人がなぜ行動するのかを学ぶ学問として「心理学」があります。ネットビジネスに限らず、心理学を学べばあらゆる分野に応用することができます。

例えば、テレビCMでの繋ぎの部分やマンガの最後に謎の人物の後姿だけが描かれて終わるなど、次の場面が気になって仕方がないような雰囲気で終了した事はないでしょうか。多分、頻繁にあると思います。

また、他の人に親切にされたら「その人のために何かしてあげたい」と思ってしまったことはないでしょうか。

これには全て理由があります。これを学ぶのが心理学であり、ビジネスで必須の学問となります。

ビジネスではお客様に商品を購入してもらうことが必要不可欠となります。この時、心理学を知っていればお客様を購買へと導くことができます。

「買ってください!!」と頼んだところで誰もお金を払いません。しかし、人の深層心理に基づいて導いていけば、お客様はお金を払ってくれます。ほとんどの人は心理学に基づいて商売を行わないため、稼げない人が多いのも事実です。

「影響力の武器」から学ぶ

心理学を学ぶための書籍として「影響力の武器」が有名です。他にも「シュガーマンのマーケティング」、「現代広告の心理技術101」などがあります。

これらを学んで自分に応用することで、人を購買へと誘導することができるようになります。 別にビジネスに限らず、「好きな人を振り向かせる方法」や「リーダーシップを取って後輩に尊敬される方法」など、テクニックを扱う本は全ては心理学に基づいています。。

そのため、本当の事を言えばこれらテクニックを扱う本を読むのはとても非効率です。なぜなら、心理学さえ学べばこれらテクニックを扱う本全てに応用することができるからです。

「恋人を作るために異性に声をかける」など実際に行動できるかどうかは別問題ですが、その原理原則は心理学が基となっています。心理学を学んだ上でこれらテクニックに関する本を読めば、既に知っていることばかりが書かれていることに気が付きます。

ビジネスを含めて人間が関わる部分を何とか改善させたい場合、とにかく心理学だけを勉強してください。

コピーライティングとして文章の力だけで人を動かす場合、心理学の知識が必要になります。リアルビジネスでも資料請求や商品購入をさせる時、心理学に基づいて誘導すれば売上が簡単に上がります。

世の中に出回っているテクニックのほとんどは心理学を学べば解決します。

心理学が全てではありませんが、多くの人に当てはめることができます。、たとえ心理学について勉強していたとしても、私であっても心理学に従った行動を取ってしまいます。それくらい強力な学問です。

そのため、これを知っているのと知らないのではその後のビジネスに限らず、人生においても大きな損をしています。

例えば自分に協力してもらいたいとき、どのようにして相手に頼めば自分のために動いてくれるか答えられるでしょうか。集会に人を集めないといけない時、どうすればできるだけ多くの人が喜びながら集会に足を運んでくれるか説明できるでしょうか。

もしこれらが分からないのであれば、心理学を学ぶべきです。そうすれば、世の中の仕組みが見えてきます。

心理学を学ぶ意義

あらゆる企業活動でも心理学が応用されています。人気商品が発売されたと思ったら、なぜか「品薄のため店の前で並んでいる行列」がテレビに映し出されることがあります。

他にも、何でもない商品でも「○月○日で販売終了します」と告知することで、爆発的に売ることができます。別に何も言わずに終了すれば良いのですが、なぜわざわざ告知をするのか考えたことはないでしょうか。

これらは全て意味があります。

心理学を学べば、これらあらゆる企業が行っている活動の意味を見通すことができます。逆に知らなければ、いつまで経っても情報弱者として企業の戦略に転がされたままとなります。

要は知っているか知らないかの違いです。欲を言えば、これら心理学を知っている上で応用できるかが重要となります。

前述の通り、心理学はビジネスを行う上での必須の学問となります。ビジネス書にはさまざまなテクニックが書かれていますが、全て意味がありません。

結局のところ、これらのビジネス書に書かれていることの大元は心理学なので、まずは心理学を学んでください。

なお、心理学を学ぶ上で重要となる必読書として「影響力の武器」など様々な古典があります。「影響力の武器」はとても読みやすい本ですが、とても分厚いです。そこで、これら心理学について書かれている書籍よりも分かりやすく、よりコンパクトにして心理学を解説していきます。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認