startup-593315_640

会社が自社の取り組みや扱う商品、企業理念などを紹介するためのウェブサイトのことを、企業サイト(コーポレートサイト)といいます。このとき、何の戦略もなしに企業サイトを構築してはいけません。

集客できたり、商品を購入してくれたりと、ブランド価値の向上や売上貢献に寄与するコーポレートサイトを作り上げる必要があります。

このときはキャラクター設定をしなければいけませんし、集客と収益化に特化したライティングを行わなければいけません。サポートページの用意も必要です。そのために必要な知識について解説していきます。

信頼されるような企業サイトに仕上げる

企業サイトを作成する場合にとくに重要なこととして、「お客様の信頼を得られるようなものにする」ことがあげられます。これができていないと、お客様がこちらのオファーに応じてくれる可能性が低くなります。なぜなら、信頼できない企業や経営者から、誰も商品やサービスを買いたいとは思わないからです。

企業サイトに載せるべきものとして、企業の代表の写真とあいさつや、企業の所在地などがあげられます。つまり、これらを紹介するページを企業サイト内に含めておき、「どの場所でどのような経営者が活動しているのか」を示すよう明確にするのです。これにより、代表の写真などを載せない場合に比べて、お客様の信頼を得られやすくなります。

ただ、例えば「代表あいさつ」などで、本当に「軽いあいさつ」だけで終わっている企業が多いです。これでは意味がなく、「なぜそのビジネスをしているのか」「どのような考えで事業に取り組んでいるのか」などの理念を語る必要があります。

そうして、企業サイトでお客様との信頼関係を構築した上で、商品販売などのオファーをすることにより、お客様が購入に至る可能性が高くなります。

扱っている商品やサービスについて紹介する

企業サイト(コーポレートサイト)を構築する場合、どのような商品やサービスを提供しているのかを明確に示す必要があります。なぜなら、扱っている商品やサービスの紹介がないと、それについてお客様に気づいてもらえないからです。

例えば、あなたがサプリメントを販売する会社を経営していたと仮定します。そして、企業サイトを運営しており、健康に関する有益な情報コンテンツを、多数掲載していたとします。その一方で、扱っているサプリメントの情報がサイト内のどこにも書かれていない場合、それを見たお客様はどう感じるでしょうか。

多くの場合、お客様は「健康についてたくさんの有益な情報が載って便利なサイトだ。でも、この会社はどのような商品を扱っているのかが分からない」と考えます。そのため、お客様は商品の存在を知ることなく、必要な情報を仕入れただけで離脱してしまいます。これでは、ビジネスとして成り立ちません。

こうした事態を避けるためにも、企業で提供している商品やサービスについて、はっきりと示すようにすることが大切です。

提供する商品やサービスの購入につなぐための導線を仕込む

また、企業サイト内で自社商品や自社サービスを紹介する場合、その内容を分かりやすい言葉で明確に示すことが重要です。そうした上で、お客様が商品やサービスを購入したくなるように、収益化の導線を組み込むようにします。

例えば、あなたがダイエット器具を販売する企業を運営していたと仮定します。そして、企業サイトを保有しており、そのサイト内に扱っている商品を説明するページがあったとします。このとき、「ダイエット器具の使い方」「器具の使用における注意事項」など、扱う商品の特徴だけが載っていた場合、それを見たお客様はどう感じるでしょうか。

この場合、多くのお客様は「こういう商品があるのか。でも本当に効果があるのか分からないから、買うのは控えておこう」と考えます。そして、扱っている商品を購入することなく、自社サイトから離脱してしまいます。

こうした事態を避けるためにも、企業サイト内で扱っている商品やサービスを紹介する場合には、お客様がそれを欲しがるような情報を記載する必要があります。

例えば、商品やサービスによって得られるメリットや、実際に効果を実感したお客様の声などを企業サイト内で明確に示すのです。このように明示することで、より多くのお客様が商品やサービスに興味を抱きます。その結果、利益を出せるようになります。

