cccc2

ウェブサイトやブログの運営を考えるとき、まずはアクセス数を増やすことを考えます。ただ、中には多くのアクセス数があるにも関わらず、問い合わせがまったくないことがあります。つまり、サイトを活用して多くのアクセスがあるにも関わらず、集客に繋がっていないのです。

なぜ、大量のアクセスがあるウェブ媒体であっても、売上増にならないのでしょうか。それは、コピーライティング(お客様を成約させるための文章)がしっかりしていないからです。サイトからの集客を考えるとき、2種類の文章が存在することを理解しなければいけません。

アクセスを集める文章と成約させる文章

ウェブでの記事作成を考えるとき、「アクセスを集める文書」と「コピーライティング(成約させる文章)」の2つが存在します。どちらが欠けても、サイトやブログの運営で集客することができなくなるため、両方が優れたレベルでなければ問い合わせはありません。

まずは、アクセスを集める文章について解説していきます。サイトやブログ運営では、良質なコンテンツを提供する必要があります。訪問者にとって有益な情報を提供することが、結果として長期的に大きなアクセスを集めることに繋がります。

どのように文章作成を行えばいいのかについては、ビジネス書を参考にしてください。または、実用書や新書でも問題ありません。要は、書籍と同じ文章構成でウェブサイトを構築していけば問題ありません。

このとき、有益な内容をできるだけ詰めるものの、中学生でも理解できるような優しい内容に仕上げる必要があります。自己満足の内容ではなく、誰が読んでも「役に立った」と思えるような内容にしなければ意味がありません。そうして、情報サイトを構築していきます。

ただ、アクセスだけが多くてもダメであり、そこから問い合わせにつなげなければいけません。いくら大量のアクセスがあったとしても、成約させなければ意味がないのです。そこで、ある程度のアクセスがあるにも関わらず、問い合わせが少ない場合はコピーライティングを見直さなければいけません。

お客様を成約させるためには、適切な導線を張る必要があります。スムーズに成約させて問い合わせにつなげるためには、コピーライティング(成約させる文章)を綿密に練ることで、ようやく少しずつ売上が上がるようになるのです。

広告ばかりを出しても無意味

なお、ビジネスでは広告を出すことでアクセス増を図るケースも多いです。ただ、いくら広告出稿によってアクセスばかり増えても、それが売上増につながらなければお金をドブに捨てているのと同じです。なぜ問い合わせがないのかというと、前述の通りコピーライティングが不十分だからです。

そういう意味では、やみくもにアクセス増だけを考えてはいけません。あなたのウェブサイトやブログを訪問した人が高い確率で成約するように、ウェブサイトを洗練させる必要があります。

ただ、ここで注意点があります。それは、コピーライティングを自ら学んで成約率の高い文章を考えようと努力しても、それを実現するためには何年もの時間を必要とすることがあります。

アクセスを集める文章であれば、適切な指導さえ受ければ数か月でかなりまともな文章を書けるようになります。しかし、コピーライティングであれば、何年もの修行が必要になるのです。

こうした事実を考えたとき、あなたがコピーライターでないのであれば、自ら勉強してサイトの成約率を上げようと頭を使うのは時間を大きく浪費することになります。その場合、お金をかけてでも世の中に存在する優秀なコピーライターに頼むことで、成約率の高い文章を書いてもらう必要があります。

例えば当社の場合、ウェブ集客であれば多くのコピーライティング実績があります。どのようにサイトやブログから問い合わせの導線をつなぐのかについて、多くの企業と打ち合わせをして成果を出してきました。

ただ、中にはコピーライティング以前の問題を抱えている法人も存在するため、その場合はより根本的なことから修正していくこともあります。

いずれにしても、ウェブサイト運営を行う以上は問い合わせがなければ意味がありません。適切な集客を行い、サイト構築によって大きな利益を出すためには、「アクセスが集まる文章」と「成約させる文章」の2つが存在することを理解し、両方を満たしたウェブ媒体を構築するように心掛けてください。

