ウェブサイトやブログに掲載するコンテンツ(記事)を作成していく上で、事前に構成案を作ることが重要になります。コンテンツの設計図である構成案を練っておくことで、書くべき内容が明確になるだけでなく、主張がぶれなくなります。

また、ウェブサイトを構築するという長期的な目標を達成するためには、モチベーションを維持し続けることが大切になります。

高いモチベーションを保ち続けるためには、最初に全コンテンツの構成案を作ってしまうことがポイントです。すぐにやるべきことが明確であれば、どのような人であっても行動することができるためです。

そこで今回は、「アクセスが集まるコンテンツ作成に必要な構成案の作り方」について解説します。

構成案を作成するべき理由

ウェブサイト、ブログ全体の構成案を考えた後、各コンテンツの記事作成に取り掛かると効率的です。

全体の構成案とは、コンテンツの「カテゴリー」と「仮のタイトル」までを一覧にしたものです。例えば、便秘のサイトを作成するとします。そうした場合には、以下のようにサイトの全体像を構成します。

サイトタイトル:便秘の教科書

グループ(カテゴリー) ページタイトル
便秘の原因 ・ストレスが原因で便秘になるメカニズム

・食生活の不摂生が便秘を招く5つの理由

・運動不足が便秘を引き起こす3つの理由

……

便秘の解消法 ・便秘を劇的に改善させる3つの運動

・食事だけで便秘を解消するための5つのポイント

・ストレスをコントロールして便秘を改善させる3つのコツ

……

便秘に対するサプリメント ・便秘のタイプ別におけるサプリメントの選択法

・サプリメントを使って便秘を解消するときに注意すべき5つのこと

・便秘に対してサプリメントが効かない原因

……

このように、カテゴリー分けと、カテゴリー内で作成する各コンテンツの仮タイトルを決めることで、サイトの全体像を把握することができるのです。

ただ、ウェブサイトやブログ全体の構成案を作った後、すぐにコンテンツ作成に移ってはいけません。それは、この時点ではまだ「書くべき内容」がはっきりしていないためです。

書くべき内容を決めていなければコンテンツは作成できない

例えば、先に挙げた便秘のサイトでいうと、「便秘の原因」というカテゴリーの中で「ストレスが原因で便秘になるメカニズム」というコンテンツを作成するところまでは考えています。

ただ実際に書こうとすると、これだけではコンテンツの具体的な内容が決まっていないため書けないのです。

例えば、あなたが明日からダイエットのために「運動をしよう」と考えていたとします。明日にやるべきことは運動だと決まっていますが、運動をするにしても「有酸素運動を行うのか?」「ストレッチを実施するのか?」「筋トレをするのか?」などのように、具体的に行うことは不明確です。

これでは、当日になって「何の運動をしようかな?」という段階から入らなければいけません。その結果、実際に運動するに至らないのです。

それに対して、「明日はウォーキングを15分行って、翌日は○○という筋トレを15回ずつ実施する」というように、行うべきことをより具体的に決めていれば、当日に悩むことなくスムーズに運動することができます

コンテンツを作成する際も、この例と同じことが当てはまります。タイトルだけを決めていても、書くべき内容を決めておかなければ、結局コンテンツを書き始めることができません。

こうしたことを避けるためにも、サイトの全体像を考えた後は、質の高い記事を作るためにもコンテンツの構成案を考えることが大切です。

構成案に沿って書くことで主張がぶれない

さらに、構成案を考えて、それに沿ってコンテンツを作成していくと、コンテンツの主張がブレなくなります。構成案によって、書くべき内容や道筋が示されているためです。

その一方で、コンテンツの構成案が明確になっていないと、何を書けばいいのかを迷うことになります。

例えば、「ストレスが原因で便秘になるメカニズム」というコンテンツを作成するとします。このタイトルだけを元に記事コンテンツを書こうとすると「ストレスとは何か?」「どんなストレスがあるのか?」「ストレスが体に与える影響」「ストレスが便秘を引き起こすメカニズム」など、コンテンツ内に載せたい内容がたくさん出てきます。

