camera-408258_960_720

ビジネスで動画を活用する場合、自社が扱う商品やサービスのターゲットとなる人に向けた内容に注力する必要があります。これを外してしまうと、せっかく撮影した映像が、対象顧客に見てもらえなくなる可能性があります。

そこで、ビジネスでの動画活用において、どのように考えて動画作成をすればいいのかについて解説していきます。何も考えずに動画を作るのではなく、ビジネス動画では適切な思考の元で行わなければいけません。

ターゲットとなる視聴者を設定した上で動画を作る

ビジネスでは、自社の商品やサービスの対象となる人に向けて情報発信することが重要です。そうでなければ、自社の商品・サービスが売れることはないからです。

これと同じように、ビジネス用の動画を作成する場合には、自社商品のターゲットとなりうる視聴者を惹き付けられるような映像を作らなければなりません。

例えば、あなたがダイエット器具を販売するビジネスを行っていたと仮定します。そして、自社のダイエット器具の販売促進のために、「ダイエット器具の動画を撮影して、ネット上で拡散しよう」と考えていたとします。

このとき作った映像の中で、「アンチエイジングを意識した食事の摂り方」などのように、ダイエット器具に関連性がない内容を扱っていた場合、それを見た視聴者はどのように感じるでしょうか。この場合、多くの視聴者は「これは結局、何の動画なのだろう」と感じ、混乱してしまいます。そして、あなたが扱うダイエット器具に興味を抱くことはありません。

関係ない情報を載せてはいけない

そこで、「ダイエットにおける運動の重要性」「ダイエット器具を使った運動の効果」など、ダイエット器具との関連性が強い情報だけを動画内で扱わなければなりません。その一方で、あなたが扱うダイエット器具に関係がない内容は、動画内で一切取り上げないように注意する必要があります。

また、ダイエット器具に関連する内容を動画で扱うにしても、商品紹介をするだけの映像になってはいけません。なぜなら、そのような動画はテレビコマーシャルと同じで単なる広告に過ぎないからです。

世の中にいる一般の多くの人は、広告を避けようとする傾向にあります。そのため、視聴者が「役に立つ内容だ」と思ってもらえるような動画を作り、提供していく必要があります。

ターゲットとなる視聴者に合わせた動画を使い、収益化につなげる方法

自社で扱う商品やサービスの対象顧客に響く動画を作ったとしても、それだけで満足してはいけません。どうしなければならないかというと、制作した映像を収益化のシステムに組み込む必要があります。

先ほどのダイエット器具の例で言えば、撮影した動画を自社サイト内のページに貼り付け、そのページの下側に以下のような文章を書き込んでおきます。

この動画で解説している運動は、当社が開発したダイエット器具を使うことで、体力に自信がない方でも簡単に行うことができます。そして、多くの方が当社のダイエット器具を使って、その効果を実感しております。

また、当社の運動器具は使わない時には簡単に収納できるため、お部屋のスペースを取り過ぎてしまうことはありません。そして、器具自体の重量が軽いため、誰でも簡単に出し入れすることができます。

当社のダイエット器具に興味を持っていただけた方は、以下のページにてご案内いたします。

そして、この文章の下側に、ダイエット器具の販売用のランディングページ(商品販売を行うためのページ)へのリンクを貼り、そこに動画視聴者を誘導するようにします。これによって、制作した動画を商品販売につなげることができ、実際に利益を出せるようになります。

このように、ビジネスに動画を活用する場合には、自社商品や自社サービスのターゲットとなる視聴者に合わせた映像を作ることが大切です。そして作成した動画を、サイトやブログなどの自社メディアに活用し、収益化の導線に組み込む必要があります。これによって、あなたの売り上げをさらに伸ばせるようになります。

