インターネットを活用したビジネスによって起業したり成功したりするノウハウを検索するとなると、なぜかアフィリエイトやせどりなどの方法に行き着きます。そのような情報に飛びついてもいいですが、間違いなく稼げません。

少し考えれば分かりますが、そのような方法が本当に儲かるのであれば、だれもその手法を教えないはずです。そのため、いわゆる「稼げる系」のノウハウに飛びつく時点で失敗が見えています。それでは、どのようにすればネットビジネスで確実に成功できるのでしょうか。

ネットビジネスで確実に成功できる思考法

別にネットビジネスに限らず、リアルビジネスであっても起業するときに確実におさえないといけない点が2つあります。それは、「自分の強みを活かしている」ことと「他の人が行っていないことを行う」ことです。

人によって強みが異なります。そのため、ビジネスを行うときはその人独自の経験や長所を活かさなければいけません。例えば、私はたまたま薬学生として薬について勉強しているとき、薬学サイトを立ち上げました。当初は何も考えていませんでしたが、今考えれば「大学で薬学を学んでいる」ことが強みでした。

他にも、人によっては抜群の営業成績を残している人がいるかもしれません。スポーツで大きな実績を出しているかもしれません。既に出している強みや結果をもとにしてビジネスを組み立てるからこそ、起業しても成功しやすくなります。

これをすべて無視して、「アフィリエイトをしましょう」「せどりがオススメです」など、特定の分野に焦点を絞って生徒に教えようとする講師が大半ですが、実際のところかなりレベルが低いです。そもそも「あなたには、アフィリエイトなどは向いていない」ことを認識しなければいけません。

また前述の通り、本当にそのような手法が儲かるのであれば、私なら絶対に他の人にノウハウを教えようとはしません。間違いなく、自分一人だけが知っているようにします。

私もビジネスを教えていますが、これはビジネスの分野が重ならないから問題ないのです。例えば、私は薬の情報発信をしていますが、同じように「自分も薬に関する学術内容を発信したいです」と言われれば正直困ります。私の分野が荒らされるからです。

ただ、私はすでに大きな実績がありますし、いまさら私と勝負しても勝てず儲からないため、やめておいた方がいいというのが正直な気持ちです。

つまり、ビジネスを教えている講師が行っている分野とはまったく異なる内容で稼げるようになる必要があります。そうすれば講師と勝負する必要がなくなり、独自の分野で稼ぎ続けるようになれます。

こう考えると、ネットビジネスを行うときにアフィリエイトやせどりなどの低レベルなビジネスをしている場合ではないことが分かります。そのような分野で起業しようとしているから、あまり稼げずに失敗するのです。

ビジネスの手法はリアルビジネスから学ぶ

「アフィリエイトやせどりは儲からない」とはいっても、例外が唯一あります。それは、「自分が稼いだ方法を高額な金額で売る」という手法です。

「自分がアフィリエイトによって(ウソでもいいので)稼いだ」という見せ方をすることで、情報弱者を集めて同じようにアフィリエイトをさせようとするのです。つまり、ねずみ講と同じ考え方です。これは、全くよくありません。

もちろん、ここまでブラックなビジネスではなく、中にはまっとうなサイト運営をしてアフィリエイトをしようとする人もいます。ただ、その場合でも弱いです。ASP(仲介会社)を経由して他人の情報を売るよりも、直接企業と取引したり自分の商品でビジネスをした方が圧倒的に儲かるからです。

私はネットビジネスをしていますが、世間でいうアフィリエイトはほぼ行っていません。リアルで頑張っている企業とまったく同じことをインターネットに応用しているだけです。

そういう意味では、アフィリエイトを行っている人が私のビジネスモデルを真似するのは不可能です。世間でいわれるアフィリエイトとはまったく異なるビジネス構造だからです。ただ、リアルビジネスとかなり似ているビジネス構造であるため、リアルで活躍している人なら私のビジネスモデルは納得できるはずです。

本気でネットビジネスで成功したいのであれば、アフィリエイトやせどりなどに手を出さないことを誓わなければいけません。彼らに習っている時点で「失敗」しか見えません。

本当に稼げるモデルというのは、リアルビジネスという戦場の中で本気のやり取りを行っている人から学ぶ必要があります。これらの考え方を理解していなければ、ビジネスの本質はいつまで経っても見えてこないでしょう。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録