さらに、実際に書いていると、どんどん横道に逸れてしまい、結局「何を主張しているのかが分からないコンテンツ」となるのです

例えば、「ストレスとは何か」という小見出しを作って書き出すとします。このとき、ストレスについて詳しく書こうとすると、書くことができる情報は無限にあります。

例を挙げると、「ストレスによって起こる病気」「ストレスが血糖値を上げる理由」「ストレスが親子関係に与える影響」などです。ただ、これらの内容は便秘とは関係のないものであるため、このコンテンツ内に記載する必要はありません。

しかし、コンテンツの構成案を練っていない状態でコンテンツを書き始めると、このような主張とは全く関係のないことまで書いてしまうのです。

読者を納得させる質の高い記事(=アクセスアップに効果的なコンテンツ)を作成するためには、「1記事の中に1テーマだけを入れる」ことを意識しなければいけません。このルールを破り、1記事にいくつものテーマを入れてしまうと主張がブレるようになり、結果としてアクセスが集まらなくなります。

反対に、構成案に沿って「1記事1テーマ」を意識すると、主張がブレなくなるのです。

こうしたことから、コンテンツを作成する前に、コンテンツの構成案を作成することが重要になります。

構成案を作らないと起こりやすい問題

ここまで述べたように、もし構成案を作らずにコンテンツを書いていくと「何が言いたいのかわからないコンテンツ」になってしまいます。ただ、構成案を練らないことで起こる問題はこれだけではないのです。

例えば、コンテンツ作成前に構成案を作成せずにコンテンツを書き始めると、調査という名目の単なるネットサーフィンをしてしまうことになり、コンテンツが完成しないのです。

つまり、書くべき内容が明確になっていないため、さまざまな情報が載っているサイトに目がとまり、ずっと読み続けることになります。そして、さらによい情報を求めてしまうようになり、結果的にネットサーフィンをするだけで時間がダラダラと過ぎてしまうのです

一方でしっかり事前に構成案を練っており、なおかつ構成案に沿って勉強や取材などのインプットを行っていれば、短時間で効率的にコンテンツを完成させることができます。

構成案を作成しない状態でコンテンツを書くことは、さまざまな問題を招く可能性が高いといえるのです。

コンテンツの構成案とは何か?

それでは、実際にコンテンツの構成案とはどのようなものを指すのでしょうか。いくら「構成案が重要」といっても、初めてウェブサイトやブログを構築する人にとっては、構成案の作り方が分からないはずです。

そこでここからは「コンテンツの構成案とは何か?」ということについて解説します。

書く一歩手前までの設計図

コンテンツの構成案を一言で表すと「コンテンツの設計図」だといえます。つまり、「各コンテンツで何を書くのか」という指針です。

例えば、家を建てるときには、建て始める前に「間取り」という設計図を作成します。「間取りを決めない段階では、家を建てることができない」のは、これまで家を建てた経験がない人でもわかるはずです。

これについては、アクセスアップを図るためにコンテンツを作るときも同じです。家を建てる場合、実際の建築に入る前に間取りを決めなければいけないように、コンテンツを作成し始める前に構成案(設計図)を書かなければいけないのです。

このように、コンテンツにおける構成案とは、コンテンツを書く一歩手前までの設計図だといえます。

ページタイトル、見出し、導入文を考える

それでは、具体的にコンテンツの構成案の作り方について説明します。

コンテンツの構成案を、さらに具体的な言葉で表すと「ページタイトル」「見出し」「導入文」の3つだといえます。これら3つが、コンテンツの骨組みであり、構成案となるのです。

例えば、私が運営しているビジネスサイトの一コンテンツとして、以下のコンテンツがあります。

このコンテンツでいうと、ページタイトルが「誠実な対応と信頼関係の重視がビジネス成功の近道になる」になります。ページタイトルの下が導入文、さらにその下に見出し(もくじの部分)が続きます。実際には、この後にコンテンツが書いてあるのですが、まずは構成案としてこの3つの部分を作る必要があります。

ページタイトルは、サイトの全体像を作成したときに決めています。そのため、構成案では導入文と見出しという骨組みを作ることになります。

導入文と見出しは、人によって書く順番が異なります。ちなみに、私は見出しを先に作成してから導入文を書きます。見出しを作ってコンテンツの全体像を把握しておくと、導入文に入れるべきキーワードや内容が明確になるためです。