ビジネス用のウェブ動画では、伝える内容を1つに絞る

自社の事業に動画を活用する場合に注意すべきポイントとして、「1つの内容に絞った映像にする」ことがあげられます。これができていないと、伝えたいことが視聴者に伝わらない可能性が高いです。この場合、動画を見た人をファン化させることは望めませんし、商品を購入してもらうことも期待できません。

そこで、ビジネスでウェブ動画を活用する場合、動画内で伝える内容を1つに絞ることの重要性について、さらに深掘りして解説していきます。

伝える内容が1つでないと、視聴者が混乱する

なお、ターゲットを明確にすることができれば、伝える内容を1つに絞ることができます。

自社の事業に動画を活用したいと考える経営者によっては、「1つのウェブ動画にできるだけたくさんの情報を盛り込んだ方が良い」と考えてしまうかもしれません。しかし、これはやってはいけない間違いです。実際のところ、動画内で伝える情報が増えれば増えるほど、視聴者はその内容を把握できなくなります。

このことは、学生時代を振り返って考えてみると、分かりやすいかと思います。例えば、数学の授業を受けているときに、1つの難しい公式を覚えるのに苦戦していたとします。そして、あなたがそのような状況であるにもかかわらず、数学の先生は授業を進めて、次々に新しい公式の内容を話していったとします。

この場合、あなたはどのような状態になるでしょうか。ほぼ間違いなく、「現在つまずいている公式を覚えなければならない」ことと、「授業に追いつかなければならない」という問題で板挟み状態になってしまうかと思います。

そして、授業を行っている数学の先生に対して、心のどこかで嫌悪感を抱いてしまうかもしれません。

これと同じように、動画で伝える内容を1つに絞らないと、視聴者を惑わせることになってしまいます。そして人によっては、あなたに対して嫌悪感を抱き、動画の途中で離脱してしまうかもしれません。

1つの内容に絞った動画は、視聴者の記憶に残りやすい

その一方で、ウェブ動画の内容を1つに絞った場合、それを見た視聴者を混乱させることはありません。そして、動画を見た人に伝えたい内容を伝えられるような、視聴者の記憶にとどまりやすいウェブ動画になります。

このことについては、実際に視聴者の立場になって考えてみると、分かりやすいかと思います。例えば、あなたがスノーボードを滑れるようになりたいと考えていたと仮定します。そして、スノーボードの基本的な滑り方を動画で学びたいと考え、ネット検索を活用してウェブ動画を探していました。

このとき見つけて視聴した動画が、「スノーボードの基本的な滑り方」という1つのテーマに絞ったものであった場合、あなたはどのような心境になるでしょうか。きっと「自分が探していた動画はこれだ」と感じ、集中して動画を視聴しようとするはずです。そして、動画の内容を頭の中にインプットでき、動画の投稿者に好感を抱くのではないかと思います。

分かりやすい動画の特徴は「1つだけを伝えている」ことにある

そのため、あなたがビジネスとして動画を活用する場合にも、視聴者に伝えたいことを伝えられるように、1つのテーマに絞った動画を発信することが大切です。

例えば、あなたが化粧品の販売ビジネスを行っていたとします。そして、動画を使って情報発信をしようと考えていたと仮定します。

このとき、1つの動画の中に「化粧の正しい落とし方」「皮膚の乾燥を抑える方法」など、複数の内容を詰め込んではいけません。例えば、「化粧の正しい落とし方」を動画で伝える場合には、そのことだけを教える動画を作る必要があります。

これにより、化粧品に興味がある視聴者があなたのウェブ動画を見たとき、「分かりやすい動画だ」と感じます。そして、その動画の内容が有益なものであれば、お客様があなたに対して好感を抱いてくれるようになります。

このように、ビジネスで動画を活用する場合には、1つのテーマに絞ったものにする必要があります。この場合であれば、視聴者を混乱させることはありません。そして、こちらが伝えたい情報を伝達できる上に、視聴者が自社のファンになってくれる可能性が高くなります。