ウェブ媒体の運営におけるキャラクター設定の重要性

このように、企業サイトを作成する場合には、代表の写真や企業所在地などを載せることが大切です。これにより、お客様との信頼関係を築きやすくなります。

また、企業で扱う商品やサービスの情報をサイト内でわかりやすく明確に示すことが大切です。そうすることで、お客様に自社で扱っている商品やサービスについて、知ってもらうことができます。さらにこのとき、お客様が商品を欲しがるような情報を載せておけば、売上を出せるようになります。

ただ、何も考えずに情報発信すればいいわけではありません。サイトやブログなどのウェブ媒体を運営する場合に必要なこととして、情報発信者の「キャラクター設定」があげられます。つまり、ウェブ媒体を使って情報発信をする際に、そのキャラクターに合わせた文章を構成するのです。

このとき、キャラクターの設定にそぐわない記事を書いてしまうと、お客様の共感を得られません。そして場合によっては、お客様に不信感を与えてしまいます。

このような事態を避けるためには、適切なキャラクターを設定した上で、情報コンテンツを作成することが大切です。

ターゲットに合わせたキャラクターを設定する

サイトやブログなどのウェブ媒体を運営する際のキャラクターは、ターゲットに合わせたものに設定する必要があります。これにより、お客様の共感や信頼を得ることができます。逆に、ターゲットにマッチするキャラクター設定にしなければ、お客様からの共感が得られず、さらに不信感を抱かれる恐れがあります。

例えば、あなたがダイエットサプリメントの販売会社を運営していたとします。そして、自社メディアを使ってダイエットサプリメントに関する有益なコンテンツを発信していたとします。このとき、あなたの自社メディアにおける主な情報発信者のキャラクター設定が、「太った男性」であればどうなるでしょうか。

この場合、お客様のメリットになる情報コンテンツをどれだけ発信していたとしても、お客様の共感や信頼を得られない可能性が高いです。なぜならお客様は、「太った男性が提供する情報や商品では、実際に効果があるのか疑わしい」と判断するからです。

そもそも、ダイエットサプリメントを購入するお客様の多くは「太った女性」になります。

そのため、太った男性から発信された情報コンテンツでは、さらに共感が得られない可能性があります。これらのことから、お客様の共感や信頼を得るためには、対象とするお客様に合うようにキャラクターを設定することが重要です。

例えば、ダイエットサプリメントを扱う会社のウェブ媒体であれば、「過去太っていたものの、自社商品によって痩せた女性」などをキャラクターとして設定します。

この場合であれば、ダイエットサプリメントのターゲットである「太った女性」に響くようになります。そして、お客様の共感を得られやすい上に、信頼関係を構築できるようになります。

専門家として情報発信することで、お客様との信頼関係を築く

ビジネスとしてウェブ媒体を運営する場合、どのような業界にも通用するキャラクター設定として「専門家」があげられます。この場合であれば、「男性が女性の立場にたって情報発信する」などのケースであっても、情報発信に違和感がなくなります。

先ほどのダイエットサプリメントの例では、「過去太っていたものの、自社商品によって痩せた女性」という情報発信者のキャラクターを設定し、お客様の共感と信頼を得ることを述べました。確かに、このキャラクター設定であれば、ダイエットサプリメントのターゲットとなる「太った女性」のお客様に響きやすくなります。

この場合、「ダイエットにおける女性特有の悩み」など、女性でなければわからない情報コンテンツを提供していくことになるからです。

その一方で、「ダイエットサプリメントの専門家」というキャラクター設定であればどうでしょうか。この場合、適切な情報を仕入れていれば、たとえ男性であっても情報発信に違和感がなくなります。

その上、提供するコンテンツ自体が「専門家から発せられたものだ」とお客様に思ってもらうことができ、お客様の信頼を得られるようになります。そしてこのとき、お客様に共感するような言葉を使うことにより、お客様の信頼を得ることもできます。

