cccc1

ウェブサイトやブログを運営している以上は、アクセスが増えたり問い合わせがあったりと、ビジネスで何かしらの反応があることを期待する場合がほとんどです。趣味でサイト・ブログを活用するのなら自己満足の内容でも問題ありませんが、ビジネスではそういうわけにはいきません。

ただ、実際のところ頑張ってサイト更新やブログ記事を書いているにもかかわらず、アクセスが少なく問い合わせがまったくないことが多いです。

これには、明確な理由があります。それは、訪問者にとって有益な情報を提供できていないからです。

有益な情報発信だけを心掛ける

多くの法人サイトでは、商品・サービスの詳細や代表取締役社長のあいさつ、これまでの実績などが記載されています。ただ、こうしたウェブサイトを構築したところで、アクセスが増えることはありません。また、問い合わせが増えることもありません。その理由は単純であり、あなたのサービスを知らない人にとって、商品や代表あいさつだけが載っているウェブサイトは無価値だからです。

自社商品や値段ばかりを載せているサイト・ブログというのは、いってしまえば広告と同じです。新聞折り込みなどに挟まれている広告に関して、興味深く読み進める人はいません。これと同じように、インターネット上にデザイン性の優れたサイトを公開したとしても、誰にも見られることがないのです。

一方、コンテンツであれば訪問者は喜んで読んでくれます。あなたしか知らない有益なコンテンツを網羅すれば、訪問者は満足してくれるのです。そうした訪問者は見込み客であり、将来はあなたの商品を買ったりサービスを利用してくれたりするかもしれません。このようにして、お客様を増やしていくようにするのです。

しかしながら、よくある広告とまったく同じようなサイト・ブログを作成する会社が大多数です。ネット集客がうまくいかないのは、ウェブサイト上に広告媒体を作ろうとしているからなのです。そうではなく、訪問者にとって有益な情報をできるだけ提供しなければいけません。

上質なコンテンツを届けるライティング術

コンテンツを発信するというのは、ウェブ集客で考えれば「記事を書く」ことと意味は同じです。ただ、ゴミ記事を書いても意味がないため、有益な情報発信を心掛けなければいけません。それでは、何に注意してコンテンツを作成すればいいのでしょうか。そのためには、ビジネス書や実用書を参考にすることが重要になります。

サイトやブログで実施すべき文章構成は、ビジネス書や実用書とまったく同じようにしましょう。そのため、顔文字を活用したり、幼稚な言葉を連発したりしてはいけません。ビジネス文章を意識したうえで、ある程度は著者の感情や考えていることを交えながら落ち着いた文章で情報発信をしていきます。これが、上質なコンテンツを作成するライティング術です。

基本的には、良質なコンテンツを紙媒体として出せば本になるし、ウェブ上で情報発信すればサイトやブログになると考えてください。要は、情報を載せる方法が違うだけなのです。

または、当社の記事を参考にすることによっても、「どのように情報発信をすればいいのか」を理解できるようになります。下手にあなた独自のオリジナルを入れるのではなく、当社の文章構成を同じように真似すると上手くいきやすいです。

当社は集客のプロであり、特にウェブでの莫大なアクセスを集めることを得意としています。そのため、既に集客のノウハウをもってる会社から、成功している手法をできるだけ模倣しようとした方が圧倒的に成果のスピードは速いです。素早く成功するコツは、既に成功している人から学ぶことにあります。

アクセスを集める文章の書き方というのは、実は書店に行って本を読んだり、莫大なアクセスを集めているサイトやブログを確認したりすればわかります。記事更新をすることで、半永久的にアクセスを集め続けるライティングを実践したい場合、当社のウェブサイトが最も参考になるかと思います。

情報の全公開がブランディングにつながる

そして、こうした情報発信を続けていると企業のブランディング化につながります。勝手にお客様を魅了することによって、自動集客が可能になるのです。

企業経営において、ブランディングはとても重要です。それでは、ブランディングとはそもそも何なのでしょうか。もちろん、ルイ・ヴィトンのようなものだけをブランドと呼ぶわけではありません。無名の個人であっても、ブランディング化することは十分に可能です。

