インターネットビジネスで成功するためには、集客を実現しなければいけません。ネットビジネスでの集客とは、「サイトやブログなら十分なアクセスがある状態」を指します。また、SNSであればどれだけ閲覧者がいるのかを意味します。メルマガであっても、読者数が増えなければいけません。

ビジネスで最も難しいのは集客ですが、これはネットビジネスでも同様です。ただ、集客さえできてしまえば誰でもネットビジネスで成功できてしまいます。

特にネットビジネスの中ではアフィリエイトが最も主流ですが、アフィリエイトでは広告を取り扱います。つまり、あなたが代わりに集客代行することにより、お金を得るビジネスとなるのです。例えば転職サイトを運営し、転職エージェントに送客してお金を得るビジネスモデルがアフィリエイトです。

アフィリエイトを含め、ネットビジネスでは集客の技術がすべてになります。こうしたネットビジネスでの集客方法として、主なものにWebサイト・ブログやSNS(Twitter、Facebookなど)があります。

そこで、どのような方法によって人を集めるのかについて、ネットビジネスでの効果的な集客術について解説していきます。

サイト・ブログの運営がネットビジネスでは必須

どのようなネットビジネスであったとしても、必要になるのがサイトまたはブログです。人によって異なりますが、いずれにしてもサイト・ブログを持たなければネットビジネスでの成功はあり得ないと考えた方がいいです。

SNSなどで集客する方法はあるものの、あくまでもサブです。ネットビジネスの成功者はほぼ100%の確率で全員がサイト運営をしています。それだけ、サイト・ブログでの集客効果が高いのです。

実際、SNS上で商品はほとんど売れないことが知られています。アフィリエイトをするとき、売れるのはサイト上です。Webサイトやブログで有益な情報を発信し、商品を掲載するからこそ売れるようになり、アフィリエイト報酬を得られるようになるのです。

それでは、どのようにして効果的な集客を実現するのかというと、有益な記事コンテンツをサイト内に詰め込む以外に方法はありません。優れた情報を提供することによって読者を魅力することがアクセスアップには必須となります。

FacebookやTwitterなどの集客ツールを用いる

ただ、サイトやブログだけでなくSNSを用いた他の集客ツールを活用しても問題ありません。

既に述べた通り、SNSで商品を紹介してもほぼ売れません。それにも関わらず、なぜSNSが有効なのでしょうか。それは、あなたのサイトやブログのブランディングになるからです。

多くの人の目に触れると、それだけサイトへのアクセスが増えるようになります。そうなると露出が増え、検索エンジンで上位表示される確率が高くなります。

検索エンジンで上位表示されるには、「ページの滞在時間」「どれだけ読んでくれているのか」などを含めて総合的に判断されます。このとき、当然ながらあなたのファンが熟読してくれた方がページの滞在時間を含めSEO(検索エンジンでの上位表示)に良い影響を与えます。

SNSを利用しても直接的には売上に貢献しません。ただ、間接的にサイトへ良い影響があるため、結果としてアフィリエイトで稼げるようになるのです。

・Facebookは微妙だが、Twitterは効果がある

ただ、SNSでも効果のあるものとないものがあります。まず、どれだけFacebookで友達を増やしても効果はありません。Facebookはあくまでも友人との交流がメインの目的だからです。そのため、Facebookはでは旅行写真や食事内容など、中身のない投稿をしている人が多いのです。

一方でTwitterの場合、友人ではなく「自分の興味のある人だけをフォローする」という性質があります。そのため、Twitter上で有益な情報を流すことによって多くの人をあなたのサイト・ブログに呼び込めるようになります。

実際、私もTwitterを活用しています。このとき、たまに有益な情報と共にサイトのURLを貼ることによって、1日に何百人ものアクセスを呼ぶことも可能になります。

また、こうしたTwitterなどによって有益な情報を発信していくと、被リンクが付きやすくなります。被リンクとは、あなたのサイトへリンクが送られることを指します。

被リンクが多いサイトであるほど、SEOに強くなってGoogleの検索エンジンで上位表示されるようになります。その結果、効果的にアクセスが増えて集客に成功するようになります。