例えば今回の「アクセスアップに必要なコンテンツ構成案の作り方」というコンテンツ(記事)であれば、構成案であるタイトルや見出し、導入文は以下のようになっています。

タイトル:

アクセスアップに必要なコンテンツ構成案の作り方

導入文:

ウェブサイトやブログに掲載するコンテンツを作成していく上で

……

そこで今回は、「アクセスが集まるコンテンツ作成に必要な構成案の作り方」について解説します。

見出し:

構成案を作成すべき理由

・書くべき内容を決めていなければコンテンツは作成できない

・構成案に沿って書くことで主張がぶれない

・構成案を作らないと起こりやすい問題

コンテンツの構成案とは何か?

・書く一歩手前までの設計図

・ページタイトル、見出し、導入文を考える

・サイト内の全コンテンツの構成案を先に作成する

・コンテンツ量の多いサイトでは、区切りをいれる

タイプ別のサイト作成手順

・問題解決型人間

・ゴール達成型人間

・ほとんどの人は問題解決型人間

問題解決型人間がウェブサイトを作成するポイント

・やることリストを作成する

・エクセルなどで管理

実際にこのコンテンツを作成したときには「ページタイトルを仮に作成する → 見出しを作る → 仮の導入文を書く」という構成案をまず作り、その後に本文を書いたのです。

このように、まずはページタイトル、見出し、導入文という骨組み(構成案)を作ってから本文を書いていくことが重要です。

ちなみに、ページタイトルと導入文は、コンテンツが完成した後にもう一度見直します。コンテンツ全体を作った後に再確認することで、タイトルと導入文が、「コンテンツの内容と合っているか?」ということを判断できるためです。

ページタイトルと導入文に限ったことではありませんが、質の高いコンテンツを作成していくためには、このように何度もコンテンツを見直すことが重要になります。良い記事を作ることが、結果としてアクセスアップにつながるようになるのです。

サイト内の全コンテンツの構成案を先に作成する

そして、コンテンツの構成案を作る上では、サイト内の全てのコンテンツの構成案を先に作成することをお勧めします。つまり、一つのコンテンツごとに「構成案 → コンテンツ作成」という流れで作るのではなく「サイト内の全コンテンツの構成案 → コンテンツ作成(本文の記載)」という順番で作るのです。

これは、ほとんどの人にとって、小さなゴールを無理やりにでも設定した方が実際の行動に移せるためです。

例えば、ウェブサイト構築に向けて1年間の目標を立てて行動するとします。そうしたときにいきなり「1年後に100記事を完成させる」という目標を設定すると、ほとんどの人が「実際何から始めればいいのか」悩んでしまうのです。

そこで、最初にサイト全体の構成を考えて、作るべきコンテンツのタイトルまでを作成するのです。そうすれば「タイトルに沿ったコンテンツを作る」という、すぐにでもやるべきことがある程度明確になります。

さらに、次に作成するコンテンツの構成案を作っていれば、より行動しやすくなるはずです。

このとき、全てのコンテンツの構成案を事前作成していれば、一つのコンテンツを完成させた後に、次のコンテンツ作成にスムーズに移行することができます。既に構成案が練られていて目の前のやるべきことが明確であるため、とっかかりやすいのです。

こうしたことから、全てのコンテンツの構成案を先(事前)に作成していた方が、効率的かつ集中的にウェブサイトを構築できるようになります。

コンテンツ量の多いサイトでは、区切りをいれる

ただ、先にすべての構成案を作成するとはいっても、ある程度の段階で構成案作成作業を一旦区切る必要があります。中にはサイト内で作成するべきコンテンツの量が膨大となるケースがあり、そうした場合にはまったく記事作成が進まなくなるからです。

例えば、「英語の学習法を教えるサイト」を構築しようとしたとき、その内容は膨大になります。情報発信しようと思えば、「文法」「リスニング」「ライティング」「TOEIC」「留学」といくらでも内容を思いつくことができます。

