インターネットビジネスで成功するためには、文章(記事)を書くことが大切になります。優良な記事を作成して、たくさんの人に読まれる人気のサイト・ブログを作り上げることが集客につながるためです。

ただ、多くの人は記事を書くときに「何を書けばいいのかわからない……」という悩みにぶつかります。また、どれだけ多くの記事を書いても、それがゴミ記事であった場合、検索エンジンで上位表示されません。

その結果、Webサイトやブログを立ち上げたのはいいもののアクセスが集まらず、インターネットビジネスを諦めてしまう事態に陥るのです。

このような状況を解決するための方法が存在します。それは、「読者の検索意図をキーワードから読み解く」ことです。検索意図の意味や調べ方を理解することで、どのようにすればアクセスが集まるようになるのか理解するのです。

そこで、「どのようにして読者の検索意図を推定し、ユーザーにとって役立つ情報を提供すればいいのか」について解説していきます。

ユーザーの検索意図の意味や種類を理解する

サイト・ブログに書く記事の内容を考えるときには、まずはWeb検索するユーザーのことを理解しなければいけません。Webサイトでのお客さんは検索ユーザーだからです。

このとき、Webユーザーがインターネットで検索する意図・目的は、主に「何かを知りたい」「悩みを解消したい」という2つの種類に集約されます。

・何かを知りたい

例えば、「店までの行き方を知りたい」という目的のためにインターネットで検索するのが「何かを知りたい」になります。例えば、友人と食事をする約束をしたとき、予約したお店の場所が分からなかったとします。そうした際には、インターネットで店の名前を検索して、店までのアクセス方法を調べるはずです。

他にも東京に住んでいる人が新宿で合コンを企画する場合、「新宿 合コン」などで検索するはずです。こうして、検索して引っかかってきた中で良さそうな店へ予約するようになるのです。

これが、何かを知るために検索する意味です。

・悩みを解消したい

また、ユーザーが検索する目的には「悩みを解消したい」という意図もあります。

例えば、あなたが便秘で悩んだとします。そうした際には、インターネットで「便秘 解消法」などのキーワードで情報を探すはずです。つまり、「便秘の悩みを解消する」という目的のためにインターネットを活用するのです。

より深く便秘の悩みを解消したい場合、「便秘 断食 デトックス」などで検索するかもしれません。また、自分ではなく子供の便秘を治したい場合、「便秘 子供 治療法」などで検索します。

このように、ユーザーには何かを知りたいだけでなく、悩みを解消したいという目的でインターネット検索を利用する人もいます。

キーワードから「読者の検索意図とは?」を推定する

このとき、Webサイト上に書くべき記事の内容については「ユーザーが知りたいこと」「悩んでいること」のどちらかを満たし、その解決方法を提示している必要があります。お客さんであるユーザーが求めていることをサイト記事として作成すれば、自然と読者が集まるようになります。

それでは、どのようにして読者の検索意図を理解すればいいのでしょうか。これについて、ユーザーの意図はキーワードとして表れます。キーワードが何かを確認することで、ユーザーの検索意図を推測することができるのです。

例えば、「学生用クレジットカードを発行し、ポイントをマイルで貯めたい」という人では、Googleの検索枠に「学生カード マイル」などの言葉を入れるはずです。その後、検索結果として現れたブログやサイトを読んで情報を得ます。

こうしたことから、ユーザーの意図・目的を理解するためには、ユーザーが発する言葉やキーワードを知ることが大切になります。

ちなみに、「学生カード マイル」で検索するユーザーのキーワードを調査すると、さらに以下のキーワードが掘り出されます。

  • ana 学生カード マイル
  • ana 学生カード マイル移行
  • ana 学生カード マイル 確認
  • ana 学生カード マイル貯め方
  • jal 学生カード マイル

これらのキーワードから、「どのような学生がマイルについて知りたいのかかを想像し、それらの内容を詰め込んだ記事をどのように構築すればいいのか」について、ザックリ理解できるはずです。

具体的には、学生用クレジットカードの記事を書くとき、出てくるキーワードは上記の通りほぼANA(全日空)となります。JAL(日本国空)に関するキーワードは非常に少ないです。

ここから、学生カードでのマイルの貯め方を記事として書くとき、JALの記事を書いてもいいですが、それでは読者の検索意図からズレてしまうことが分かります。学生カードのマイル記事を書くとき、ANAマイルの貯め方について書かなければ、検索意図とズレたゴミ記事になってしまうのです。

