ウェブサイトを作成する際に、「トップページ」の作り方で悩む人は多いです。トップページには、ウェブサイトの概要を説明したり、サイトをブランディングしたりする役割があります。

そのため、「トップページに何を書くのか?」ということは非常に重要です。

トップページに必要な情報が載っていなくても問題ですし、余計なことが書かれていても良くありません。収益性の高いウェブサイトにするためには、トップページに書くべき内容が決まっています。

そこで今回は「トップページの作り方」について、アフィリエイトサイトを例にして解説します。

トップページ(Top page)の役割

ウェブサイトを運営する上で、トップページは重要です。ユーザーが最初にたどり着くのは個別のコンテンツページ(それぞれの記事)ですが、コンテンツに興味をもったユーザーの多くはトップページにも行き着きます。

ただ、ほとんどのウェブサイトのトップページは書いた記事が時系列に沿って並んでいるだけです。要は、ブログのような構造になっているのです。これは、トップページの役割を理解していないために起こっている現象です。これでは、トップページは何の役目を果たすこともありません。

そうしたことを避けるためにも、ウェブサイトを運営する際にはトップページの役割について理解しておくことが大切です。

トップページの役割は主に「サイトの説明」「ブランディング」「ビックワード、ミドルワードの攻略」という3つになります。以下にそれぞれについて詳しく解説します。

サイトの説明

トップページでは、まず「このサイトはどういうサイトであるのか?」ということを明確に示さなければいけません。サイトの概要を記すことで、ユーザーに対して「ウェブサイトをこれ以上閲覧する価値があるかどうか」ということを判断しやすくなるようにするためです。

例えば、私は薬剤師の転職サイトを運営しています。そのサイトのトップページの冒頭には「当サイトは薬剤師の求人や転職に特化した専門サイト」とサイトの概要を明記しています。

このようにトップページの最初にサイト概要を記すことで、「薬剤師の求人や転職に興味がある人」にとって役立つサイトであることが容易に理解できるようになるのです。また、「誰の役に立つのか?」ということも明記するようにしましょう。同じ転職であっても、薬剤師と看護師ではユーザーが求める情報が異なるためです。

さらに「薬剤師の中でも、どのような人が対象なのか?」ということを明記しておくと良いでしょう。具体的には、私の転職サイトでは以下のように「当サイトは以下のような人を対象としています」という文章を載せて対象者を明確にしています。


また、「サイトの利用方法」についても記しておきましょう。

例えば、私が運営する薬剤師の転職サイトでは、トップページ内に以下のような文章を記しています。

薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

このように、トップページにはウェブサイトの使い方についても記すようにしましょう。

以上のように「どのようなサイトであるのか?」「誰の役に立つのか?」「サイトの利用方法」という3点をトップページで明記すれば、サイトの概要を説明することができます。

ブランディング

トップページには、「ブランディング」という役割があります。ブランディングとは、簡単にいうと多くのユーザーに「○○といえば××のサイト」というように、共通認識してもらうことです。

具体的には、トップページにある「ヘッダー画像」や「ロゴ」がブランディングの役割を担います。ヘッダー画像・ロゴとは、以下のようにページの上部に掲載されている画像になります。

こうしたあなたのウェブサイト独自の画像をトップページに載せることで、ウェブサイトのイメージを作り上げることができます。その結果、多くの人に「○○といえば、××のロゴ画像がある△△サイト」というように、イメージをもってもらえるようになります。

このとき、ありきたりな画像をトップページに載せておくと、インパクトが弱いためブランディングの目的を果たすことができません。

そうではなく、あなた独自のオリジナル画像を掲載しておくと、その画像がウェブサイトの顔(ブランディング)となるのです。

ビックワード、ミドルワードの攻略

インターネットビジネスを実践している人であれば「ビックワード」「ミドルワード」「スモールワード」という言葉を聞いたことがあると思います。これらは、検索ワードにおける検索数の大小を区別した言葉です。

インターネットを使って情報を調べる人は、Googleの検索エンジンに検索ワードを入力して検索します。たくさんの人に検索されるワードがビックワード、あまり検索されないワードがスモールワード、ミドルワードはビックワードとスモールワードの間を指します。

具体的にどれくらいの検索数があればビックワード、ミドルワード、スモールワードと呼ぶかは統一されていません。

例えば、あなたがダイエットに関するウェブサイトを作成していたとします。そうした場合「ダイエット」というキーワードで検索する人が多いのは予測できます。一般的に「ダイエット」というワードは、ビックワードだと認識されています。

実際に、Googleが提供している「キーワードプランナー」というサービスを使って、1ヶ月に何人の人が「ダイエット」というキーワードで検索しているのかを調べると、以下のように10~100万人の人がダイエットという検索ワードで検索していることがわかります。

このことから、ダイエットという検索ワードで検索結果の上位に表示されれば、大量のアクセス数が集まる可能性が高いといえます。

それに対して「ダイエット 運動」のように、2語組み合わせたキーワードで検索する人の数は、1~10万人とこれでも多いですが、「ダイエット」という単一キーワードの1/10以下の検索数しかありません。

