コンビニより数が多いと言われている歯科医ですが、その5人に1人が年収300万以下だとされています。つまり、どれだけ勉強をしていい大学を出たとしても現実には厳しいという事です。

これは行政書士も同じです。割と手頃に資格試験が受けられるということで、行政書士はとても人気の資格です。しかしその分だけ人数も多く、他の資格よりも年収が低い傾向にあります。

それでは、これらの業種が儲からないかと言うとそうではありません。これらの業界の中でもの凄く稼いでいる人は現実にいます。

つまり、その業界が飽和しているからどうのという事はそもそも関係ないのです。要は「その人に稼げるための能力があるかないか」ということだけです。

いくら医学知識を勉強したところで、稼げる歯科医にはなれません。腕が良い事は前提条件となりますが、それ以上に集客が出来なければいけません。さらにお客様をリピートさせることで、より売上を上げる能力も必要になります。

行政書士も同じです。行政書士の場合は一人で頑張っても限界があります。一人の力だけで年収1000万は不可能に近いです。しかし、これら行政書士の業務をシステム化させることで弁護士なんかよりもはるかに稼いでいる行政書士が世の中にはいます。

力を身に付ければ、誰でも稼ぐことができる

稼ぐことが出来なければ、税金は払えないし従業員にも負担をかけてしまいます。自分も心の余裕がありません。つまり、良いことが一つもないのです。

そのため、専門知識も必要ですが稼げる能力も必要です。これは学校で教えてもらえるものではありません。学校では机上の空論を教えてくれるかもしれませんが、実践に基づいた実学までは教えてくれないのです。

理由は簡単であり、学校で教鞭をとっている講師自体がビジネスの素人だからです。実際にビジネスを行っている人でなければ、本当のビジネス思考を教えることが出来ません。そのために稼ぐ努力をする必要があります。

時間をかけるかお金をかけるか

ビジネスで成功するには何年もの時間をかけるか、お金を払って教えてもらうしかありません。全て無料で行うのは不可能です。たとえ金銭的リスクの少ないネットビジネスであったとしても、やはりお金がかかります。

ちなみに、私は両方かけました。時間をかけてサイトを成長させ、自分よりもビジネススキルのある人に何百万ものお金を支払って教えてもらいました。その結果、サラリーマンをしながら本業の収入を超えるようになりました。

重要なのは、資格学校やMBAなどの理論を教えてもらうのではなく、実際に稼いでいる人から教えを請うことにあります。

机上の空論であれば、その場で有り難く教えてもらった理論であっても、いざ実践してみると何も役に立ちません。そのため、実際にビジネスを行っている人から学ばないとそもそも意味がありません。これができて、稼ぐための思考をようやく身に付ける事ができます。

ここからさらに実践を繰り返していくと、稼げるようになります。これは、たとえ歯科医や行政書士でも関係ありません。どの業種であっても、あらゆる分野で稼ぐための思考が身に付きます。

稼げないのは単なる言い訳であって、その人の努力が足りないだけです。それか資格学校やMBAに通うなど、勉強の仕方を間違っているかのどちらかです。

本当に学ぶべきは実際のビジネスで稼いでいる人からになります。これを間違えてしまえば、後でとても残念な結果が待ち構えることになります。これを踏まえた上で、時間かお金のどちらかをかけてビジネスを行う必要があります。

私は時間とお金の両方をかけることをお勧めしますが、最初は小さくテストを繰り返しながら行動していくことが重要になります。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認