ブログやサイトに掲載する記事コンテンツを作成していく上で、事前に構成案を作ることが重要になります。コンテンツの設計図である構成案を練っておくことで、書くべき内容が明確になるだけでなく、主張がぶれなくなります。

SEOとしてGoogleの検索エンジンに上位表示されないのは、記事構成がダメだからだといえます。

例えば家を作るとき、設計図がないとガタガタの家が出来上がります。これと同じように、コンテンツ構成案がないと最終的にゴミ記事が完成されます。

これを防ぐため、必ず記事構成案が必要になります。そこで、「アクセスが集まるコンテンツ作成に必要な構成案の作り方」について、ここでは解説していきます。

SEOの観点で構成案を作成するべき理由

ブログやサイトの記事を書くとき、何も考えずにいきなりライティングを始めてはいけません。理由は単純であり、書くべき内容がはっきりしていないためです。

例えば、あなたが明日からダイエットのために「運動をしよう」と考えていたとします。明日にやるべきことは運動だと決まっていますが、運動をするにしても「有酸素運動を行うのか?」「ストレッチを実施するのか?」「筋トレをするのか?」などのように、具体的に行うことは不明確です。

これでは、当日になって「何の運動をしようか?」という段階から入らなければいけません。その結果、実際に運動するに至らないのです。

それに対して、「明日はウォーキングを15分行って、その翌日は〇〇という筋トレを15回ずつ実施する」というように、行うべきことをより具体的に決めていれば、当日に悩むことなくスムーズに運動に取り組むことができます

コンテンツを作成する際も、この例と同じことが当てはまります。書くべき内容を決めておかなければ、結局のところコンテンツを書き始めることができません。

例えば、「ダイエットが便秘に良い理由」というタイトルで記事ライティングすると決めていたとします。ただ、タイトルだけ決まっていても、「実際にどのような内容にするのか」についての詳細が決定していません。

これを防ぐのが構成案です。記事を書くとき、タイトルを決めるのは当然として、中身にどのような内容を記載するのか詳細に決めておきます。これが構成案であり、文章記事の設計図でもあります。

構成案に沿って文章を書けば主張がぶれない

さらに、構成案を考えてそれに沿ってコンテンツを作成していくと、コンテンツの主張がブレなくなります。構成案によって、既に書くべき内容や道筋が示されているためです。

その一方で、コンテンツの構成案が明確になっていないと、何を書けばいいのかを迷うことになります。

例えば、「ストレスが原因で便秘になるメカニズム」というコンテンツを作成するとします。このタイトルだけを元に記事コンテンツを書こうとすると、以下のように文章中に載せたい内容がたくさん出てきます。

  • ストレスとは何か?
  • どんなストレスがあるのか?
  • ストレスが体に与える影響
  • ストレスが便秘を引き起こすメカニズム

さらに、実際に書いていると、どんどん横道に逸れてしまい、結局「何を主張しているのかが分からないコンテンツ」となるのです

例えば、「ストレスとは何か」という小見出しについて詳しく書こうとすると、書くことができる情報は無限にあります。例えば、「ストレスによって起こる病気」「ストレスが血糖値を上げる理由」「ストレスが親子関係に与える影響」などです。

ただ、これらの内容は便秘とは関係のないものであるため、今回のコンテンツ内に記載する必要はありません。

しかし、コンテンツの構成案を練っていない状態でコンテンツを書き始めると、このような主張とは全く関係のないことまでつい書いてしまうのです。

読者を納得させる質の高い記事(=アクセスアップに効果的なコンテンツ)を作成するためには、「1記事の中に1テーマだけを入れる」ことを意識しなければいけません。このルールを破り、1記事にいくつものテーマを入れ込んでしまうと、主張がブレるようになり結果としてアクセスが集まらなくなります。

反対に構成案に沿って「1記事1テーマ」を意識し、事前に文章中に書く内容を決めていると主張がブレなくなります。そのため、記事の構成案が重要になるのです。

構成案を作らないと起こりやすい問題

構成案を練らないことで起こる問題はこれだけではありません。例えば、コンテンツ作成前に構成案を作成せずにコンテンツを書き始めると、調査という名目の単なるネットサーフィンをしてしまうことになり、コンテンツが完成しないのです。

つまり、書くべき内容が明確になっていないため、さまざまな情報が載っているサイトに目が留まり、ずっと読み続けることになります。そうしてさらに良い情報を求めてしまうようになり、結果的にネットサーフィンをするだけで時間がダラダラと過ぎてしまうのです

一方でしっかり事前に構成案を練っており、さらには構成案に沿って勉強や取材などのインプットをしていれば、短時間で効率的にコンテンツを完成させることができます。構成案を作成しない状態でコンテンツを書くことは、さまざまな問題を招く可能性が高いといえるのです。

コンテンツの構成案の書き方・テンプレート

コンテンツの構成案を一言で表すと「コンテンツの設計図」だといえます。これまで述べた通り、「各コンテンツで何を書くのか」という指針です。

そこで、具体的にコンテンツの構成案の作り方について説明します。

・ページタイトル、見出し、導入文で考える

コンテンツの構成案をさらに具体的に記すと「ページタイトル」「導入文」「見出し」の3つだといえます。これら3つが、コンテンツの骨組み・テンプレートであり、構成案となるのです。

例えば、私が運営しているビジネスサイトの記事として、以下のコンテンツがあります。

このコンテンツでいうと、冒頭部分がページタイトルになります。ページタイトルの下が導入文、さらにその下に見出し(もくじの部分)が続きます。実際には、この後にコンテンツが書いてあるのですが、まずは構成案としてこの3つの部分を作る必要があります。

