ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ザイオンス効果:会う回数が多いほど親しくなる

 

見知らぬ人に声をかけるのはとても勇気がいります。しかし、一回でも会って話したことのある人であると、そこまで勇気はいらないと思います。これが毎日顔を合わせる人であれば、気を使う必要がありません。

 

このように、合う回数が多くなるほど緊張せずに話すことができ、気兼ね無しに頼みごとをすることもできます。

 

さらに言えば、合う回数が増えるほどその人に好感を抱きやすくなります。これは必ずしも人でなくても構いません。商品やキャラクターなどでも良いのです。

 

いずれにしても目で見たり耳で聞いたりするなど接触回数が多くなるほど、それに対して好感を持つようになることは確かです。毎日顔を合わす人を好きになりやすく、遠距離恋愛になると心が離れてしまう人が多いのはこれらの理由があります。

 

このように、触れる回数が多いほど好感を抱きやすくなる作用をザイオンス効果と呼びます。

 

 営業マンが成績を上げるためには
サラリーマンとして働く営業マンが営業成績を上げるために応用できる心理学はいくらでもあります。ただし、その中でも最低2つの心理学だけを覚えていれば何とかなります。その中の1つが返応性の法則です。「与えられたら返さないといけない」と言う心理法則を利用します。

 

会社関係で行われる接待がとても有効な手段である理由として、この返応性の法則があります。商品を売るよりも、相手に与えまくっていれば勝手に営業成績は上がっていきます。

 

そして、もう1つの重要な心理学が今回取り上げたザイオンス効果です。「返応性の法則」と「ザイオンス効果」だけ押さえて実践できれば、営業成績は何もしなくても上昇していきます。

 

接触回数が多いほど好感を持ちやすくなるザイオンス効果ですが、新規顧客の開拓を行うときに以下のどちらが有効であるか考えてみてください。

 

① できるだけ多くの見込み客を周り、一度断られた所には行かない

 

② ある程度訪問する見込み客を絞り、何回も足を運んで話を聞く

 

多くの人はこの答えに解答することができませんが、ザイオンス効果を知っている人であれば「②」が正解であると即答できるはずです。つまり、同じ場所を何回も訪問するのです。

 

別に訪問して商品を売らなくても良いです。商品を売るために訪問するのが営業ではありません。そのような営業は訪問のたびに断られて帰されるだけです。実際の営業では「訪問回数を多くすると、その回数の2乗で発注量が増えていく」とされています。

 

このように、ザイオンス効果はとても強力な営業手法の一つです。商品を買うかどうか分からない人に対して闇雲にアプローチしても意味がありません。そうではなく、商品を買いそうな見込み客に対して何回も訪問することで、ようやく営業成績が上がっていくのです。

 

 広告を出すタイミング
もし100万円の広告費があるとすれば、どのように使うでしょうか。多分、ほとんどの人は毎月少しずつ使っていくと思います。

 

しかし、これでは効果が薄いです。それではどうしなければいけないかと言うと、1ヶ月や2ヶ月など、ある一定期間の間で使い切ってしまうのです。実はこれが最も効果の高い広告費の使い方です。この理由としてザイオンス効果があります。

 

テレビCMを思い浮かべれば分かりやすいですが、ある一定期間に集中して広告を出している企業がほとんどです。いわゆる大企業はいつもテレビCMを出しているので別ですが、それ以外の企業はどれも集中して広告を出します。

 

その結果、同じ番組内で同じような広告が何回も流れ、テレビ番組を変えてもやはり同じCMが流れています。

 

これには前述の通り、「ザイオンス効果を狙う」という理由があります。ある一定期間に何回も触れることによって、そのテレビCMが宣伝している企業や製品に好感を持たせるように仕組んでいるのです。

 

そして、これと同じ事をしなければいけません。つまり、ダラダラと長期間広告費を使うのではなく、集中して広告を出していかなければいけないのです。メルマガを発行するにしても、1週間に1回メルマガを出すよりは毎日の方が効果も高いです。

 

このようにザイオンス効果を学ぶだけでも、営業マンが成績を上げる方法や広告の正しい出し方まで理解することができます。

ザイオンス効果:会う回数が多いほど親しくなる

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

「影響力の武器」から学ぶ心理学
固定的動作パターン(高級商品で勝負するためには)
固定的動作パターン(理由をつけて頼むことで行動させる)
コントラストの原理:商品を安く見せる方法
上位商品を出す本当の意味とは:極端の回避性(松竹梅の法則)
選択肢が多くなると人は買わなくなる
先に弱点を見せ、相手から大きな信頼を得る
ポイントを素早く溜めさせ、売上を上げる方法
特典の価値を上げるために
創造的な考えをチーム内に生み出す方法:反対意見を取り入れる
返応性の法則とは:与えられると返さなければいけない
返応性の法則を利用する方法:先に与えて反応率を上げる
自分よりも上のレベルの人と親しくなる唯一の方法
拒否された後に譲歩(ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック)
一貫性の法則:積極的なコミットメント
クロスセルと一貫性の法則
フット・イン・ザ・ドア・テクニック
コレクター精神:欠けていると気になって集めてしまう
「社会的証明の原理」によるメッセージ
社会的証明の原理を利用して人を動かす
ラベリング・テクニック:言葉で人を変える方法
集団的無知による社会的証明の原理
オークションに出品する時の値段設定:安くするか高くするか
名札を付けて鏡を置けば正しい人間になる法則
3ヶ月待ちの商品を作る本当の意味:製品の期待度を高めて売る
類似性:似ていると好感を持ちやすくなる
サプライズによって顧客満足度を上げる:キャンディーの価値
真似をすることで好感を得るためには
想像のしやすさが好意の度合いを分ける
バーナム効果:誰でも占い師になれる理由とは
人は権威によって動かされる:機長症候群
権威付けの証明:他の人に説明してもらう
連合の法則:虎の威を借りて自分を良く見せる方法
希少性(限定性)の原理:人を行動させるには
得られる物よりも、失う恐怖の方が大きい:損失回避性
値上げは悪い、失うのは最悪:希少性の原理