一般的に法人でのブランディングでは、消費者に対して「いかに分かりやすく訴えかけることができるか」にかかっています。これには、主にロゴやウェブサイトにおいてブランディングを仕掛けると効果的です。

それでは、どのようにウェブサイトを活用してブランディングを戦略的に実践すればいいのでしょうか。

情報の全公開がブランディングにつながる

まず、大前提として「情報を公開するほど商品が売れていく」という事実を認識する必要があります。多くの人は情報を隠そうとします。保有している知識やノウハウを公開してしまえば、お客様は情報だけ取ってどこか他のところのサービスへ申し込むのではと考えます。また、他社にノウハウを真似されるのではないかと懸念します。

ただ、実際は逆です。情報を公開するほどお客様はあなたのファンになって問い合わせをするようになります。また、同業他社から尊敬される存在になります。

例えば、当社はビジネスでの稼ぎ方やノウハウを含めて全公開しています。ただ、こうした手法を包み隠さず出したとしても、実際にお客様がビジネスを行うとなると「結局のところ、自分は何をすればいいのか分からない」と考えるようになります。要は、多くの情報の中から本当に自分に必要な部分を見出し、応用させることができないのです。その結果、当社へ仕事を依頼するようになります。

他の例として、例えば相続の場面を考えてみましょう。相続では手続きが面倒ですが、そうした相続に関して丁寧に記載したウェブサイトがあればどうでしょうか。実際のところ、個人が相続書類をすべて集めて司法書士や弁護士、税理士とやり取りをするのは不可能に近いです。そのため、結局のところ「相続について丁寧に記したサイト」の運営者に問い合わせをするようになります。

企業が行うブランディングで最も重要なのは、情報の公開です。どれだけ言ってもできない人は多いですが、できるだけ有益な情報を提供できる法人や個人事業主だけが大きなブランディングを行うことができます。

ウェブ上にプロフィール情報を載せているか

情報公開をしていった後は、次の段階に移ります。それは、経営者や役員、さらには社員のプロフィールを公開していくことにあります。運営者のプロフィールというのは、商品販売とは関係ありません。ただ、誰がそのビジネスを運営し、どういう想いで商品やサービスを売っているのかを示すことが重要になります。

言い換えれば、理念を語ることで共感をさせることにつながります。「どういう商品があるのか」が重要になるのではなく、ビジネスでは「どういう人が売っているのか」が重要になります。まったく同じ商品を売っていても、売れる営業マンと売れない営業マンがいるのと同じように、ビジネスでは商品・サービスを取り扱っている人が大切なのです。

そこで、これをウェブ上で行います。例えば代表あいさつでは、かしこまった代表の声ではなく、経営者の言葉として「小学生のころ考えていたこと」や「これまでの経緯」、「なぜ今のビジネスを始めたのか」までを詳細に記さなければいけません。

そして、従業員の顔を見せることも重要です。さらに、社員プロフィールでは「旅行好きで、休日はいつも泊りがけで旅に出ています」「仕事を頑張りすぎていましたが、将来を考えて婚活を始めました」など、人間らしいエピソードや思っていることを載せます。こうして、どういう人がサービスを提供してくれるのかまでを含めて公開していくのです。

スタッフの顔を見せることによって、お客様に対して「この会社の経営者や従業員と話をしてみたい」と思わせるほどの内容にする必要があります。そうすると、商品を売ることに必死になっている感じを緩和させることが可能になります。こうしたことも、ブランディングにつながります。

ブランディングで重要なのは、他人に共感されることです。他では見せたくないものまで公開することが、ファンを作ることにつながるのです。だからこそ、自社ノウハウや社員プロフィールまで含めてウェブサイト上に出していくのです。そうして、「この会社は面白い取り組みをしている」と思われるように仕組みを構築する必要があります。

会社規模や従業員の人数に関係なく、誰でもブランディングが可能です。実際、私は事業を法人化する前の、個人事業主の段階から「薬剤師であれば誰でも知っているウェブサイト」を構築し、出版社や大手マスコミ(テレビ局や新聞社)から取材を受けるようになりました。

こうした事実を考えると、会社の規模は関係ないことが分かります。いかに人間味を伝えて、どういうコンテンツを発信するのかが会社のブランド価値を高めるときに重要になります。