キーワードを確認すれば、読者が何を考えているのか理解できるようになります。

言葉からユーザーのニーズを推測する

ただ、キーワードを何となく眺めていても、ユーザーの検索意図(ニーズ)を理解できないことがあります。そこで言葉やキーワードから、「その人が何を欲しているのか?」ということを推測して、初めてユーザーのニーズを知ることができます。

例えば、「札幌 2月 天気」というキーワードであれば、単純に考えると「札幌の2月の気温、天気を知りたい」という目的のように思えます。そうなると、札幌における2月の気温や天候などについての記事を書くことになります。

ただ、これはユーザーのニーズではありません。ユーザーのニーズは、さらにその裏に存在するのです。

例えば、「札幌 2月 天気」で検索したユーザーは、気温や天候だけを知りたくて検索したわけではなく「2月に札幌へ旅行に行くから、そのときに適した服装を知りたい」というニーズが隠れているかもしれません。

さらに、深く考えると読者は「寒いのはイヤ」「雪で滑って転びたくない」というニーズをもっている可能性があります。その場合、サイトやブログで書くべき記事の内容は「2月の札幌でも寒くない服装」「札幌でも転ばない靴」なども含めることになります。

・実際に体験していると、さらに深い内容の記事を書ける

このとき、あなたが実際に札幌へ2月に行ったことがある場合、ユーザーが考えている裏の心理を理解しやすいです。なぜなら、既にあなた自身が 2 月の札幌で雪が降るかどうか気にした経験があるため、ユーザーがどのような情報を欲しているのか体験談から情報発信できるからです。

そのため、質の高いWebサイトを構築しようと思ったとき、あなたが過去に経験したことを踏まえた記事を構築すれば、読者が知りたいと考えているピッタリの情報を提供できます。

ユーザーの検索意図はキーワードという言葉として端的に表れます。ただ、Webでの文章を書くためには、検索ユーザーが使用した言葉の裏側にある真のニーズを推測することが重要になるのです。そのため、一次情報(その人が実際に見たり聞いたりした実体験)が重宝されます。

キーワードの調べ方やツール、分類方法

それでは、実際にキーワードの調べ方としてはどのようなやり方があるのでしょうか。これには、ツールを用いた適切な方法があります。

具体的には、「このサイト」でキーワードをリサーチします。例えば、「看護師 転職」で調べると以下のようにキーワードを抽出できます。

ここに表示されるキーワード群については、実際に読者がGoogleの検索窓に入力している言葉が表示されます。そのため、こうしたキーワードをリサーチしたうえで記事を作成すれば、100%の確率で需要のある記事を構築できることが分かります。

ただ、このときはキーワード分類を実施しましょう。例えば、先ほどの「看護師 転職」のキーワードであれば、以下のように対象者が特定した一人の読者になるように分類していきます。

例えば、以下のキーワードがあったとします。

  • 看護師 転職 結婚
  • 看護師 転職 結婚 悩み
  • 看護師 結婚後 転職

これは、「結婚を機に転職を考えている看護師」という一人の人間に対象を絞ることができます。このようにキーワードを分類した後、そうしたキーワード群を用いて記事を書くようにするのです。

検索結果や広告から読者の意図を推定する

ただ、中にはキーワードを確認するだけでは何のことだか不明なキーワードがあるのも事実です。そうした場合、どのようにしてキーワードから真の検索意図を見分ければいいのでしょうか。

例えば、以下のようなキーワードの提示があったときに読者が何を考えて検索しているか分かるでしょうか。

  • 看護師 転職 エステ

恐らく現役の看護師であっても、何を考えて読者がこのキーワードで検索しているのか推測が難しいのではと思います。そうしたとき、実際にこの言葉をGoogleの検索窓に入れて検索してみましょう。この場合、以下のような検索結果が表示されます。

これらが実際に検索エンジンに上位表示される内容になります。これらを見ると、単に「エステ」という記事が表示されているわけではなく、メディカルエステに関する美容クリニックの求人情報を掲載している記事が上位表示されていることが分かります。

ここから、「看護師 転職 エステ」で検索する人に対してはメディカルエステを取り扱っている求人をどのように探し、転職すればいいのかに関して書けば、読者の検索意図を満たせることが分かります。

