computer-414056_960_720

動画を撮影する場合に気をつけなければならないものとして、肖像権や著作権などの権利の問題があげられます。

そして、これらの知識を持たずに映像を撮影して公開した場合、たとえその気がなかったとしても、「何らかの権利を侵害する違法な動画を発信していた」ということになりかねません。このことが公に発覚したとき、企業のイメージが大きく損なわれてしまいます。そして最悪の場合、倒産へと一直線に突き進んでしまう可能性があります。

そのため、動画制作を行う場合には、どのような権利の問題が起こりそうかをあらかじめ知っておき、それらの権利を侵さないように注意する必要があります。特に野外撮影ではこうした権利について深く知っておく必要があります。

動画の撮影には肖像権が関係する

映像を撮るシチュエーションの一つとして、市街地などの屋外でロケを行うケースがあります。この場合、撮影時に移り込んだ風景や人などによって肖像権が関係してきます。

肖像権は、人の顔やキャラクターのデザインなどの権利を指します。つまり、動画を撮った際に、撮影とは無関係の人の顔が映った場合、その人の許可を撮らずに動画をアップロードすると、肖像権の侵害になってしまいます。そのため、屋外での撮影を行う場合には、肖像権を犯すことがないように配慮しなければなりません。

肖像権は野外撮影のときに注意すべき

また肖像権は、人やキャラクターなどに限らず、店舗の看板などにも発生します。つまり、屋外で撮影する場合には、人だけでなく看板なども映り込まないようにしなければなりません。あるいは、モザイク処理などで隠さなければいけません。

このようなことを言うと、「テレビ番組で頻繁に看板が映り込んでいるけど、これはどうなの?」と感じる人がいるかもしれません。実は、テレビ番組として放映される映像の場合、「公共の利益が優先される」という名目で許されています。そのため、テレビ番組の場合には看板などが映り込んだとしても、許可を取ったりモザイク処理をしたりする必要がありません。

しかし、個人や企業が撮影する動画の場合、公共の利益とは無関係です。そのため、肖像権が発生しているものが映り込んでしまう場合には、あらかじめ許可を取るかモザイク処理をしなければなりません。

音楽を使用する場合には、著作権と原盤権が関係する

動画を制作する場合、企業や事業者によっては「動画に音楽を採り入れてみよう」と考えるかもしれません。そしてこのとき、他人が作成した音楽の使用を検討する場合には、著作権原盤権のことを理解しておく必要があります。

まず著作権についてですが、これは音楽に限らず、人が手掛けた作品すべてに発生する権利になります。そして、これらの作品を勝手に使うことはできません。つまり、有名な歌手やバンドを含め、他人が作った楽曲を無断で動画に使用することはできないのです。

音楽の著作権はお金を払って解決する

音楽における著作権の問題は、それを管理している著作権管理団体に一定のお金を払い許可をもらうことによって、回避することができます。

しかし、著作権管理団体は複数存在しており、楽曲によっては数多くの団体に登録しているケースがあります。このような場合、その音楽が登録されている著作権管理団体すべてに問い合わせ、お金を払って許可をもらわなければなりません。

また、ネット上に存在する動画共有サイトのなかには、著作権管理団体と提携している場合があります。このケースであれば、比較的スムーズに「著作権が発生している音楽」の使用を許可してもらえます。

元の音楽の使用では原盤権も存在する

音楽の使用には、著作権のほかにも原盤権が関係します。原盤権は、レコード会社が保有しています。そして、世の中に存在するマスター音源全てに原盤権が発生します。

例えば、有名アーティストなどが手掛けたオリジナル曲をそのまま使用したい場合には、その音源が登録されている全ての著作権管理団体だけでなく、レコード会社の許可も得られなければなりません。

また、他人が作った音楽を使用する場合、その使い方によってどのような権利が関係するかが異なります。例えば、有名アーティストの曲の譜面を見ながら自分で演奏し、その様子を映像化する場合であれば著作権だけが関係します。

その一方で、自分が演奏している映像のBGMとして、オリジナルの曲をそのまま使用する場合には、著作権だけでなく原盤権の問題をクリアしなければなりません。

このように、映像制作で映り込む人や看板などには、肖像権が発生します。また、動画の制作時に他人が作った曲を使う場合、著作権や原盤権が関係してきます。企業のイメージを損なわないためにも、これらの権利を侵さないように十分配慮した上で、動画制作を行うようにしてください。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中