ネットビジネスを開始するうえで、自分が保有する情報をまとめ情報商材として作成し、販売したいと考える人はたくさんいます。そうした情報商材の販売を考えるとき、そもそも稼ぐことはできるのでしょうか。

また、そもそもPDFや動画コンテンツとして情報商材を作成するにしても、具体的な作り方はどうすればいいのでしょうか。また作っただけでは意味がなく、実際に販売しなければいけません。ただ、売り方について理解している人は少ないです。

当然ですが、何も考えずに情報商材を作成しても売れることはありません。戦略的に考えて優れた製品を作成し、売る必要があります。

そこで、ネットビジネスとして情報商材の作成を行い、販売するときの具体的な方法について、稼ぎ方を含めて解説していきます。

情報商材は売れにくく、儲からないことは理解する

大前提として、ネットビジネスで情報商材の作成を検討する場合、「あらゆる商品・サービスの中でも、情報商材は圧倒的に稼ぎにくい」ことは理解しましょう。

儲け方をいくら検索したとしても、情報商材で稼げるようになる方法は確実に存在しません。むしろ、情報商材を作ったものの、ほとんど儲からないケースのほうが大多数です。理由は単純であり、役に立たない単なる情報でしかないからです。

いまの時代、ネット検索すれば情報はいくらでも手に入ります。例えば当サイトであれば、Web集客やネットビジネスの手法について完全無料にて、全公開で私のノウハウを提供しています。ブログやサイト関係のネットビジネスノウハウはほとんどが当サイトに存在し、さらには無料で見れます。

もちろん、当サイトに限らずいろんな有益情報がネット上に存在します。

また知識を体系的に学ぶことを考えたとき、本を読めば問題ありません。しかも、本は編集者の目が入っており、内容が精査されています。それでいて、高くても1,500円(税別)ほどの値段です。参考までに私も商業出版していますが、この本の値段はわずか1,400円(税別)です。

このように無料であったり、非常に安い金額で手に入ったりするのが情報です。そうした状況にも関わらず、情報商材では一般的に3,000~5,000円などの値段で売ることになります。高い情報商材だと、1万円以上となります。

これらの情報商材は編集者の目が入っておらず、素人が作成したものになります。そのため情報の内容が値段に見合っているのか不明です。さらに、無料で手に入る情報に対して高額なお金を支払う人は少数です。

一方、通常のビジネスだとお金を支払うのが普通です。例えば、マッサージを受けるには、そのための対価を払わなければいけません。婚活サービスを利用するには出費を伴いますが、お金を払うからこそ異性とのマッチングが可能になります。

無料で入手可能な情報とは異なり、お金を出さなければサービスを受けられません。これが、情報商材と一般的なビジネスの大きな違いになります。

PDFや動画商材が売れている人がいるのも事実

ただ、もちろん中にはPDFや動画商材が大きく売れている人がいるのも事実です。非常に数は少ないですが、そうした人は確かにいます。

例えば、以下の人は物販に関する情報発信をしており、この人は1万9,800円の情報商材を2日間で200部以上売りました。

しかし、彼は情報商材を普段はまったく販売しておらず、非常に稀な販売になります。また、それまでブログやSNSなどで有益な情報を発信しており、多くのファンが付いていました。その結果、これだけの情報商材販売が可能になったというわけです。

もちろん、情報商材の販売を連発することはできません。情報商材を連発すると、単なる情報商材屋としてファンに見放されてしまいます。そのため、情報商材を売るとはいっても単発での瞬間最大風速を作りたいときだけに行うと考えましょう。情報商材で継続的な収入を得るのは非常に厳しいのです。

PDFの情報商材作成で必要な「ノウハウの棚卸」

それでは、PDFなどの情報商材を作成するとして、具体的な作り方としてはどのようになるのでしょうか。このときのやり方としては、最初にノウハウの棚卸をするようにしましょう。

まず、あなたはどの種類の情報商材を作成したいのでしょうか。情報商材とはいっても、非常に多くの種類が存在します。例えば、以下のような感じです。

  • ネットビジネスで収益を得る方法
  • ゴルフを上達させる方法
  • 恋愛でうまくいく方法

さらに、これらであっても内容がかなりザックリしているため、その中からさらにどのような情報商材を作成するのか、細分化を考えなければいけません。

例えば、インターネットビジネスで収益を得る方法としては、以下のようにさまざまなジャンルがあります。

  • サイトアフィリエイトで稼ぐやり方
  • YouTubeでの発信方法
  • Twitterでフォロワーを増やす方法
  • リストマーケティングの手法
  • 輸入転売の方法

