リアルビジネスでもネットビジネスでも、売上を出すための基本はすべて同じです。ただし、MBAや中小企業診断士の試験に出てくるような難しい理論ではありません。

難しい理論を持ち出すほどビジネスでは破綻しやすくなります。全てのビジネスはシンプルです。これを理解した上で、売上を出すためには2つの簡単な事を実行できれば良いです。

金を稼ぐために必要な2つのビジネス思考

ビジネスを行うのであれば、まずは稼がなければいけません。この時に、以下の2項目さえ実行できれば誰でも売上を上げることができます。

・お客様に覚えてもらうこと(見込み客の獲得)

・お客様に忘れられないこと(リピート客の獲得)

以下に、それぞれについて説明してきます。

お客様に覚えてもらう(見込み客を集める)

別に難しい理論を学ばなくても、自分の行動を注意深く観察すればビジネスで必要な事はすべて見えてきます。

例えば、あなたが昼にどこか店へ食べに行こうと思ったとき、どの店を選ぶでしょうか。少なくとも、全く知らない店は候補にすら上がらないと思います。そこで、事前に「そう言えば、あそこに新しい店が出来た」と認知してもらわなければいけません。

そのため、稼ぎたいのであればお客様に対してあなたの事を知ってもらう必要があります。

このことは当たり前のことなのですが、ほとんどの人が出来ていません。職人肌の人は「良いものを作ればお客様が勝手に集まって……」と勘違いする人も多いですが、そもそもその人や商品の事自体を知らないのでお客様が来るはずがありません。

士業の人も資格を取った後に事務所を構え、電話が一本も鳴らない現実に愕然としますが、これは当たり前です。看板を出したところで、お客様は誰もその人の事を知らないのです。

自分の行動を見れば「お客様に知ってもらうこと」はとても重要であると誰でも理解できます。しかし、実際にビジネスを行うとなると「お客様は勝手に来てくれるものだ」と勘違いする人が大多数です。まずは「お客様に知ってもらう」という思考を叩き込まないといけません。

そこで、広告を出してお客様に知ってもらう必要があります。私が行なっているように、自分の知識をサイトに詰め込むことで認知してもらう方法でも問題ありません。

お客様に知ってもらうという事は、早い話「見込み客をできるだけ多くする」というビジネスの基本になります。この基本すら出来ていない人が多いですが、「どのようにすれば多くの人にあなたの事を知ってもらえるか」をビジネスでは意識してください。

お客様に忘れられない(リピートさせる)

何度もお客様にリピートさせる事がビジネスでは必須となります。「リピート客が重要だ」と言いながら、実際にはフリーペーパーに広告を出すなど、新規顧客しか見えていない人がほとんどです。そのため、この思考ができるかどうかだけでも稼げるかどうかが全く違ってきます。

それでは、どのようにすればリピートさせる事ができるかというと、「お客様にあなたの事を忘れられなければ良い」と考えてください。

新しくお客様が飲食店で食事をした時、その店をリピート客として2回以上利用する割合は約30%だと言われています。業種によって多少の変動はありますが、他の70%の店はリピートされないのです。

それでは、その店の対応が悪かったり料理の味が良くなかったりしたかと言うと、そう言うわけでもありません。ただ単に忘れているだけです。また、リピートしない最も多い理由として「なんとなく」があります。

そこで、こまめに接触頻度を保つことによって「できるだけ忘れられない」という事をしなければいけません。リピート客の獲得コストは新規顧客に比べて圧倒的に低いため、これを面倒くさがってはいけないのです。

そのために、新規顧客にアンケートを書いてもらうなどして顧客リストとして取っておく必要があります。DM(ダイレクトメール)を送っても良いですし、有用な記事で溢れたメルマガを発信しても問題ありません。SNSを利用する手段もあります。

このように、「お客様に覚えてもらう」、「お客様に忘れられない」の2つさえ出来ればビジネスで困ることはなくなります。この2つを行うためには、アイディアの数だけ方法があると思います。そのため、後はこの「思考」を理解した上で実行レベルまで落とし込んでいくだけとなります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認