登場人物が少なく、被写体が大きいビジネス動画を作る意義

また、ビジネスに使う動画を撮影する場合、内容だけでなく登場人物の数と被写体の大きさに意識を向ける必要があります。なぜなら、これらのことを中止せずに映像を作ってしまうと、視聴者にとって分かりづらい動画になってしまうからです。この場合、視聴者は大きなストレスを感じ、映像を見るのを途中でやめてしまう可能性が高いです。

そこで、ビジネス用の動画制作において、登場人物の人数と被写体のサイズを設定するときのポイントについて解説していきます。

登場人物を少なくする意義

ビジネス用の動画を作成する場合、基本的には、出演者の数はできるだけ少なめにした方が良いです。なぜなら、登場人物が多くなればなるほど、動画の内容自体が複雑になってしまうからです。この場合、視聴者の理解が途中で追いつけなくなり、映像の途中で離脱されてしまう可能性が高いです。

その一方で、出演者の数をできるだけ少なくした場合、動画の内容がシンプルなものにまとまりやすくなります。そして、映像自体が視聴者にとって有益な内容であれば、その動画で取り上げているテーマに興味がある視聴者の多くが、最後まで映像を見てくれるようになります。

しかしこの考え方は、すべての映像にあてはまるわけではありません。

例えば、多くの出演者が一つの企画に挑戦する様子を撮った映像などは、たとえ出演者の数が膨大であったとしても、視聴者側に混乱を招くことはありません。そのため、動画の内容に合わせて、出演者が少ない方が良いか、登場人物が多くても問題ないかを考えることが重要です。

被写体を大きくする意義

テレビで映像を見る場合、画面そのものが大きいです。これと同じように、パソコンを使ってフルスクリーンの状態で動画を見る場合にも、大きな画面で動画を見ることができます。

このケースであれば、映っている人物などの被写体が小さくても、はっきりと目で捉えることができます。また、出演者がアクセサリーなどの小物を手にしている場合であっても、問題なく目で確認することができます。

しかし、パソコンのフルスクリーンやテレビなどの大きい画面を対象とする動画を作ってはいけません。なぜなら、ビジネス動画の視聴者の多くは、小さな画面で動画を見るケースの方が、圧倒的に多いからです。

ウェブ動画がテレビで見られることはほぼない

実際のところ、ビジネスで動画を活用する場合には、サイトやブログなどの自社媒体や動画共有サイトなどに投稿するケースが多いです。そしてこの場合、サイトを訪れたお客様(視聴者)は、パソコンの画面の一部を使って動画を見ることが多いです。このとき、被写体が小さすぎると、それを目で捉えることができません。

そのほかにも、携帯電話などを使って動画を視聴するケースは多いです。この場合には、フルスクリーンで動画を見ることが多いものの、画面自体が非常に小さいです。そのため、このケースであっても、小さめの被写体を目で捉えるのは難しくなります。

そのため、テレビなどの大きい画面で見ることを想定した動画をアップしたとき、多くの視聴者は「誰が何をしているのか分からない」と感じます。そうして、大きなストレスを感じてしまい、映像の途中で離脱してしまいます。

このことから、ビジネス用の動画を撮影する場合には、被写体をなるべく大きくする必要があります。さらに言うと、「これでは大きすぎる」と感じるくらいまで、被写体のサイズを拡大させる必要があります。

これにより、パソコンの画面の一部を使って動画を見るときや、携帯電話の画面を使って映像を視聴するケースであっても、問題なく被写体を目で捉えることができます。

このように、ビジネス用の動画を撮影する場合、登場人物の人数を少なめにし、被写体を大きめにすることが重要です。これによって、パソコン画面の一部や携帯電話の画面で映像を見た場合であっても、視聴者にとって分かりやすい動画に仕上げることができます。

ビジネス動画によって意図的に口コミを起こす方法とは

こうして質の高い動画を作成した後は、口コミを起こすことを考えるようにしてみてください。実際に口コミを起こすことができれば、自社の知名度や商品情報などが自然と広がります。それによって、あなたの商品を購入したいと考えるお客様を大量に集められるようになります。