これらはすべてやり方が違っています。そのため、どのような手法の情報を公開するのかについて、あなたのスキルを棚卸することから考えなければいけません。

他の人と何が違うのか差別化する

また、このとき重要なのは「他の人と明確に何が違うのか」という部分です。実際のところ、ノウハウというのは世の中に既に無数に存在します。しかも前述の通り、ほとんどの情報は無料または格安にて手にすることができます。

そうした現状にも関わらず、「なぜ高額なあなたの情報商材を購入しなければいけないのか」について明確に提示しなければいけません。

例えば物販に関する情報商材を売るにしても、「中国輸入の方法」「米国Amazonへの輸出方法」などで情報商材を作成してもほぼ100%の確率で売れません。目新しさがまったくなく、ネット検索すればいくらでも具体的なやり方を無料で手にできます。

そこで、斬新な内容であることを見せなければいけません。例えば、先ほど「1万9,800円の情報商材が200部以上売れた」という例を記しました。なぜ、彼の情報商材がこれだけ販売されたからというと、非常に見せ方が斬新だったからです。

彼は単に物販で転売をしていたわけではなく、OEM(独自商品の開発)をすることで商品を売っていました。私についても物販でOEMのビジネスをしていますが、このときは以下のように実際に商品作成のために打ち合わせをする必要があります。

ただ、ネットビジネスでの物販において自社商品を作成している人はほぼいません。そのため情報は圧倒的に少なく、ネット上を探してもやり方が存在せず、書籍についても当時はほぼ存在しませんでした。

こうした理由から、「自社商品開発(OEM)によって物販を成功させる方法」というそれまでになかった見せ方について、彼独自の実体験を含めた情報商材を作成したことで、彼のファンから情報商材が売れるようになったというわけです。

情報商材がどれだけ売れるのかというのは、要は見せ方になります。他のライバルと比較したとき、既に存在する内容を情報商材化しても売れません。そうではなく、差別化を図ることで「斬新な内容である」と示さなければいけません。

動画を加えるのは情報商材の基本

またこのとき、テキスト文書としてPDFだけで完結させるのはやめましょう。情報商材に動画を加えるのは、優れた価値の情報商材を作り上げる基本となります。以下のように、動画にて説明するのです。

また顔出しが無理な場合、パワーポイントなどで説明している様子をキャプチャー動画として撮影しても問題ありません。そうしたソフトが存在するため、いずれにしても動画を活用することを考えましょう。YouTubeなどへ動画投稿し、限定公開(URLを知っている人だけ見れる設定)にすればいいです。

こうした動画を使うのは、理由が2つあります。一つは、PDFのテキスト作成より動画作成のほうが圧倒的に楽だからです。テキスト文章であれば何十ページにも及ぶ内容であっても、動画として話せば5分で終わることはよくあります。つまり、情報商材の作成にかける時間を大幅に削減できます。

また、テキストだけよりも動画コンテンツのほうが購入者としては分かりやすいというメリットもあります。

教科書(テキスト)だけを読んでも理解しにくいですが、重要なポイントを動画で講義してくれれば理解が進みます。そのため、購入者の満足度という意味でもPDFだけでなく、動画教材を加えることを考えましょう。

自分の媒体での販売方法を理解する

こうして情報商材を作成した後、実際に販売しなければいけません。このとき、ブログやSNSなど自分の宣伝媒体がないのは論外だと考えるようにしましょう。

情報商材で儲けたいと考えているのであれば、最初に自分の媒体を育てなければいけません。ブログやTwitter、メルマガ、YouTubeなど情報商材を作って売れる人は、全員が自分の媒体を保有しています。これらの媒体なしに、あなたの情報商材が売れることは100%の確率であり得ません。