あなたも、赤の他人に対しては見向きもしないと思います。ただ、知り合いに対しては応援しようという気持ちが沸くはずです。これと同じように、Twitterで情報発信しているとファンが増え、その結果としてサイトやブログへ被リンクが付きやすくなるという副次的効果があるのです。

SNSなどは、集客ツールとして直接的には効果がありません。ただ、うまく活用すれば間接的にアクセスを加速できる集客術になります。

質が高いコンテンツを作る7つのコツ

これらを理解したうえで、有益な情報を提供するために質が高い記事コンテンツを作成する必要があります。その結果、検索エンジンで上位表示され、最終的にサイトやブログによる集客を実現するのが一番のコツとなります。

それでは、質が高いコンテンツとはどのようなものなのでしょうか。質が高いコンテンツの基準を知っておけば、それを満たすコンテンツを作成することによって、自然と集客できるようになります。

以下に、質が高いコンテンツが備えている7つの要素について記します。

検索意図を満たし、解決策を提示するコンテンツ

ユーザーがインターネットを使って検索するとき、主に「何かを知りたい」「悩みを解消したい」という2つの目的(検索意図)があります。つまり、自分の役に立つ情報を得たいと考えて検索をするのです。

そのときに、ユーザーに役立つコンテンツとは「検索意図を満たしている」「解決策を提示している」という2つの要素を備えたコンテンツだといえます。

例えば、「美味しいラーメンを食べたい」と思った人は「○○(地域名) ラーメン おすすめ」などと検索する人が多いです。このときのユーザーの検索意図は、「○○地区で美味しいラーメンを食べられるお店を知りたい」というものだと予測できます。

そのため、「○○地区でおすすめのラーメン10選」「○○地区人気ラーメン店ランキング」などのコンテンツだと、ユーザーの検索意図を満たした記事である可能性が高いです。

そして、なおかつ「営業日時」「アクセス方法」「混雑する時間帯」などの情報が掲載されていれば、実際にユーザーの行動を促すことにつながります。

当然ながら、検索意図を満たしていないコンテンツであると、ユーザーはすぐに離脱(サイトから離れる)してしまうのです

このような、ユーザーの検索意図(読者がどのような記事内容を欲しているのか)を考え、解決策を提示する内容であることが、ユーザーに役立つコンテンツとして欠かせない要素だといえます。

専門性の高い情報が記載されている

コンテンツを作成する上で「専門性の高い情報を掲載する」ことも、質が高いコンテンツの要素となります。専門的な内容であると、情報の信頼性が高いことにつながるためです。

例えば、あなたが便秘の治し方について調べているとき、以下の情報があったときにどう感じるでしょうか。

便秘を治すためには、食物繊維をとることが大切です。食物繊維が便を形成する材料となるためです。

特に野菜には食物繊維がたくさん含まれています。そのため、野菜をたくさん食べるように意識することで、便が形成されやすくなり、便秘が解消されることになります。

ただ、この文章は一般的に知られている内容です。そのため、専門性が感じられず刺さるものがありません。正しいことは書いているものの、何も得るものがないのです。

そこで、次のような文章ならどうでしょうか。

便秘には「腸の運動不全タイプ」「直腸・肛門タイプ」「ストレスタイプ」3つの型が存在しており、それぞれで対処法が異なります。

例えば、腸の運動不全タイプでは腸の活動が悪くなっているため、便秘となっています。便の材料となる食物繊維の摂取量が不足したり、ストレスなどによって腸の運動が悪くなったりすることで、腸の運動が悪くなって便秘となるのです。

そのため腸の運動不全タイプの人は、便秘解消のために食物繊維を摂取することが有効です。

「食物繊維が便秘に良い」という結論であることには変わりがありません。ただ、この文章の方が信頼できると感じたはずです。これは、ある程度便秘について詳しい人でないと知らない情報が記載されているからです。つまり、専門性が高い内容だといえます。