しかし、動画を使って口コミを起こすにしても、そのための適切な手法を理解した上で正しい努力を行わなければ、実際に口コミを起こすことはできません。

口コミしたくなるような動画を作る場合のポイント

動画によって口コミを起こさせたい場合、実際に作る動画の中身がとても重要になります。しかしこのとき、人によっては「テレビ映像のような高画質できれいな動画にしよう」と考えることがあるかもしれません。これは、やってはいけない大きな間違いです。

実際のところ、口コミを起こさせる動画を制作したい場合には、テレビ映像のようなきれいな動画でなくても問題ありません。むしろ、きれいな映像を撮ることばかりに集中すればするほど、口コミどころかほとんどの視聴者に見てもらえない、自己満足の動画が出来上がってしまいます。

そこでどのようにするべきかというと、それは「映像の画質は一定の水準を満たせば良い」と考え、「動画内で何を伝えるか」にフォーカスします。

このとき外せないポイントの一つとして、「視聴者にとってメリットのある情報を扱う」ということがあげられます。なぜなら、動画の内容が有益なものでない場合、視聴者はすぐに見るのをやめて、離脱してしまう可能性が高いからです。

そこで、自社が持つ専門性の高い有益な情報を、映像コンテンツとして公開します。すると、その情報を欲している多くの視聴者が、あなたが作成した映像を見てくれるようになります。そして、視聴者のうちの何名かが自社に対して好感を抱き、知り合いに紹介してくれるようになるかもしれません。

有益な動画を大量生産し、ファンを増やす

どれだけ有益な情報を扱った動画を作ったとしても、動画数自体が一つや二つなどと少ない場合、実際に口コミを起こさせるのは至難の業です。なぜなら、口コミが起こるかどうかは、視聴者の反応などを含め、運の要素が強いからです。よほどの幸運が訪れない限り、ごくわずかな数の動画によって、爆発的な口コミが起こることはありません。

そこで、どのようにするべきかというと、それは「視聴者にとってメリットがある動画を大量に増やしていく必要があります。要するに、動画を大量生産して公開していくことで、「数撃てば当たる作戦」を行うわけです。

例えば、ダイエットに関する情報を映像コンテンツ化して拡散する場合、「ダイエット中の食事について」や「ダイエットに有効な運動のやり方」などの大まかな情報を映像化するのでは、すぐにネタが尽きてしまいます。

そこで、まず自社がもつ情報をできるだけ細分化します。そして、細分化によって分類した情報それぞれを個別に扱った動画を、随時作成・発信していきます。

例えば、「食事について」の情報を細分化し、「ダイエット中は糖質を控える」「ダイエット中であっても、脂質を抜いてはならない」「ダイエット中は、タンパク質の摂取が重要」などのテーマに分類します。そして、それぞれの内容に従った有益な動画を作成し、ひたすらアップロードしていくのです。

口コミを起こすためには、数多くの動画が必要

このような形で動画の数を増やしていくことで、そのうちの一部でもヒットする可能性が高くなります。また、そのようなことが起こらなかったとしても、それぞれの動画の視聴回数が次第に増えていき、「結果的に多くの視聴者に見てもらえた」というケースにもつながります。

たくさんの視聴者に、自社が作った有益な動画が見られるようになった場合、少しずつ口コミが起こるようになります。その結果、自社の知名度や取り組み、扱う商品の情報などが多くの人に知られることになります。これによって、多くの視聴者をファン化させることができ、さらに商品を買ってもらえるようになります。

このように、ビジネス用の動画によって意図的に口コミを起こさせたい場合、専門性が高い有益な情報を映像コンテンツ化し、拡散していくことが大切です。そして、公開している動画の数が増える分だけ、口コミが起こりやすくなります。これにより、ビジネスをさらに発展させられるようになります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認