ウェブ文章のライティングでは、集客と収益化にフォーカスする

このように、サイトやブログなどのウェブ媒体を運営する場合には、適切なキャラクターを設定することが大切です。これが実現できることで、お客様の共感と信頼を得られるようになります。これにより、多くのお客様にこちらのオファーを受け入れてもらいやすくなり、利益を出せるようになります。

サイトやブログなどのウェブ媒体を立ち上げる場合、主に記事などのウェブ文章で情報発信することになります。要は、ライティングすることで記事を書くのです。このとき、ビジネスとしてウェブ文章を作成・活用する場合には、集客と収益化の2つに焦点を当てる必要があります。

ウェブ文章を活用し、集客を行う

現在では、さまざまな企業がサイトやブログなどの自社メディアを保有しています。しかし、そのほとんどは集客に苦戦しています。その大きな理由として、ウェブ文章で有益な情報コンテンツを発信していないことがあげられます。

世の中の企業サイトを見ると、その大半が企業説明・商品説明・実績・経営者の紹介だけで終わっています。そして、これらの情報を求めてネット検索をかけるお客様は、ほとんどいません。なぜなら、これらの情報の多くは、お客様にとってどうでもいいものだからです。

お客様を集めるためには、有益な情報を配信し続けることが必須です。これを行えないと、いくらSEO対策(検索エンジンでの上位表示対策)を実施したところですぐに離脱されてしまいます。

逆に言うと、お客様にメリットがある情報を提供し続けることができれば、SEO対策を意識しなくても次第にアクセスが集まる人気サイト(人気ブログ)になります。

有益なコンテンツがすべての基本になる

そして、情報発信の基本となるのは、サイトやブログの記事などのウェブ文章です。つまり、有益なコンテンツを発信することです。そのため、お客様に提供できる有用な情報を、ウェブ文章として大量にアップロードしていく必要があります。

例えば、スノーボードを扱う会社の自社メディアであれば、スノーボードの上達方法などをウェブ文章として発信していくようにします。こうした取り組みにより、「スノーボードの技術を磨きたい」と考えている人のアクセスを集められるようになります。

また、靴を扱う企業の自社メディアの場合には、靴の保存方法や手入れの仕方などを、ウェブ文章の形で情報発信していきます。こうした努力によって、靴に愛着があるお客様を自社のウェブ媒体に引き込めるようになっていきます。

このように、サイトやブログなどの自社メディアを保有する場合には、有益な情報をウェブ文章にした上で、大量に発信していくことが大切です。これにより、自社メディアに多くのアクセスが集まる人気サイト(人気ブログ)に成長させていくことができます。

収益化のシステムを組み込み、アクセスを現金に換える

たとえ大量のアクセスを集められたとしても、収益化の仕組みができていなければ単なるボランティアで終わってしまいます。そのため、ビジネスとしてサイトやブログなどのウェブ媒体を活用する場合には、必ず収益化を考える必要があります。

先ほどのスノーボード会社のサイト例でいえば、スノーボードの練習法についてコンテンツを発信する一方で、「初心者にお勧めの商品を取り揃えております」と書き込み、自社商品の購入に誘導するようにします。

また、先ほどの靴会社のサイト例で言えば、靴の手入れの仕方について情報提供する一方で、「当社が開発した靴磨き専用のクリームをお使いください。あなたの靴が見違えるように美しくなります」などのオファーをするようにします。

こうした収益化のシステムを組み込んでおくことで、自社メディアに訪れたお客様の何人かがオファーを受けてくれます。

そのため、サイトやブログなどのウェブ媒体に収益化の仕組みが構築されており、そこにお客様を集めるための有益な情報が大量に含まれていれば、自社メディアを持つ前よりも簡単に収益を出せるようになります。

ウェブ媒体におけるサポートページの適切な構成

このように、企業サイト(コーポレートサイト)を作成する際には、ウェブ文章で情報発信することが主流になります。そして、有益な情報をウェブ文章の形で発信していくことで、多くのお客様が訪れる人気サイト(人気ブログ)を作り上げることができます。

