりが厳しくなっているとはいえ、ブラックハットSEOによって高評価を受けているウェブサイトは存在しています。つまり、中ぐらいの質のサイトにブラックハットSEOを実施することで上位表示されているサイトもあるのです。

このように、検索結果の順位は、さまざまな要因が影響しています。

ただ、年々ブラックハットSEOの評価は下がっており、コンテンツの質が評価されるようになっているのが現状です。そのため基本的には、ユーザーの検索意図を汲み取って、ユーザーが求めている以上の答えを返すようにコンテンツの質を高める意識をもちましょう。そうしていれば、長期的に検索結果で上位表示されるようになります。

添削の重要性

網羅性を高めたり、一次情報などの有益な情報を載せたりすることで、自然と質が高いコンテンツを作成できます。ただ、どれだけユーザーのことを考えて作成したコンテンツであっても、第三者から添削を受けることが大切です。いくらコンテンツの質を意識して作成しても、100パーセントユーザー目線で書くことはできないためです。

例えば、あなたはユーザーのことを考えて100点のつもりでコンテンツを作成したとしても、ユーザーにとっては20点のコンテンツであることも多く存在します。

最終的にコンテンツの質を評価するのはユーザーです。通常、コンテンツ作成者とユーザーとのコンテンツに対する評価には差が生じます

実際のところ、どれだけ優れたベストセラー作家であったとしても、自分一人だけの力で書いた作品は面白みに欠けます。そこで、第三者目線で意見をいってくれる編集者がいることで、質の高い作品に仕上がるのです。書籍出版では、編集者によって本の質が決まるといわれるのはこのためです。

ここまで厳密にプロの添削者(編集者)にお願いする必要はないものの、ウェブライティングでも同じことがいえます。

コンテンツ作成者とユーザーにおける評価の差を無くすために有効であるのが添削です。第三者にコンテンツを読んでもらって、わかりにくい箇所や誤字脱字を修正してもらうことで、よりユーザーに近い意見を得られるのです。

既に述べたように、私がウェブサイトのコンテンツを外注に依頼するときには、必ず私自身が添削します。

このように、第三者に添削をしてもらうことで、さらに質が高いコンテンツを作れるようになるのです。

今回述べたように、インターネットビジネスで成功するためには、適切なSEO対策を実施してGoogleに評価されることが必須になります。Googleから高評価を受けていれば、アルゴリズムの更新によって検索結果の順位が下がる心配も要りません。

以上に挙げたポイントを意識してコンテンツを作成することで、Googleのアルゴリズム更新に左右されない、稼ぎ続けるウェブサイトを作れるようになります。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認