desk-603026_640

自社のビジネスを拡大させたい場合、自社メディアを作成することが重要になります。なぜなら、自社メディアをビジネスに取り入れることで、さまざまな恩恵が得られるからです。

自社メディアを活用することで得られる主なメリットには、「広告宣伝費なしで、自社の露出を増やせる」「お客様をファン化できる」「お客様に専門家として信頼される」といったものがあげられます。そこで、自社メディアを使う場合の利点について、より詳しく解説していきます。

広告を出さなくても、自社の露出を増やせる

自社メディアを活用するメリットの一つとして、「広告費をかけずに、自社をアピールできる」ことがあげられます。

世の中の雑誌や新聞、テレビなどに広告を出す場合、それがたった一度であっても多額の広告宣伝費が必要になります。例えば、新聞の見開きの広告を一度出す際にかかる費用は、地方紙で100~300万円ほどになります。さらに、全国紙の新聞の一面に広告を出す場合には、2000万円もの大金が必要になります。

圧倒的な実績と資金力を持つ大企業であれば、こういったメディアに広告を出していっても問題ないかもしれません。その一方で、資金力に乏しい中小零細企業の場合、広告を出すことが困難であるケースが多いです。

その一方で、自社メディアをビジネスに活用することによって、広告費を1円も使わずに自社の露出を拡大させることができます。しかも、永続的にあなたのコンテンツをお客様に公開し続けることが可能になります。

確かに、自社メディアを用いるためには、ウェブサイトを作成する費用や労力がかかります。しかし、自社メディアの立ち上げと維持にかかる代金は、雑誌や新聞などに広告を出すよりもはるかに小さな金額です。

また、自社メディアの作成にかかる労力も、一つの広告を企画・作成するときに比べれば、決して大きくはありません。

つまり、自社メディアを作成・活用することで、広告宣伝費に大金をつぎ込むことよりも少ないリスクで、大きなリターンが得られるのです。

お客様をファン化できる

自社メディアを使って有益な情報を発信し続けていると、その情報を欲するお客様が次第に集まってくるようになります。そして、集まったお客様は「これだけの有益な情報を無料で提供してくれてありがたい。この会社が扱う商品(サービス)は、きっと素晴らしいものに違いない」と思ってくれるようになります。

その結果、お客様があなたのファンになってくれるのです。

ファン化したお客様は、あなたが扱う商品(サービス)に関する良い口コミを流してくれるようになります。すると、その口コミによって、さらに多くのお客様があなたのウェブサイトを閲覧してくれるようになります。その結果、あなたが扱う商品(サービス)が多くのお客様に購入され、利益が跳ね上がるようになります。

お客様に専門家として信頼してもらえる

専門知識を分かりやすくした上で自社メディアにコンテンツを掲載することで、お客様は「あなたの会社が持つ専門性」を認識してくれるようになります。そして、あなたのことを「信頼できる専門家」として見てくれるようになるのです。

これにより、お客様は「この会社は専門知識が高いから、商品(サービス)を購入するなら、この会社からにしておけば安心だ」と思ってくれるようになります。このような形で、多くのお客様の信頼を得ることができれば、たとえ競合が安い値段で商品(サービス)を販売していたとしても、あなたから買ってくれる人がたくさん現れるようになります。

このように、自社メディアをビジネスに取り入れることで、広告費がかけられない会社であっても、露出を増やすことができます。その上、多くのお客様をファン化することができ、さらに専門家としての信頼を構築することができます。

これにより、多くのお客様があなたを選んでくれるようになります。その結果、あなたのビジネスを大きく発展させることができ、会社の利益を伸ばすことができるようになります。

無料のサイト・ブログ作成での運営はビジネス利用に不適

ただ、中には不適切な方法で自社メディアを作ろうとする人がいます。この代表としては、無料サイト・ブログの作成サービスです。

インターネット上でウェブサイトやブログを運営するとき、他の会社が提供している無料ブログなどを利用する人は多いです。ただ、ビジネス目的でサイト運営を行う場合、無料サービスを用いたレンタルサーバーやドメインを使用してはいけません。完全無料でネット集客をしようとすると、後で必ず大きな失敗をしてしまいます。

それでは、なぜ無料でのサイトやブログの運営がビジネス利用に不適なのでしょうか。これは、そうした無料サービスは自由度が低かったり、資産の構築にならなかったりするからです。

無料サービスでは自由度が少ない

無料ブログや簡単に設置できるサイトなどでは、あらかじめテンプレートが用意されていることが多いです。一見すると、こうしたサービスは利用者のためになるような気がします。

もちろん、趣味のブログを立ち上げるなど自己満足のために運営を行うのであればそれで問題ありません。ただ、これがビジネス利用でのサイトやブログであると、既に用意されたテンプレートを活用するのはかなり微妙です。他と似たような、かわり映えしない店にあなたが入ろうとしないのと同じように、どこかで見たことのあるサイトやブログでは、アクセスしてくれた訪問者をガッカリさせるだけです。そのため、独自のデザインを考えなければいけません。

もちろん、デザイナーが考えるような凝ったウェブデザインは必要なく、ある程度の質をクリアしていれば問題ありません。ただ、いずれにしても用意されたテンプレートの活用は避けなければいけません。

しかしながら、無料サイトやブログであると、自由度が低いためにあなたの思い通りにデザイン変更できないことがほとんどです。その結果、他と似たウェブ媒体が構築され、かなり微妙な状態になってしまいます。

資産構築を目指すのがウェブ戦略の基本である

また、無料サービスでは致命的な欠点があります。それは、「資産を構築できない」という問題点です。この欠点があるため、そもそも無料サービスを利用する意味がありません。

資産とは、「何もしなくても自動であなたにお金をもたらしてくれる媒体」を指します。例えば、当サイトは放置で莫大なアクセスを集め、お客様からの問い合わせをもらいます。まったく自ら行動せずに高単価なお客様が集まるため、かなり重要な資産だといえます。こうした資産をウェブ上に構築するのがサイトやブログ運営での基本です。

ただ、無料サービスでは急にサイトを消されてしまうことがあります。ビジネス目的の利用を許可していないブログサービスであれば、ある日サイト・ブログが管理会社によって消されていたということが頻繁にあるのです。もちろん、急に管理会社の利用規約が変わることで「違反」と判定され、消されることもあります。

他には、管理会社がサイトやブログの無料サービスを中止することもあります。

無料利用なので、基本的にはサービス中止に抗議することもできません。無料サイトやブログのサービス自体がなくなれば、当然ながらあなたがそれまで頑張って運営してきたウェブ媒体はゼロからのスタートになります。アクセス数がまったくない状態からの再チャレンジになることを考えれば、それまでの努力がすべて無駄になります。

このように、無料サービスで構築したサイトやブログというのは、資産になることがありません。頑張ってウェブサイトを育てて集客できるようになったとしても、ある日を境にウェブサイトを消されることがあります。また、無料サービスの提供停止が決まったり、運営会社自体が倒産したりしても、それまで頑張ってきたものが無意味になってしまいます。

こうした事実があるため、必ずウェブサイトやブログは「独自ドメイン」で運営しなければいけません。要は、誰にも影響されない「あなた独自の媒体」を育てる必要があります。

ビジネス利用で無料サービスを活用するのは非常に危険です。自由度がないだけでなく、将来の資産を構築することができません。そのため、最初は大変かもしれませんが、他の媒体に依存しない自社媒体を育てることだけに注力しなければいけません。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認