専門性が高い情報が載っているということも、質の高いコンテンツには欠かせない要因の一つです。訪問者に対して高度な内容を伝えるためには、事前にしっかりと調べる作業が必要になります。

内容が深く、一つの事実を別角度から説明する

専門性が高いコンテンツと似ていますが「内容が深い」ことも、質が高いコンテンツを作成する上では大切になります。一つの事実に対して、より深く内容を伝えることができないかを考えるのです。

例えば、先ほどの文章をさらに深掘りすると以下のようになります。

便秘には「腸の運動不全タイプ」「直腸・肛門タイプ」「ストレスタイプ」3つの型が存在しており、それぞれで対処法が異なります。

……

そのため腸の運動不全タイプの人は、便秘解消のために食物繊維を摂取することが有効です。

ただ、一言で食物繊維といっても、食物繊維には「水溶性食物繊維」「不溶性食物繊維」の2つのタイプが存在します。しかも、便秘のタイプによって摂取すべき食物繊維は違います。

具体的には……。

事実だけを述べた文章ほど、つまらないものはありません。そこで、具体例や例えを豊富に使用して、わかりやすさを意識することが重要です。内容が深いコンテンツの方が、ユーザーにとって有益かつ、行動に移しやすいことが理解できます。どのようにして内容を深めるかというと、具体例を示すようにするといいです。「具体的には……」「例えば……」という言葉を頻繁に活用するのです。

ただ、これは無駄に内容を専門的にし過ぎてしまい、難解な文章にするという意味ではありません。あまりにも難しい内容であると、一般のユーザーには理解できないコンテンツとなってしまいます。あくまでも平坦な文章で説明を行い、分かりやすいコンテンツを作成しなければいけません。

根拠のあるデータを元にコンテンツを作成する

さらに、専門性が高い情報でも「何を根拠に述べているのか?」ということを明確に示す必要があります。読者はサイト運営者に対して「これはサイト運営者が妄想で書いているのでは?」と鋭い突っ込みを入れてきます。そこで、それに反論しなければいけません。

例えば、以下のような文章にします。

運動は腸のぜんどう運動(便を形成して肛門まで送り出す、腸の自発的な運動)を促すため、便秘の改善に有効です。

実際に、2013年に○○大学で便秘の人を対象に行われた研究から「毎日運動を10分したグループと全く運動しないグループでは、運動を実施したグループの方が便秘解消の割合が6割ほど高かった」ことが報告されています。

このように、「○○大学で実施された研究」「厚生労働省の報告」など、信頼性が高いと思われるデータを元にした内容は、質が高いコンテンツとして判断されます。

ほかにも、私は薬剤師の転職サイト(アフィリエイトサイト)を運営していますが、「薬剤師の平均残業時間」に関する記事を作成したとき、根拠として以下の図を記事中に挿入しました。

出典:平成29年賃金構造基本統計調査

もし、こうした資料を提示せずに文章だけで書かれていたらどうでしょうか。その場合、読者は私の記事に書かれた内容を信用してくれません。ただ、こうした客観的な統計データを示すことによって100%ウソではないことを示すことができるのです。

データを元にコンテンツを作成してその根拠を示すことも、コンテンツの質を高める要素になります。

一次情報が掲載されている記事が優れている

コンテンツとして掲載する情報は、主に「一次情報」「二次情報」「三次情報」の3つに分類されます。それぞれ、以下のようになります。

・一次情報

コンテンツを作成する人自身が経験・体験した情報

・二次情報

知人が体験したことを聞いた情報

・三次情報

友達の友達が体験したことを又聞きした情報や、インターネット上から拾ってきた情報

情報の信頼性は「一次情報 > 二次情報 > 三次情報」というように、情報源から遠ざかるほど低くなります。そして当然ながら、三次情報になるほど、根拠もなく内容が薄いコンテンツとなります。自分が経験していないことは詳しく書けないためです。

そのため、コンテンツの質を維持するためには、できるだけ一次情報(少なくとも二次情報)を元にした内容であることが大切です。実際、私が記事を書くときは一次情報を最優先にしています。

