私は現在、薬学系サイトとビジネス系サイトの2つを運営しています。サイト運営のネットビジネスでは、多くのサイトを乱立させることが普通ですが私の場合は違います。

そもそも、私はスパムサイトを作ることを推奨していません。そうではなく、ユーザーが立ち寄ったときにできるだけ有用な情報を提供できるサイト運営を推奨しています。これにより、ずっと稼ぎ続けることができるようになります。

まずは、以下の動画をご覧ください。

不変(変わらないもの)を狙う

世の中には「変わっていくもの」と「変わらないもの」があります。その中でも、「変わらないもの」は初期から存在するものになります。この部分をおさえることができれば、ずっと稼ぎ続けることができるようになります。

例えば、インターネットで初期から存在する物として「メール」や「サイト」があります。多少、他の手段に変わることがあったとしても、これらが無くなる事はありません。

例えFacebookが将来消えるとしても、メールはなくなりません。TwitterやLineに代わるものが開発されたとしても、初期から不変的に存在するサイトの概念はなくなりません。

そのため、Facebookコンサルタントは将来確実にFacebookだけでは生きていけなくなります。スマホコンサルタントもあと何年続くか分かりません。

しかし、サイト運営を極めればどうでしょうか。日本中に存在するあらゆる企業が将来何十年にも渡ってクライアントになってくれる可能性があります。

確かに流行にのってコンサルタントと名乗るのも悪くありません。ただし、「数年後に稼げなくなるリスクもある」ことも認識しなければいけません。これが、「不変(変わらないもの)を狙う」という意味になります。

私は「薬学系サイトやビジネス系サイトで今後も稼ぎ続けることができるか」という質問を受けることがあります。結論から言うと、可能です。

薬がこの世からなくなる事はありません。世の中から「薬学」が消えない限り、私の薬学系サイトは稼ぎ続けることができます。

また、「サイト運営」に重きを置いている私のビジネス系サイトも同じです。もしこれが、「Facebookで稼ぐ方法」であれば数年後に稼げなくなる可能性が十分にあります。しかし、インターネットから「サイト」という概念が消えることはありません。

何十年にも渡って積み重ねていくビジネス

打ち上げ花火のように一回で爆発的に稼ぐことは重要です。しかし、それ以上に何十年にも渡って稼ぎ続けることがビジネスではもっと重要になります。そのため、流行を追うことを私はあまり推奨していません。

昔から変わらず存在するビジネスには何があるだろう」と考えてください。例えば、「講演、音楽、出版」など、いくらでも考えつくと思います。私であれば、「薬学」や「サイト運営」となります。

これら「不変」な物の中でも、「あなたが得意とする分野」や「これまでに経験してきた領域」などを組み込んでいきます。ここで、ユーザーにとって役立つ情報を思いつくだけ発信していきます。すると、ようやく唯一無二の存在が完成されます。

当然ですが、「不変」とは言ってもある程度の軌道修正は必要です。ただ、不変なものだけを手掛ければ、例えば「mixiのように完全に廃れてしまう事はない」という事は言えます。

これを踏まえた上で、長く続いていくビジネスを行うためには「昔から存在する不変な物はないか」を考えてください。

このテーマ選びによって、「一発屋で終わるかそうでないか」が分かれてきます。この考えはリアルビジネスでも同じなので、いくらでも応用することができます。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録