情報商材は日々、多くの人が作成しています。そのため、情報商材を販売するためのプラットフォームを利用したとしても、誰の目にも止まることはありません。

そのため情報商材で儲けたい場合、ブログやTwitterなどで情報発信を行い、ある程度の規模の媒体にまで育て上げる必要があります。もちろん情報を無料で公開し、出し惜しみなく情報を届けることでファンを増やしていくようにしましょう。これを実践しなければ、情報商材で稼げることはありません。

noteをプラットフォームで活用するのが一般的

それでは、ある程度まで自分の媒体が育ってきたとして、どのようにして情報商材を販売すればいいのでしょうか。このときの売り方としては、一般的にはnoteを活用します。以下のような情報商材販売のプラットフォームがnoteです。

見た目はオシャレであり、パッと見た感じでは情報商材という雰囲気ではありません。

このとき、「noteなどを利用せず、自分のブログ上でPDFや動画教材として販売すればいいのでは?」と考える人が多いです。noteを介して販売する場合、noteへ仲介手数料を支払わなければいけません。一方でnoteを利用しなければ、販売したお金は手数料なしに全額があなたのものになります。

ただそれでも、非常に多くの人が情報商材をnote経由で販売するのは、そうしたほうが結果としてたくさん売れることを理解しているからです。

自分で情報商材を作成し、LP(ランディングページ)などで売るとなると、どうしても煽るようになってしまい、結果としてお客さんは逃げていきやすくなります。

一方でnoteの場合、その他の無料noteなども非常に多く、プラットフォームとしての信頼性が既に確立されています。またプラットフォームの見た目についても情報商材っぽくないため、結果としてたくさん売れるようになるのです。

確かに仲介手数料は取られるものの、たくさん売れたほうが販売者として儲かるようになります。これが、多くの人でnoteを情報商材の販売プラットフォームとして利用する理由です。

稼ぐ系の情報商材はnoteでなくインフォトップ

ただ、noteはどのような情報商材でも販売できるわけではありません。「スポーツの上達法」「恋愛がうまくいく方法」などであれば問題ないですが、稼ぐ系の情報商材ビジネスは販売できないようになっています。

もちろん、先ほど示した「転売ビジネスで稼ぐ方法」など真っ当な内容であれば問題ありません。ただ、情報商材アフィリエイトなどでよくある「自分の稼いだ実績を誇示して、読者を煽ることで稼ぐ系の情報商材を販売するやり方」を売るのはnoteでは禁止であり、販売しようとしても運営者側の判断で販売停止となります。

それでは、これら稼ぐ系のノウハウを売れないとなると、こうした「情報商材アフィリエイトに関するやり方」を販売したい人はどうすればいいのでしょうか。これについては、インフォトップというプラットフォームを活用しましょう。以下がインフォトップになります。

インフォトップには非常に怪しい詐欺商材であっても存在するわけですが、インフォトップであれば稼ぐ系の典型的な情報商材であっても販売できるようになっています。

あなたの媒体だけで販売しても広がりがありません。ただインフォトップであれば、アフィリエイトの機能があります。そこで、「あなたの情報商材を代わりに販売してもらうことで、50%の報酬を渡す」などを提示することで、多くのアフィリエイターにあなたの商材の販売を手伝ってもらうのが、稼ぐための鉄則になります。

儲け方・作り方を理解して情報商材を販売する

あらゆるネットビジネスの中でも、情報商材ビジネスは最も販売が難しい部類の一つになります。そのため、基本的にはおすすめできません。情報を無料や格安で手にできる時代なのに、高いお金を出してまで購入する意味がないからです。作ってもほとんど売れないのが情報商材です。

ただ、中にはそれでも情報商材を作成することで販売し、稼ぎたい人もいるでしょう。そうしたとき、あなた独自のスキルを洗い出したうえで、他の人と明確な差別化を行い、「既に世の中で流通している情報では絶対に手にできないノウハウは何か」を考え抜くようにしましょう。

その後、あなた独自の媒体を活用して販売することになります。このときはブログやTwitter、メルマガ、YouTubeなど保有する媒体すべてを利用するといいです。逆にいうと、これらあなたの媒体がないと100%売れません。

また販売するときはnoteを利用するのが一般的です。あくまでも情報商材っぽく見せずに売り、稼ぐようにするのが情報商材を作って販売するときのポイントになります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

一対一のWebオンラインセミナー

YouTube講座でWebサイト運営の極意を伝授

書籍出版の案内

Twitterでビジネス情報を確認