また、検索意図を把握する方法としては広告を確認しても問題ありません。例えば、以下は「筋トレ サプリ」で検索したときに表示された広告になります。

ここには、筋肉成分で知られている「HMBサプリメント」に関する広告が表示されています。検索しているキーワードは「筋トレ サプリ」にも関わらずです。

実際、ネット販売では筋トレに関するサプリメントの中でHMBサプリメントしか収益を生み出せないことが知られています。そのため、筋トレサプリを調べている人に対してHMBサプリを紹介するのは適切です。

このように、広告を確認することでどのような商品をユーザーが欲しがっているのか推定できるようになります。

検索意図を満たせば、GoogleのSEOに効果的

こうしたことを理解したうえで記事を書いていきます。しかも、キーワードを分類することで一人の読者に向けた記事に仕上げなければいけません。

なぜ、適当に記事を書くのではダメであり、読者の検索意図まで考えなければいけないのでしょうか。これは、そうしなければGoogleの検索エンジンで上位表示されないからです。つまり、サイト・ブログへのアクセス流入がありません。

Googleの検索エンジンで上位表示されるための対策をSEOといいます。SEOによって上位表示されるための第一条件として「読者の検索意図に沿った記事かどうか」があげられます。

例えば、「看護師 転職 エステ」で調べる人に対して、エステサロンで働く方法について解説してもダメです。これでは、読者の検索意図をまったく満たしていません。そうではなく、メディカルエステを提供する美容クリニックや病院での働き方を解説するからこそ、ようやく読者の検索意図を満たせるようになります。

・具体的な解決策を提示する

それに加えて、実際にWebライティングをするときはさらに踏み込んで解決策を提示した文章がSEOで評価されるようになります。

例えば、「看護師 転職 エステ」で検索する読者に対してメディカルエステの求人を探す方法や求人先の見分け方を解説すれば、検索意図を満たした内容に仕上がります。ただ、その後に読者は「実際にどういう行動を取ればいいのか?」という疑問が残ります。

そこで、検索目的を満たす文章の後には、必ず具体的な解決策を記すようにしましょう。

例えば、先ほどの記事であれば「美容クリニックに強みのある転職サイトに登録しましょう」というメッセージを投げかけるといいです。看護師の転職サイトには、転職サイトごとにいろんな種類や特徴がありますが、その中でも以下のような「美容クリニックに特化した転職サイト」を紹介するのです。

読者の解決策まで提示してあげれば、読者は以後の検索を止めるようになります。あなたが目指すのは、このレベルの記事になります。あなたの記事を読むことですべての問題が解決され、読者が以後の検索を止めるように仕向けることができれば最高の記事となります。

読者の行動を予測する

このとき、サイトやブログの運営者が必ずやるべきこととして、「そのキーワードで検索してくる読者がどのような行動をとるのか」を予測することがあげられます。つまり、言葉の裏に隠れた真の意味(検索意図)を理解するのです。

例えば、女性をデートに誘うことに成功している男性であれば、予約する店を調べるためにどのような行動をとるでしょうか。こうした男性は「デート 店 選び方」などの検索ワードを入力しますが、どのような記事内容にするのが適切でしょうか。

このとき、まさか「焼肉店」「食べ放題の店」「ファミリーレストラン」などは調べないはずです。これらは男同士で行くときには有効であるものの、デートに適していません。

それよりも、「カップルシートのある店はどこか」「オシャレな内装・外観の店がいい」「駅チカのレストランはどこか」などを考えます。飲食店を調べるときであっても、ターゲットが違えば検索ワードや考えていることはまったく違ってくるのです。

そのため、例えば「デート 店 選び方」で検索する男性読者に対しては、まずは女子たちが出向くオシャレな店を予約したほうがいいという内容の記事を書くことになります。

ただ、その問題を解決した後に読者は別の疑問を浮かべます。それは、「どのようにしてオシャレな店を探せばいいのか」という問題です。そこで、例えば「新宿 デート ランチ」と地名を組み合わせて検索し、飲食店のポータルサイトを利用して探せばいいことを記事内で教えなければいけません。

「デート 店 選び方」で調べる人に対して、「女子が利用するようなオシャレな店を選べばいい」とだけ教えるのは不親切です。そうではなく実際の調べ方を含めて解説することで、本当の意味で検索意図を満たしたことになります。

これには、その読者が実際にどのような行動をして、どういう部分につまずくのか想像しなければ分かりません。「想像力(妄想力)を働かせ、ユーザーが知りたいことは何かを必死で考える」ことをしなければ、ユーザーの検索意図を満たせるようにはならないのです。