ページタイトルは、サイトの全体像を作成したときに決めています。そのため、構成案では導入文と見出しという骨組みを作ることになります。

導入文と見出しは、人によって書く順番が異なります。ちなみに、私は見出しを先に作成してから導入文を書きます。見出しを作ってコンテンツの全体像を把握しておくと、導入文に入れるべきキーワードや内容が明確になるためです。

例えば今回の記事である「ブログ・サイトのアクセスアップに必要な記事構成案の作り方」であれば、構成案であるタイトルや見出し、導入文は以下のようになっています。

タイトル:

ブログ・サイトのアクセスアップに必要な記事構成案の作り方

導入文:

ブログやサイトに掲載する記事コンテンツを作成していく上で、……

これを防ぐため、今回は「アクセスが集まるコンテンツ作成に必要な構成案の作り方」について解説します。

見出し:

【構成案を作成すべき理由】

  • 主張がブレない理由
  • 構成案がない問題点

【コンテンツの構成案の書き方・テンプレート】

  • すぐに記事を書くべき
  • 文章の書き方もテンプレートがある

実際にこのコンテンツを作成したときには「ページタイトルを仮に作成する → 見出しを作る → 仮の導入文を書く」という順番で構成案をまず作り、その後に本文を書いていきました。

ちなみに、ページタイトルと導入文はコンテンツが完成した後にもう一度見直します。コンテンツ全体を作った後に再確認することで、「タイトルと導入文がコンテンツの内容と合っているか?」を判断できるためです。

ページタイトルと導入文に限ったことではありませんが、質の高いコンテンツを作成していくためには、このように何度もコンテンツを見直すことが重要になります。良い記事を作ることが結果としてアクセスアップにつながるようになるのです。

構成案を一つ作ったらすぐに文章を書くべき

そうして、「タイトル」「導入文」「見出し」というテンプレートに沿って構成案を作ったら、すぐに文章を書き始めるようにしましょう。

ブログやサイトとして記事を書くとき、キーワードを確認しながらライティングしなければいけません。例えば学生用のクレジットカードサイトを作りたい場合、「学生カード」のキーワードを洗い出して記事を作らなければいけません。

このとき、「それぞれのキーワードに対して、構成案を記事数分だけ全部作ったあと、ライティングをする」という流れではいけません。ブログやサイト運営では、どれだけ有益な記事をたくさん作れるかが勝負です。そのため、早めに記事を作ってWeb上にアップしてしまったほうが成功しやすいです。

そのため書きやすそうなキーワードを選び、構成案を完成させたらすぐにライティングを開始しなければいけません。

例えば、以下は私の外注ライターさんが構成案を作っている途中の様子になります。

記事構成案なので、最初はこのようにコンテンツがなく、タイトルや小見出しだけが並んだ虫食い状態となります。ただ、そうした内容で問題ありません。構成案を簡単に作ったあと、文章を書き始めるようにしましょう。

文章を書く順番(テンプレート)を理解する

なお、こうして構成案を完成させた後は実際に記事を書き始めるようになりますが、文章を書く順番についてもテンプレートが存在します。これをi-PREPと呼び、以下のようになります。

  • Interest(興味付け)
  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(具体例)
  • Point(結論・まとめ)

それぞれの頭文字をとってi-PREPといいます。文章の書き方として、構成案を作った後にi-PREPの順番で書くようにすれば非常に分かりやすい内容になります。例えば、以下のようになります。

ダイエットをするとき、「運動が重要だ」と分かっていても忙しさから運動できずにいないでしょうか。しかし、実は毎日たった1分の運動で劇的にやせる方法があります(興味付け)。そこで、この記事では医師を交えた医学的な観点から、効率的な運動手法を伝えます(結論)。

1分であなたが行ってほしい手法は体幹トレーニングです。インナーマッスルを鍛えることで、基礎代謝力が向上し、他に何もしなくてもやせるようになります(理由)。

これを実証するため、5名の人に実践してもらいました。このときの結果は以下のとおりです(具体例)。

このように、毎日1分の体幹トレーニングによって効果的にやせることができます(結論)

これらをより詳しく解説すると、最初の「Interest(興味付け) + Point(結論)」の部分が導入文になります。その後、「Reason(理由) + Example(具体例)」を記載していきます。

既に構成案で小見出しを作っているはずです。このとき、それぞれの見出しについて、「Reason(理由) + Example(具体例)」を述べていきます。つまり、一つの文章で「Reason(理由) + Example(具体例)」が何度も繰り返し出てくるようになります。

そうして、最後に「Point(結論・まとめ)」を入れます。まとめ部分は短く簡潔にまとめる必要があります。

分かりやすい文章を書くときはテンプレートが存在し、これに従って記載しなければいけません。そこで記事構成案を書いた後、i-PREPの順番でライティングするようにしましょう。

記事内容に取り掛かる前に文章構成案を作るべき

効率的かつ確実にコンテンツを作成していくためには、コンテンツを書き始める前に構成案を練る必要があります。

質の高い記事を作成すれば、結果としてアクセスアップにつながります。どれだけコンテンツを作成しても、「1記事1テーマ」のルールを守っておらず、話の内容がズレているゴミ記事であればアクセスは集まりません。SEO対策でアクセスアップを実現するためにも構成案は必要なのです。

なお、文章を書く前の構成案についてはテンプレートが存在します。「タイトル」「導入文」「見出し(もくじ)」が構成案に当たるため、これに沿って記すといいです。

また実際の文章についてもテンプレートがあります。i-PREPというテンプレートになりますが、この形が読みやすい文章の流れとなります。そのため構成案を作成後、正しい順番での記事作成を実践しましょう。ここまでのことを意識したうえでライティングを開始すれば、質の高い記事を作れるようになります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認