そうしたとき、サイト内で書くべきコンテンツについてすべてタイトルを仕上げ、また一つずつ構成案を考えていたら、いつまで経っても記事を作成することができません。これではコンテンツが完成できないため、その結果サイトやブログのアクセスアップにつながりません。

そこで、コンテンツ量の多いサイトでは、まずサイトを大きなカテゴリーごとに区切ります。次に、一つのカテゴリー内のコンテンツそれぞれについて構成案を作り、その後に記事を作成していきます

例えば、先ほどの英語サイトであれば、留学に関する情報発信をするときに「ホームステイに関する記事を書く」ことを決めます。ホームステイの内容であれば、そこまで量が多くなることはありません。質の高いコンテンツであれば、どれだけ量が多くなっても 30~50記事ほどで済むと思います。

そして、ホームステイというカテゴリーに関する内容についてタイトルや導入文、見出しをそれぞれ作っていきます。これであれば、すぐに構成案を完成することができます。その後、実際に質の高い記事を作っていけば問題ありません。

こうしたホームステイの記事を網羅した後、例えば「次は、新たなカテゴリーである短期留学に関するコンテンツを作成する」と決め、同じように構成案を構築していくようにするのです。

サイトによっては、すべての構成案を作るだけで何年もの時間を必要とすることがあります。そのため、情報発信すべきコンテンツが多いサイトの場合、このように「カテゴリーごとに区切る」ことを意識しましょう。

ただ、例えば「ETC クレジットカードのサイト」などのように、情報発信するべきコンテンツが少ないサイトの場合、サイト内で書くべきコンテンツの構成案をすべて先に作るようにするといいです。

どのようなサイト・ブログを構築するのかによって、載せるべきコンテンツの量が異なります。こうしたことを意識した上で構成案を作成し、アクセスアップに貢献する質の高い記事を作るようにしましょう。

タイプ別のサイト作成手順

それでは、なぜ先に構成案を作ることが重要なのでしょうか。この理由は、世の中の多くの人では「目の前にある小さな障壁を少しずつ達成していくことで、結果として大きな成果を生み出す」ようにした方がモチベーション高く作業することができるからです。

こうしたタイプの人たちを「問題解決型人間」といいます。世の中にいる約8割の人は問題解決型人間だと考えてください。

問題解決型人間

問題解決型人間とは、「大きな目標を設定しても、目標達成時をイメージするのが苦手である人」のことを指します。こうしたタイプの人たちは、もし大きな目標が設定できたとしても、すぐにブレてしまうのです。

例えば、「不労所得を得るために1年後までにウェブサイトを完成させ、月100万円の利益を得る」という大きな目標を立てたとします。ただ、目標解決型人間の人は、1年後のイメージが明確にできません。

サイト構築して月100万円の不労所得を作るとはいっても、実際にそうしたことを実現したことがないため、本当にそうなるのかイメージできないのです。

そのため、サイト作成を始めて数ヶ月たっても目に見えるような結果が出ないと、モチベーションが一気に下がってしまうのです。そのとき、別のビジネスの話などが舞い込んでくると、すぐに目移りしてしまいます。

また、問題解決型の人の特徴としては「最初は頑張る」ということが挙げられます。つまり、スタートダッシュはするものの、目標がイメージできないためにすぐに息切れしてペースダウンしてしまうのです。

こうしたタイプの人たちは、目の前にやるべきタスク設定されてあって、それをコツコツこなすことで、はじめて大きな目標に達することができます。

既に述べたように、ほとんどの人たちは問題解決型人間です。そのため、ウェブサイトを構築する際には、全てのコンテンツ(またはカテゴリーごと)の構成案を先に作成していた方が上手くいくケースが多いのです。

ゴール達成型人間

それに対して、ゴールを自分自身で設定し、明確なイメージをもって行動できる人も存在します。こうした人たちは少数派ですが、問題解決型人間に対して「ゴール達成型人間」と呼ばれる人たちです。

ゴール達成型の人たちは、設定したゴールに迷いなく突っ走ることができます。

例えば、ゴール達成型人間の人であれば「1年後にコンテンツを200記事作る」という目標を立てれば、それまでにどれだけ結果が出なくても、コンテンツを作成することに集中することができます。