ミドルワードでも、月に1~10万人の人が検索する単語であるため、上位表示されればかなりのアクセス数が期待できます。ここでは、仮に「ダイエット」をビックワード、「ダイエット 運動」をミドルワードとします。

ただ、こうしたビックワードとミドルワードで上位表示されるのは、非常に難しいのが現状です。特に、個別コンテンツをビックワードやミドルワードで検索結果の上位に表示させるのは不可能だといって過言ではありません。しかし、これがトップページであれば可能なのです。

例えば、ダイエットというビックワードに対して、ミドルワードとしては「ダイエット 運動」以外にも「ダイエット 食事」「ダイエット 糖質」といったキーワードが挙げられます。

こうしたビックキーワードに関連した、ミドルワードに当たる言葉をカテゴリーページとして作成することで、トップページがダイエットというビックキーワードで上位表示されやすくなるのです。

狙ったビックキーワードと関連した情報(ミドルワード)をカテゴリーページに掲載することで、Googleによって「このウェブサイトはダイエットの情報を網羅しているサイトである」と認識された結果、トップページがビックワードで上位表示されるようになるのです。

これは、ミドルワードでも同じです。もし「ダイエット 食事」というミドルワードでトップページを上位表示させたいのであれば、さらに検索数が少ないスモールワードでカテゴリーページを作成します。

例えば、「ダイエット 食事」というキーワードでは、以下のように月間で1~10万の検索数があります。

それに対して「ダイエット 食事 回数」であれば、月間で100~1000の検索数しかないのです。

そのため、こうした場合には「ダイエット 食事」というミドルワードで上位表示させるために、コンテンツページ(個別の記事)として「ダイエット 食事 回数」などの情報を掲載していくのです。

このように、トップページにはビックワードやミドルワードで上位表示させる役割があります。

アフィリエイトサイトのトップページに書くべき内容

トップページの構成は、それぞれのウェブサイトによって異なります。ただ、基本的にはトップページに記載すべき内容は決まっています。ここでは、「アフィリエイトサイト」のトップページに書くべき内容について、実例を交えながら紹介します。

アフィリエイトのトップページに書くべき5項目

アフィリエイトとは、「成果報酬型広告」のことをいいます。簡単に説明すると、以下のようになります。

例えば、あなたのウェブサイトに企業が販売している商品の広告を掲載するとします。そして、あなたのウェブサイトを経由して商品が売れると、あなたに企業から成果報酬が支払われることになるのです。

またアフィリエイトでは、「ASP:アフィリエイト・サービス・プロバイダー」という仲介会社が存在します。広告を掲載してもらいたい企業(広告主)を束ねて、ウェブサイト運営者に紹介するのがASPです。

こうしたアフィリエイトサイトを作成する際には、トップページに「サイトの説明」「紹介する商品のランキング」「各コンテンツの目次」「運営者の方針」「人気の記事」の5つを掲載します。

サイトの説明

既に述べたように、トップページにはサイトの説明をする役割があります。そのため、トップページにはサイトの説明をした文章を載せることが必須です。

具体的には、先に述べたように「どのようなサイトであるのか?」「誰の役に立つのか?」「サイトの利用方法」という3つを明記しましょう。これら3点をトップページ内で明確に記すことで、ユーザーにサイトの概要を伝えることができます。

紹介する商品のランキング

トップページには、アフィリエイトとして紹介している商品のランキングを掲載しましょう。例えば私が運営する薬剤師の転職サイトであれば、以下のようにトップページにランキングを掲載しています。

上記の画像では3位までしか載せていませんが、実際には1~5位までをランキング化しています。

トップページに商品のランキングを掲載するのは、個別コンテンツページ(記事)からトップページを訪れたユーザーの契約を促すためです。

通常ユーザーは、検索エンジンを使ってあなたの個別のコンテンツページを最初に訪れます。個別のコンテンツを読んだユーザーの中には「どのようなサイトなのだろうか?」「このコンテンツを作成している運営者はどのような人だろうか?」と考えて、個別コンテンツページからトップページへ移る人が多くいます。

そのため、トップページにおススメ商品をランキング化しておくことで、そうしたユーザーの登録を促すことになるのです。

トップページのランキングは、簡単な商品の説明を添えて掲載しましょう。トップページはあくまで簡単な紹介でしかないため、あまりに細かい説明を載せるのは避けてください。掲載する商品の詳細は、別ページ(商品説明用のページ)を用意してその中で説明してください。

各コンテンツの目次

トップページには、ウェブサイトにあるコンテンツの目次を掲載します。具体的には「カテゴリーページ」へのリンクを載せます。

通常、ウェブサイトは以下のように「トップページ」「カテゴリーページ」「個別コンテンツページ」の3層構造にします。

カテゴリーページとは、以下のように個別コンテンツページをグループ化したページです。カテゴリーページには個別コンテンツページリンクを貼って、クリックすることで個別コンテンツページへ移動できます。