アクセスアップを図ろうとするほど、ウェブ集客は難しくなる

それでは、コピーライティングを実装すればやみくもにアクセスを集めてもいいのかというと、必ずしもそうではありません。

サイトやブログを運営して記事更新するとなると、多くの人はアクセスアップを図ろうとします。ただ、実際のところウェブ媒体を運営し始めた最初の方で、いくらアクセスを集めようと頑張ったとしても意味はありません。それどころか、アクセスアップによって悪影響を及ぼしてしまいます。

なぜ、ウェブ集客で最初にアクセス増を考えてはいけないのでしょうか。また、なぜアクセスアップがビジネスでの障害になるのでしょうか。これには、明確な理由があります。

アクセスアップで訪問者をガッカリさせてはいけない

広告を出さない限り、できたてのサイトやブログにアクセスが集まることはありません。当社は月に何十万ものPVを誇るウェブサイトをいくつも保有していますが、そうしたサイトであっても最初はまったくアクセスが集まらない状態からスタートしています。

イメージとしては、たくさん頑張って有益な記事を更新し続けたとしても、実際にアクセスが集まって集客できるようになるためには、どれだけ早くても半年は必要になると考えてください。

そうして自然にアクセスが増えていったサイトやブログであれば、そこにはたくさんのコンテンツが詰め込まれているため、訪問者は満足してくれます。ただ、これが作られたばかりのサイトであり、コンテンツが乏しければどうでしょうか。

この乏しい状態で広告を出したり、友達に声をかけてサイトを見てもらうように仕向けたりしたとしても、そこに有益なコンテンツがなければ訪問者はガッカリしてしまいます。その結果、二度と同じウェブサイトにアクセスすることはありません。もちろん、問い合わせにつながることで売上増に貢献することもありません。

こうした状態を避けるためには、自然のアクセス増だけを狙う必要があります。つまり、特に最初はウェブ媒体へのアクセス数などはまったく考えずに、未来を信じて有益な情報発信だけを心掛けるようにすればいいのです。

アクセス数ばかり気にしている状態では、自分の利益だけを考えているといえます。そうではなく、訪問者にとって何が有益になるのかを考え、努力の方向性をお客様の利益にもっていけば、そこまでアクセス数は気にならなくなります。

そうして行動を重ねていくことによって、気がつけば月に何十万PVものアクセスを集める人気サイトになっていたというのが正しいやり方です。

ウェブ集客によって売上を増やす

そうして、実際に莫大なアクセスを集めるウェブ媒体を構築するようになると、広告や口コミによってわずか数十アクセスを得るために頑張っていた労力が馬鹿らしく思えてきます。つまり、何十万PVも集まるようになると、アクセス数自体があまり気にならなくなります。

ここまでくれば、後はコピーライティング(お客様に問い合わせさせるための導線)をしっかりと組み込むだけです。そうすれば、たとえ放置であってもあなたの商品やサービスが勝手に売れていくようになります。自動収益化による不労所得を得る方法というのは、最初に苦労して後は自動化させることによって実現できるのです。

なお、起業家のように商品すらない場合、最初に商品開発を行う必要があります。ただ、こうしたウェブ媒体をもっている場合、サイトやブログを訪問する人(見込み客)に対して、「どのような悩みを抱えているのか」を聞くことができます。ここから、「その悩みを解決するサービス」を考えだせば、確実に売れる商品を提供できるようになります。

そうすれば、ゼロの状態であっても起業して大きく稼げるようになります。このように情報サイトは、既に商品をもっている法人だけでなく、ゼロベースの人であってもかなり有益な媒体になります。

サイトやブログを運営するとき、最初はアクセスアップを考えずにひたすら有用な情報の提供だけを考える必要があります。そうしてアクセスが集まった後、商品開発やコピーライティングを導入します。そうして売上増を図っていけば、ビジネスでリスクなく大きな利益を生み出せるようになります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録