趣味でサイトやブログ運営をしている人であれば、ハンドルネームで運営を行っても問題ありません。ただ、ビジネス目的でインターネットを活用するとなると、誰もが必ず悩むことがいくつも出てきます。

その中の一つが「ネット上に名前や顔を公開すること」です。実名や顔写真を載せるのはリスクではないかと最初は不安になるものです。そこで、どのように考えてビジネスでインターネットを活用すればいいのかを学んでいきます。

名前や顔をネット上に載せても問題ない

私の場合、インターネット上に本名を公開しています。顔写真も載せているため、どのような人が運営しているのか一瞬で分かります。

それどころか、現在は法人化しているので登記情報を調べれば会社の住所まで分かります。そういう意味では、調べようと思えばかなりの情報が出てくるはずです。

それでは、こうした情報を公開して変な手紙が届いたり電話セールスがくるようになったりしたかというと、そのようなことはほとんど起こっていません。結論をいえば、インターネット上に名前や顔、さらには住所などを掲載しても問題を生じることはほぼないと考えてください。

ビジネス初心者であるほど、「ネット上に公開するのはリスク」と考えてしまいがちです。ただ、実際に行ってみれば大した問題ではないことに気が付きます。名前や顔を公開して変な事件が起こるのではないかと想像するのは、杞憂(天が落ちてくるのではと心配すること=無用な心配)であると認識してください。

ただし、例外はあります。それは、副業が禁止されている会社で働くサラリーマンです。この場合は名前や顔を伏せてください。変な手紙や電話は前述の通りほぼありませんが、会社から「副業をしているのでは」と呼び出しを受ける可能性があるからです。

ビジネスを始めるとき、私は必ず「サラリーマンの時と同じくらい稼げるようになってから起業してください」とアドバイスします。会社員をしながら稼げない人が会社を辞めたところで、稼げるようになるとは到底思えないからです。

こうした例外はあるものの、サラリーマンでないのであればネットビジネスを始めるときはハンドルネームではなく、必ず実名と顔写真を公開してください。これくらいのリスクを取れないのであれば、ビジネスをする資格はありません。

なお、中には会社員であっても実名や顔を公開している人もいます。このような人はリスクを取ることの重要性を理解しているため、成功しやすい傾向にあるように思います。

わずかなリスクでブランディングする

リアルの場で会うと、信頼関係を築きやすいです。一方、インターネット上だけであると信用してもらいにくいです。サイト上だけで商品を売るのが難しい理由はここにあります。

ただ、名前や顔だけでなく、運営者の生い立ち、さらには何を考えてビジネスを行っているのかなどを詳細に記載すれば、ある程度は親近感をもってくれます。これが、信用につながります。本名や顔写真がなければ、こうしたブランディングは難しいです。

これはあなたの行動をみればわかります。あなたは、顔写真がなくハンドネームで運営している人のサイトやブログに訪れたとき、無条件でその人のことを信用するでしょうか。普通に考えてまずありません。

ただ、名前や顔を載せてあり、大量の有用な情報が提供され、詳細な生い立ちまで記載されていればどうでしょうか。ネット上から申し込みを行う場合、「ハンドルネームで運営している謎の人ではなく、名前や顔まで公開して信用できる人に頼もう」と考えるのが普通です。

ハンドルネームを捨てて名前と顔を公開するのは、わずかなリスクです。ただ、このリスクを取ることによって、圧倒的にインターネット上で商品を売りやすくなります。

ビジネスをするとなると、リスクを取らなければいけない場面がいくつも訪れます。その中でも、名前や顔の公開は最小のリスクで大きな結果を得られる手法の一つです。まずは、こうした小さいリスクを背負うことから始めて、ビジネスで稼げるようになるための階段を少しずつ登っていくようにしましょう。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録