こうしたカテゴリーページへのリンクをトップページに貼ります。ユーザーがトップページからカテゴリーページ、個別コンテンツページへスムーズに移動できるようにするのです。

具体的には、トップページに掲載しているランキングの前(上)か後(下)に載せます。私の薬剤師転職サイトでは、商品ランキングの下部へ以下のようにカテゴリーページへのリンク(目次)を載せています。

このように、トップページにはカテゴリーページへのリンクを貼った目次を作成しましょう。そうすることで、ユーザーがウェブサイト内で迷わずに必要な情報を探せるようになります。

運営者の方針

運営者の方針とは、「どういう考えでこのサイトを運営しているのか?」ということを示すものです。トップページに運営者の考えを明記しておくことが、ユーザーからの信頼性を得ることにつながります。

既に述べたように、個別コンテンツページにたどり着いたユーザーの中には「どのようなウェブサイトであるのか?」「どのような人物が運営しているのか?」ということが気になって、トップページに移動する人が多いです。そこで、運営者の方針が明記されていれば、ユーザーは「なるほど、運営者はこのような考えでウェブサイトを運営しているのか」と感じて、サイトに対する信頼性が高まるようになります。

例えば私が運営する薬剤師転職サイトであれば「転職を検討している薬剤師の方へ」という見出しで以下の文章を記しています。

ネット上で転職情報を探していれば、いつも疑問に思うことがあります。それは、なぜか「良いことしか書かれていない」ということです

例えば、あたかも年収アップなど「転職=成功でバラ色」のように書かれています。ただ、実際はどうかというと、転職で年収アップは昔の話です。現在では地方僻地でない限り難しいです。

本当に必要なのは、そのような聞こえの良い情報ではありません。良い点や悪い点を含め、正しい情報だけを取り入れることが、転職に失敗しないための唯一の方法です。

また、薬剤師の転職市場には「怪しい求人会社」がたくさん存在します。例えば、「スピード転職」をうたい、あなたのことをよく調べもせずに転職させようとする会社があります。

そこで、このサイトでは本当の求人情報だけを伝えていきます。ぜひともあなたの転職のために活用して頂ければと思います。

この薬剤師の転職サイトでは「ネット上の転職情報では良いことしか書かれていない」「良い点や悪い点を含めて、正しい情報だけ取り入れることが、転職に失敗しないための唯一の方法」「このサイトでは本当の求人情報だけを伝える」という運営者の方針を明記しています。

このように、トップページに運営者の方針を記すことは、ユーザーの信頼を高めることにつながります。

人気の記事

トップページには「人気の記事」として、読むとユーザーが商品を購入・登録してくれる可能性が高い記事を載せましょう

私が運営する薬剤師の転職サイトでは「管理人の転職体験記」「紹介会社の活用法」「お勧めの転職サイト」という3つのコンテンツをセットで3箇所に記しています。これら3つのコンテンツを順番に読んでもらうことで、ユーザーが転職サイトへ登録する可能性が高くなるのです。

具体的には、メインメニュー部分とサイドメニュー、トップページの下部分の3箇所に掲載しています。

メインメニュー(グローバルメニュー)には、以下のような順番で記しています。

またサイドメニューには、以下のように「人気記事」としてクリックされやすいように設置しています。

さらに、トップページの下部分では人気記事として「管理人による転職体験記」「転職サイトを有効活用するには」「派遣薬剤師で転職し、短期で働くポイント」として3記事を掲載しています。

私の場合は「派遣薬剤師で転職し、短期で働くポイント」というコンテンツを掲載していますが、実際にはメインメニューやサイドメニューと同じように「おススメの転職サイト」を載せても問題ありません。とにかく、ユーザーが読めば成約につながるようなコンテンツへ誘導するように目立たせましょう。

刈り取りページへの誘導

トップページには、「刈り取りページ(商品紹介ページ)」へ誘導する文章やバナーを用意することが大切です。刈り取りページとは、ユーザーの成約を促すページを指します。

例えば、私が運営する薬剤師の転職サイトでの刈り取りページ(薬剤師転職サイトのオススメ比較ランキング)では、以下のように商品をランキング化した上で、それぞれの商品について詳細な情報を記しています。

上記のような情報をランキングの1~5位まで記します。こうすることで、刈り取りページ(商品紹介ページ)を訪れたユーザーが成約しやすいようになるのです。

トップページには、こうした刈り取りページへのリンクを貼り付けます。具体的には、以下のように「薬剤師転職で失敗しないために必要な理想の求人・転職先の探し方とは!」という画像を含めた刈り取りページへ誘導する文章と、刈り取りページへのリンクを載せます。

こうした刈り取りページへのリンクをトップページの最下部に設置することで、トップページを訪れたユーザーを自然に刈り取りページへと誘導できます。

今回述べたように、トップページはウェブサイトを運営していく上で非常に重要な役割を担っています。トップページに書かれてある内容がおかしいと、どれだけ良い個別コンテンツ(記事)を作成しても、収益が上がりにくいサイトとなります。

そうしたことを避けるためにも、以上に記した最低限の内容やポイントを押さえてトップページを作成しましょう。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認