こうしたタイプの人たちは、たとえ他に誘惑があっても目移りすることはありません。いわゆる「猪突猛進」という言葉がピッタリの人であり、起業家タイプだといえます。

このようなゴール達成型の人であれば「一コンテンツごとに構成案を作成する」という進め方であっても、ブレルことなくコンテンツを作成し続けることができます。

ほとんどの人は問題解決型人間

ここまで述べたように、人は大きく「問題解決型人間」と「ゴール達成型人間」の2つに分類することができます。ゴール達成型人間であれば、どのような手順でウェブサイトを作っていったとしても、目標を達成するまで常にモチベーションを維持することができます。

ただそうはいっても、既に述べたようにほとんどの人は問題解決型人間です。つまり、目の前にやるべきタスクが設定されていなければブレてしまいます。

そのため、ウェブサイトを作成するときには、タスク設定のための構成案をまとめて先に作ってしまった方が上手くいくのです。

問題解決型人間がウェブサイトを作成するときのポイント

問題解決型の人がウェブサイトを作成するためには、長期的な目標だけでなく、短期的な目標を設定してコツコツ実践していくことが大切です。そうして積み重ねていくことで、気が付けば大量のアクセスが集まる人気サイトになっていきます。

また、問題解決型の人が効率的かつ確実にウェブサイトを完成させるためには、「やることリストを作成する」「エクセル等で管理する」という2つの具体的な実践がポイントになります。

やることリストを作成する

既に述べたように、問題解決型人間の人は、長期的な目標などをイメージすることが苦手です。そのため、短期的に行うべきことを具体的かつ明確にすることが重要になります。

例えば、ウェブサイトの作成であれば「1年後に100記事作成する」という目標よりも、「1ヶ月後に10記事作成する」の方が具体的です。また、「1週間後までに2記事書く」「今日中に1記事作成する」といった目標であれば、よりやるべきことが明確になります。

基本的に、ウェブサイトの作成で一番面倒で手が止まるのは「コンテンツを書く」という部分です。

そのため、問題解決型の人は「コンテンツを書く一歩手前までのやることリスト」の作成が重要になります。さすがに、ここまでやるべきことを明確にしていれば、問題解決型の人であっても一つずつ「やることリスト」の実践済み項目を潰していけます。

こうしたことを理解したうえで、問題解決型の人は、短期的に行うべき具体的かつ明確な「やることリスト」を作成するようにしましょう。

エクセルなどで管理する

また、サイト全体案をエクセルで管理することも、問題解決型の人にとってモチベーションを維持することにつながります。進捗状況やゴールが視覚化されることで、やる気を保つことができるのです。

例えば、作成したコンテンツの場所には色や○を付けていけば、実施した成果がより明確になります。例えば、以下のような形です。

キーワードリスト 知りたいこと 仮タイトル カテゴリー
転職 志望動機 履歴書・面接で志望動機が思い浮かばない 面接で高評価を受けて採用される志望動機のポイント 面接で受かるためのポイント
転職 資格 資格をもっていたほうが転職で有利なのか 転職を有利にするために取るべき5つの資格 転職を有利にするポイント
転職エージェント 転職エージェントを利用したい 転職エージェントを有効に活用する方法 転職サイトの使い方
転職 面接 面接突破方法を知りたい 転職時の面接で高評価を受けて採用されるための5つのポイント 面接で受かるためのポイント
転職 履歴書 履歴書の書き方がわからない 転職で採用される履歴書における3つのポイント 履歴書選考を通過するためのポイント

以上のように、既に完成した部分を色付けして区別化することが、モチベーションを維持することにつながるのです。

今回述べたように、効率的かつ確実にコンテンツを作成していくためには、コンテンツを書き始める前に構成案を練ることが大切になります。

質の高い記事を作成することが、結果としてアクセスアップにつながります。どれだけコンテンツを作成しても、「1記事1テーマ」のルールを守っていないゴミ記事であればアクセスは集まりません。アクセスアップを実現するためにも、構成案は必要です。

また、はじめに全コンテンツ(またはカテゴリーごとのコンテンツ)の構成案を作ることで、どのようなタイプの人でも、モチベーションを維持しながらウェブサイトを構築していくことができるようになります。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認