例えば、以下は私の薬剤師の転職サイトにある記事の一部です。

写真に登場している人は私の大学時代の後輩ですが、実際の医療現場の写真素材を提供してもらったり、薬局内を撮影させてもらったりして独自の一次情報をできるだけたくさん取り入れるようにしています。

また、今回の記事である「ネットビジネス・アフィリエイトでのブログ・SNSの効果的な集客術」についても、私が経験した情報を注入し、実際に運営しているTwitter画像を掲載するなど、私でしか発信できない情報をできるだけ盛り込んでいます。

しかし情報発信をするとき、実際のところネット上にある情報をまとめただけの人が多いです。そのため、薄っぺらい記事になってしまいます。こうしたことを避けるため、必ず自分自身で経験したり、取材したりすることを忘れてはいけません。

情報が整理されているコンテンツ

また、情報が整理されているコンテンツとそうでないコンテンツでは、情報が整理されている方がユーザーに役立つコンテンツだといえます。当然、さまざまな情報がバラバラに書かれているコンテンツよりも、関連性のある情報がまとまって書かれている方が見やすいです。

例えば、以下の2つの文章を見比べてみましょう。文章を読む必要はないので、3秒くらい眺めるようにしてみてください。

便秘を解消するためには、運動や食事を意識することが大切です。運動や食事が、腸の運動に深く関わっているためです。さらに、ストレスを解消することも便秘には深くかかわっています。

また、下剤を服用しているかどうかも、便秘の治りやすさに大きく関与しています。

例えば、運動は「腸のぜんどう運動(便を形成して、肛門まで送り出す、腸の自発的な運動)」を促すことで、便秘を解消します。また、食事での食物繊維の摂取量が少なくなると、便を形成する材料が足りなくなります。

そして、ストレスや下剤は、腸の運動を悪くするため、便秘の発症・悪化につながります。

このように、便秘を改善するためには、さまざまなことに注意しなければいけないのです。

この文章では、1センテンス(1文)にバラバラの情報が詰め込まれているため、非常に見にくい上に内容も薄いです。

便秘を解消するためには、さまざまなことに注意することが大切です。特に「運動」「食事」「ストレス」「下剤」の4つは、便秘の改善に深く関わってきます。

・運動と便秘の関係性

運動は……。

・食事と便秘の関係性

食事は……。

・ストレスと便秘の関係性

ストレスは……。

・下剤と便秘の関係性

下剤は……。

このように、便秘を解消するためには、さまざまなことに注意しなければいけないのです。

情報を整理して書くことも、ユーザーにとって役立つコンテンツを作成するためには重要です。さらに、2つ目の文章のように「小見出し」を使って情報を整理すると、見やすい上に一つ一つの情報も深くなります。

ユーザーの裏欲求まで言及する

裏欲求とは、ユーザーの心の奥底に隠れている欲求です。

例えば、「沖縄 11月 気温」というキーワードで検索しているユーザーがいるとします。その場合、単純に考えるとユーザーが知りたい情報は「沖縄の11月の気温」ということになります。ただ、もう少しユーザーの心理を深く考えると、さらにユーザーが求めていることが分かるようになります。

具体的には、「沖縄 11月 気温」と検索した人は、11月に沖縄に旅行に行く予定であり、そのときの服装について知りたいのかもしれません。

さらにいうと、11月の沖縄に適した服装に関する情報を求めているとしたら、このユーザーの裏欲求は「11月の沖縄旅行を快適に過ごしたい」ということになります。

そうなると、ただ単に11月の沖縄の気温だけが書いてあるコンテンツよりも、気温に加えて「11月はジャケットを羽織った方が良いですよ」「トレーナーだけでは肌寒い日があります」といった情報が載っていた方が、ユーザーにとっては有益です。

このように、検索キーワードから表面に見える欲求だけでなく、さらに深いところにある裏欲求に言及した内容に仕上げることができれば、非常に質が高いコンテンツになります

キーワードから読み取れる情報をそのまま返すのは、サイト運営者として二流です。そうではなく、キーワードを検索する人が真に欲している情報は何かを本気で考えなければいけません。

