あなたのビジネスを加速させようと考えたとき、インターネット上での動画配信は有効な手段の一つです。映像を上手に用いることで、お客様に対してあなたのサービスをダイレクトに伝えることができます。

ただ、何も考えずに動画を作成してはいけません。戦略に基づいて行わなければ、ゴミ動画を増やすことに繋がってしまうからです。動画活用によって売上を増やすには、適切な思考に基づいて行わなければいけません。

広告動画とウェブマーケティング動画は異なる

何か情報を伝えようとするとき、多くの人は頑張って自社の商品説明を行おうとします。ただ、このような紹介はまったく見向きもされません。単なる広告と同じだからです。

あなたがテレビを見ているときを考えてください。テレビでCMになった瞬間、どのような行動を取るでしょうか。トイレのために立ち上がったり、他の番組に変えたりすることはよくあるはずです。これは、多くの人にとってコマーシャルはどうでもいい存在であり、できれば見たくないと考えているからです。

そのため、インターネット上で動画をアップするとき、単に宣伝を行うための映像を作成してはいけません。宣伝動画は見る人を飽きさせるだけであり、嫌悪感しか与えません。こうしたウェブ動画では、売上を増やすことにはなりません。

それよりも、視聴者が「面白い」「役に立った」と思わせるような動画でなければいけません。そのような動画であれば、視聴者は興味をもって見てくれます。

いわゆる面白動画であれば、ソーシャルメディアで口コミが起こります。一気に何万もの視聴回数になるなど、口コミによって大きな広がりを見せることがあります。

また、たとえ面白動画ではなかったとしても、新たな気付きを与えられる動画は価値があります。例えば、当サイト(ビジネス思考への転換)では以下のような動画を各部分へ埋め込んでいます。

当サイトはビジネスについて述べている媒体であるため、当然ながら訪れる人は金儲けに興味をもっている人たちです。そのため、こうした有益な情報を提供することによって喜んでくれます。人によっては、ファンになってくれることもあります。

このように考えると、いわゆる広告動画とウェブマーケティング用の動画では性質が大きく異なることが分かります。インターネット上で活用すべき動画は、内容が視聴者目線でなければいけないのです。

映像よりも中身を重視すると売上が増える

動画を作成するとなると、なんだか敷居が高いように思ってしまいます。ただ、企業が作成するようなキレイな映像を作る必要はありません。あなたが行うべきは、先に示したような「訪問者にとって有用な情報を提供する動画」で問題ないからです。

どれだけ美しい動画であっても、中身が薄ければ視聴者は落胆してしまいます。ただ、たとえホワイトボードの前に立って講義しているだけの映像であったとしても、その内容が充実して新たな気付きを与えることができれば視聴者は満足するのです。

リアルの場であれば、セミナーでもこれと同じ現象が起こります。どれだけ有名人を招いたセミナーであっても、得るものがなければ来場者はガッカリします。

しかし、世間的に無名できれいなスライドを用意していなくても、その内容が素晴らしければお客様は来てよかったと感じます。外見よりも中身が重要だといえます。

内容の濃い情報を提供すれば、お客様の中には「これだけ良い情報を教えてくれるのだから、この人に仕事を依頼したい」と考える人が出てきます。そうして、仕事を受注できるようになり、売上が増えていきます。このように、ウェブ動画マーケティングでは有用な情報をできるだけ提供することが肝要です。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認