このとき、前もって自社メディアに収益化のシステムを組み込んでおけば、多くのアクセスを現金に換えられるようになります。

また、ビジネスとしてサイトやブログなどのウェブ媒体を運営する際、場合によってはサポートページが必要になります。つまり、ウェブサイトの利用の仕方や、商品(サービス)の使用方法を記載したページを作り、お客様の利便性を高めるのです。

しかし、Q&Aなどのサポートページを作成するにしても、正しい構成にしなければお客様は問題解決が果たせず、残念な気持ちになってしまいます。そうならないためにも、適切なサポートページに仕上げる必要があります。

サポートページは、お客様の目線だけを考えて作る

サポートページの作成で重要な考え方として、「お客様の立場だけを意識して作る」ことがあげられます。つまり、サポートページでは、あなたの収益化につながるような書き込みをしないように注意する必要があります。

例えば、あなたがダイエットジムを運営しており、そのジムで「ダイエットの個人指導サービス」を行っていたとします。そして、あなたはダイエットジムのサイトを持っており、扱うサービスに関するサポートページを作っていたと仮定します。

このとき、サポートページ内にサービスを売り込む言葉がたくさん記載されていた場合、お客様はどのように感じるでしょうか。

売込みの言葉が入る分だけ、サポートページに含まれる文字数が多くなります。つまりその分だけ、お客様自身がしっかり文章を読んで、自身が求める回答を探さなければならなくなります。これでは、お客様に大きな負担がかかってしまいます。

そのため、サポートページを見たお客様は、「サポートページにまで売り込みの文句があってうんざりする」「サポートページが見にくくて使いづらい」と感じます。そして、場合によってはサービスやサイトの利用をあきらめ、離脱してしまう恐れがあります。

こうした事態を避けるためにも、サポートページの作成では、お客様にとって利便性が高いものにすることだけを意識しましょう。具体的に言うと、サポートページ内には、売り込みの言葉などの問題解決に関係ない書き込みを一切しないことが重要です。

一問一答形式にして見やすさを向上

サポートページを作る場合、基本的には質問内容を細かく分けた上で、一問一答形式(Q&A形式)を採用する必要があります。なぜなら、その分だけ見やすくなるからです。これにより、お客様自身が欲しい情報をスムーズに得ることができるようになります。

ただ、一問一答形式にするにしても、気をつけなければならないことがあります。それは、「質問とその回答をできるだけシンプルでわかりやすい文章で表現する」ことです。

例えば、あなたがサイト作成ツールを販売する会社を運営していたとします。そして、自社で売っているサイト作成ツールのサポートページが一問一答形式であったと仮定します。

このとき、質問と回答の文章内に難しい専門用語が大量に書かれており、さらに使っている専門用語の説明が抜けている場合、お客様はどのように思うでしょうか。

きっと多くのお客様は、「サポートページ自体は見やすい配置だけど、専門用語ばかりで全く分からない」「どれが自分の求めている回答なのかが判断できない」と感じることと思います。そして場合によっては、サポート体制が充実している別会社の商品に乗り換えられてしまう恐れがあります。

こうした事態に陥らないためにも、サポートページの文章は分かりやすくてシンプルなものにしましょう。文字数を少なくすることはもちろん、専門用語をなるべく使わないことも重要です。また、やむを得ず専門用語を書き込む場合であっても、括弧書きなどで専門用語の説明を欠かさずに加えるようにしましょう。

このように、Q&Aなどのサポートページを作る場合には、お客様のことだけを意識して作成する必要があります。

つまり、サポートページでは売り込みの要素をゼロにしなければなりません。これによって、サポートページの文字数が減り、お客様にとって見やすいと感じてもらえるようになります。

また、サポートページは一問一答形式にすることが望ましいです。そうした上で、質問と回答の文章は、短くてわかりやすいものにしましょう。これにより、お客様は求める回答をすぐに得られるようになります。その結果、顧客満足度がさらに上がり、商品やサービスを継続的に使ってくれる可能性が高くなります。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認