情報発信の分野は自分の強みを活かすべき

なお、Webサイトを活用して何か情報発信を行うとき、基本的には「自分が興味関心のある分野」「既に強みをもっている分野」を攻めることを考えましょう。そうした分野でなければ、どれだけ調査しても検索意図や検索ワードを探ることができないからです。

例えば、アトピーのサイト構築で、「アトピー 腸内細菌」「アトピー 水」などの言葉を確認したとき、どのように思うでしょうか。

既にアトピー経験のある人であれば、これらの言葉が何を意図するのか理解できます。アトピーには腸内環境が関わっているため、乳酸菌など腸内細菌を整えることで症状が改善することがあります。

また、水も重要なので、摂取する水によってアトピー症状が快方に向かうことがあります。さらに、単なるミネラルウオーターを紹介するのではなく、「純水にした水に比べて、ミネラルを付加した人工水のほうが良い」など、いろいろ注意点があります。

ただ、アトピー経験のない人であればここまで分からないため、ユーザーの知りたい情報を提供するのが難しいです。

これと同じように、過去に経験した内容や興味のあったことを記事にした方が圧倒的に優れた内容になります。専門サイトや特化型ブログを構築することを考えたとき、自分に強みのある分野だと読者が何を考えているのか想像しやすくなり、検索意図を満たした記事を書けるようになります。

未知の分野の記事を書くときは徹底的な調査が必要

それでは、それまで経験したことのない記事を書くのはダメなのかというと、必ずしもそうではありません。

文章作成に慣れていない段階では自分が経験したことのある内容を記事にするべきですが、ある程度慣れた後はそれまで知らない未知の内容を攻めても問題ありません。もちろん、未知とはいってもあなたの強みに関わるWebサイトであることは大前提になります。

このときに必ず行うべきものとして「取材」があります。取材とは、実際に悩んだことがある人に対して聞き取り調査を行うことを指します。

例えば、私は薬剤師経験があるために薬剤師の転職サイトを保有しています。

ただ、私は企業や薬局の薬剤師については経験があるものの、病院には勤めたことがありません。そこで、病院に勤務しており、さらには転職経験のある大学時代の友人に取材してどのような実態になっているのか聞くことにしました。

これと同じような取材を何人も行っていくことで、ようやく読者が抱える悩みや検索意図が見えてくるようになります。

自分の想像力を活かして読者の行動を読み取り、検索意図を汲んだWebライティングを実施するとはいっても、それは「読者の悩みを知っている」ことが大前提です。まったく取材をしない状態でライティングしても、ほかと似たり寄ったりの価値のないサイト・ブログになります

こうしたことを避けるため、取材は必須です。取材をすれば本にも載っていないオリジナルの内容を聞き出すことができます。そうした生の情報を記事化することで、ようやくサイトやブログにアクセスが集まるようになります。

取材をするとなると、非常に面倒な作業になります。ただ、多くの人はこれを実践しません。そのため結果的に薄っぺらい内容になってしまうのです。半永久的にアクセスを集めたい場合は、取材まで視野に入れてユーザーの検索意図を理解し、手間暇をかけて質の高い記事を作るようにしましょう。

検索意図を満たせばSEOに強いサイトになる

ユーザーの検索意図を知ることで、Webサイトに書くべき文章がはっきりしてきます。しかも、実際のところ読者の検索意図に沿った内容の記事でなければ、残念ながらGoogleの検索エンジンで上位表示されません。

検索意図を理解することは、SEOでも非常に重要です。SEOに強いWebライティングというのは、「どれだけユーザーの検索意図を意識して記事を作成することができるのか」にかかっているのです。これが、人気サイトを構築するコツとなります。

ただ、そのためにはキーワードツールを活用しなければいけませんし、キーワード分類を実施することで読者が知りたいことを洗い出す作業も必要です。

しかも、それだけでは不十分です。キーワードを実際に検索した読者がどのような行動を取るのかを想像し、それに沿った記事内容に仕上げなければいけません。当然、取材は必須です。

このように考えると、検索意図を理解して有益な記事を書く作業は非常に面倒です。ただ、読者の代わりに面倒な作業を必死で行うからこそ莫大なアクセスを呼び込めるようになるのです。サイトやブログを作るときに検索意図を満たしたWebライティングを実践することが、多くのアクセスを集めるコツとなるのです。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認