公園に立ち寄った時に「芝生の中に入らないでください」という警告がされていることがあります。しかし、この警告の仕方を間違えてしまうとマイナスに働いてしまうことがあります。

これは「みんなが行く方向に自分もつられてしまう」という社会的証明の原理を深く理解すれば見えてきます。

この本質を学べば、張り紙を作る時にどのようなキャッチコピーにしなければいけないかが分かるようになります。

トイレでのキャッチコピー

あなたが公共トイレを利用した時に、次のような張り紙を見たことはないでしょうか。

・いつもキレイに使用してくださり、ありがとうございます

これは社会的証明の原理を利用した良い例となります。「いつもキレイに使用してくださり」と言うことで、全員がそのトイレを汚さずに使っていることを想像させることができます。

みんながキレイに使っているため、社会的証明の原理に従えば「自分もキレイに使わないといけない」という心理が無意識のうちに働きます。そのため、トイレは良い状態に保たれる可能性が高いです。

それでは、これが以下のような張り紙であればどうでしょうか。

・ゴミや吸殻を捨てられて困っています。是非とも持ち帰ってください

このキャッチフレーズはむしろ逆効果であり、ゴミや吸殻をポイ捨てすることを助長してしまいます。これを見た人は「多くの人がポイ捨てしているのか」と考えて、自分も同じような行動を取ってしまいます。

しかし、多くのキャッチコピーは悪い事を促してしまう文章が書かれています。少しでも心理学を勉強すれば、これまでどれだけ間違いを犯していたかに気が付くと思います。

どのように言葉を変えれば良いか

このように言葉が少し違うだけで、その後に人間が取る行動には大きな違いが生まれてしまいます。これを理解した上で世の中を見渡してみると、間違ったキャッチコピーが多く見受けられます。

・ここでタバコを吸わないでください

・この建造物にキズをつけるのは止めてください

本当にこれらの行為を止めて欲しいのであれば、「多くの人は正しい行動をしていますよ」という事を伝えなければいけません。

例えば、「ここでタバコを吸わないでください」ではなくて、「みんなが利用している100m先にある喫煙所をご利用ください」となります。

また、「この建造物にキズをつけるのは止めてください」ではなく、「みんなが大切に扱ってくれているため、この建築物は今でもキレイなままです」と直します。たったこれだけですが、大きな違いが表れます。

キャッチコピーを直す前であれば、むしろ悪い行為を助長させてしまいます。先ほどの例であれば、キャッチコピーを見た人は「多くの人がタバコを吸ったり、建物にキズをつけたりしているのか」と思うためです。

そして、このキャッチコピーにつられて悪い行動に走ってしまう人が出てしまいます。これに気が付かなければ、より傷口が広がってしまいます。しかし、キャッチコピーを考えた人にはその理由が分かりません。

このように考えれば、あらゆるキャッチコピーで多くの人が間違いを犯している事に気が付きます。少なくとも、あなたはこのような間違いをしないでください。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認