副業でも何でも良いですが、これからビジネスを行う場合はある特定の分野に特化する必要があります。これをしなければ、一体何がしたいのか分からなくなります。

例えば、私は「誰からも感謝されるポータルサイトビジネス」という観点でビジネス系サイトを運営しています。人気サイトを構築することによって、毎日感謝メールが届きながら稼ぐことのできる社会的意義の高いビジネスです。

それでは、ここにネットビジネスに関連して「せどり」や「オークション」の話を始めたらどうでしょうか。「この人は一体何をしたいのか」と思うはずです。話の内容がぶれてしまいます。

確かにYouTubeを使った動画マーケティングやメルマガの活用なども述べていますが、これらは全てサイト運営によって売上を伸ばすことに直結します。全てが関連しあっているために問題ありません。

しかし、同じネットビジネスでも「せどり」の事を言い始めると多くの人が混乱してしまいます。実際、私はせどりの方法を良く知りませんし行いたいとも思いません。

それよりも、「ポータルサイト運営」として人気サイトの構築で稼ぐ方法に特化させています。これを踏まえた上で、ビジネスの本質を述べています。

ビジネスでは自分が行わない分野を選ぶ必要がある

このように、ある特定の分野に絞ることで専門家として見てもらうことができます。そして、ある分野に特化するということは「他の分野を行わない」という事を選ぶ作業にも繋がります。

つまり、自分が絶対にしない分野を選ばなければいけません。

私はせどりやオークション、輸入転売などを行ってはいません。今後も私がこれらのビジネスを行う予定はありません。動画やソーシャルメディアなど、サイト運営と関連性のある分野には手を出しますが、それ以外は行わないようにしています。

まずは自分が絶対に手を出さない分野を決めて、特定の分野で尖らせる必要があります。ある一つの分野を完璧に極めると、その人は何でも凄いように思えてしまいます。

プールの水を一瞬で満タンに見せる方法

大きなプールの水を満杯にしようとすると、いくら時間があっても足りません。これではどれだけ努力しても報われません。しかし、方法によってはあたかも満タンになっているかのように見せる方法があります。

それは、プールの幅を仕切って極端に狭くさせる方法です。幅が少ないので、すぐに水が満タンになります。これを横から見せれば良いのです。

プールの水を一瞬で満杯にする方法

これは私も同じです。小手先のテクニックを使用せずにアクセスを集める方法など、サイト運営に関わる技術は満タンになっていますが、せどりやオークションの方法はよく分かっていません。しかし、他の人から見ればネットに関することなら何でも知っているように見られます。

このように、ある狭い特定の分野だけでも特化していれば何だかすごい人のように勝手に思ってくれます。ビジネスを行う上ではこれが一番重要です。

リアルビジネスでも同じです。リアル店舗でビジネスを行うにしても分野を絞る必要があります。全員を対象としている店ほど流行らないものはありません。

ビジネスでは嫌われないといけない

ある特定の分野に絞るということは、何度も言う通り他の分野を捨てることにも繋がります。つまり、自分が対象としない人に対しては嫌われる覚悟がないといけません。

私が運営する薬学系サイトのメルマガでは専門家を相手にしていません。ただ実際には薬剤師が多いので何ともいえないですが、それでも対象は初心者に絞っています。

この場合であれば、専門家に多少嫌われても問題ありません。難しい質問に対しては絶対に答えません。

また、ビジネス系サイトにしても「ペラページの量産や企業や雑誌に載せてあるキーワードを切り取ったサイト運営は意味がない」と切り捨てています。

実際にこのような事を行っている人にとって見れば「おいおいっ」と思うでしょうが、まともなビジネスを行いたい人であればむしろ私の言葉の方に反応します。ペラページの量産のような無意味な事を行なっている人から嫌われても問題ありません。

このように、ある程度は他の人から嫌われないといけません。

ただ嫌われるとは言っても個人攻撃をする訳ではないので注意してください。個人を批判するのではなく、「こういう事を行っている人はダメ」という仮想敵を作るのです。自分が行わない分野に対しては嫌われても良いので問題ありません。

このように、まずは分野を絞る必要があります。つまり、自分が行わない分野を選びます。これによって専門家として見てもらうようになり、さらにこれがブランディングへと繋がります。まずは一つの分野に特化することを考えて、ビジネスを始めてください。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認