アクセス増を図り、3度目の訪問で成約させるウェブ集客法

ここまで述べてきたことを理解して、情報の全公開やブランディングを図ることで適切にサイトやブログを運営していれば、必ず大きなアクセスが流入するようになります。

もちろん、ゴミ記事をたくさん書いても意味はありませんが、訪問者にとって有益なコンテンツだけ提供することを考えることで、徐々に人気サイトになっていきます。

ただ、こうした人気サイトを保有することですぐに問い合わせにつながるかというと、必ずしもそうではありません。このようなアクセスが集まる情報サイトであると、「何度も見込み客と接することで、少しずつファンにさせた後で問い合わせをもらう」という過程を経るのが正しいです。

要は、何度も訪問者に対してアプローチすることが重要なのです。

アクセス増を図る意味

世の中に存在する広告では、「その広告を見た瞬間」にお客様から問い合わせをもらうように、売り込みをかけることに対して必死にならなければいけません。これは当然であり、広告はすぐに捨てられてしまいます。

また、どれだけ興味をもってくれたとしても、広告から目を離して次の作業に移った瞬間にその内容を忘れてしまうことが大多数です。広告は一回きりの水もの媒体であり、その場限りの宣伝手法だといえます。

一方、情報サイトを運営することで広告費なしで莫大なアクセスを集められるようになると、その場限りの売り込みではなくなります。どちらかというと、「何度もウェブサイトを活用してもらうことで、少しずつ認知してもらうようにする手法」が情報サイトによるウェブ集客法になります。

実際、当社に問い合わせをしてくる人の大多数は、「何度もこのサイトにお世話になったため、少しずつ気になりはじめたのがキッカケです」といいます。同じことは、当社が指導しているクライアントのサイトでも起こっています。サイトを見て問い合わせをする人は、既にファンになった状態でメールを送ってくるのです。

サイトを訪問したとき、1度目は何も考えずに訪問者は離脱していきます。そしてネット検索をしたとき、2度目の訪問時も同様にあまり深く考えずに離脱します。そして3度目の訪問のとき、「あれっ、またこのサイト(ブログ)にお世話になったな」と思わせ、興味を持たせることができればこちらの意図通りに物事が進みます。

そこから、「誰がこのサイトを運営しているのだろう」「どういうサービスがあるのか」などを勝手に見てくれるようになり、まさにその人が求めている商品やサービスであれば、そこから問い合わせに繋がります。

もちろん、人によっては3回アプローチすることでお客様になることがあれば、10回ほどサイトを利用することでようやくお客様になる人もいます。

人によって行動パターンが異なるため、どれだけ見込み客にアプローチすれば問い合わせをしてくれるのかは判断できません。ただ、いずれにしても3回ほど接触できれば、あなたのウェブサイトを認知してくれるようになります。このように、何度もアプローチできるような仕組み作りを行うことが重要になります。

専門性の高い分野で網羅する

このとき、同じ内容で情報を網羅するのではなく、一つの専門分野の中で「違う内容もカバーする」ことが大切です。例えば当サイトであれば、「ビジネスを教える」という内容から外れることはありません。

ただ、その中身を見ると「ウェブ戦略」「マーケティング」「チームマネジメント」など、ビジネスで必要な分野についてはすべてカバーしています。

このように、あなたの専門性をずらすことはないものの、それに関することであればできるだけ情報発信するように心がけましょう。

そうして、さまざまな内容で見込み客へアプローチすることで、「またこのサイト(ブログ)にお世話になった」と思わせることができれば、いつか問い合わせをしてくれるようになります。こうして集客を行い、売上の増大を図っていくのです。

広告を出さずに大量集客するための考え方というのは、「何度も訪問させることでファンにした後に成約させる」という方法になります。この手法であるとファンだけを相手にするため、あなたからサービスを申し込むことしか選択肢がありません。そのため、かなりスムーズに成約させることができるようになります。

もちろん、このようなウェブ媒体をインターネット上に構築するのは簡単な作業ではありません。ただ、そうした面倒なことを行える人だけがビジネスで大きな成功を手に入れることができます。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認