独自情報にこだわればアフィリエイト集客に成功する

ちなみに、こうしたアクセスアップによる集客方法の中でも、私が最もこだわっているのが一次情報です。どれだけ文章がへたくそであったとしても、一次情報が満載であればそれだけでSEOでの評価が高くなり、サイトやブログに人を集めることができます。

情報源が一次情報から離れる(三次情報に近づく)ほど、コンテンツの質は下がります。これは、いってしまえば「伝言ゲーム」のような状況になるためです。これでは、記事内容がペラペラになります。そこで、可能な限り一次情報に近い情報を活用しましょう。

特に、実際の写真に勝る根拠はありません。あなたが体験した一次情報を文字だけでなく、写真で示すことが必須だと考えてください。

そのため、自分自身で体験できる場合には、可能な限り写真を撮影しておくようにしましょう。

・取材による情報収集は効果的

ただ、このときすべての情報を自分で取ってくるのは現実的ではありません。そこで、取材による二次情報の取得も積極的に行いましょう。

例えば、他社の商品を紹介するようなビジネス(アフィリエイトなど)であれば、体験者だけでなく広告主に対して取材をすることも有効です。広告主にインタビューをすることで、ユーザーが抱くであろう悩みを解消してコンテンツ化するのです。

私も良いコンテンツを作るために取材をしたことがこれまでに何度もあります。例えば、以下では薬剤師の転職サイトを作るため、実際に転職エージェント(転職支援会社)を取材したときの様子です。

このように、文章だけでなく写真を含めて取材で手に入れれば非常に濃い独自情報になり、記事の厚みが増すようになります。

SNSでは情報の2次利用を行う

こうしてサイトやブログに情報コンテンツをアップし続けること自体がアクセスアップにつながります。ゴミ記事を量産してもアクセスは増えませんが、有益なコンテンツ記事を提供することでWebサイトに人が集まるようになるのです。

こうして集客(アクセスを集めること)に成功したら、大きく稼げるようになります。

ただ、このときサイトやブログにアップした情報をそのままにしていてはもったいないです。そこで、FacebookやTwitterなどへ転用するようにしましょう。内容のコピペや要約で問題ないので、情報の二次利用をするのです。

もちろんSNSに限らず、メルマガ(メールマガジン)などに記事内容をコピペしても問題ありません。実際、私のメルマガではサイト文章のコピペを頻繁に活用しています。ただ、それでも読者から文句を言われたことは一度もありません。

一度作った文章は何度も利用するべきです。有益なコンテンツであるほど、FacebookやTwitterでの転用が効果的になります。ビジネスでは最小の努力で最大の結果を出さなければいけません。自ら作成した情報であり文章です。そのためにも、情報の使いまわしをすることでネット集客を加速させましょう。

ネットビジネスでの集客のコツは有益な記事にある

アフィリエイトを含め、ネットビジネスで稼ぐことを考えるときにサイトやブログを立ち上げ、有益な記事を書くことで検索エンジンで上位表示され、アクセスを集めることが集客術のキモとなります。これ以外に大きく稼ぐ方法は存在しないと考えたらいいです。

他にもFacebookやTwitterなどの集客ツールは存在しますが、どれもWebサイトへのアクセスアップを図る媒体の一つに過ぎません。そのため、サイトやブログなど自分のWebメディアを育てることをネットビジネスの基本にしましょう。

ここでは、どのようにすれば有益な情報を掲載できるのかに特化して記しましたが、これ以外にアクセスアップの方法は存在しません。

集客の実現を図るとき、多くの人は楽できる手法を探そうとします。ただ、そのような方法は存在しません。大変ではありますが、優れた記事コンテンツを地道に作っていくことが最も確実な集客術だといえます。

このときは一次情報をできるだけ入れるのがコツです。教科書的な内容ではなく、あなたでしか発信できない情報コンテンツをできるだけ詰め込むようにしましょう。そうすれば、多くの人を集客してネットビジネスで成功できるようになります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認