ネットビジネスで稼ぐことを考えたとき、種類があります。その中でも、サイトやブログで収益化するときにメインとなるものとして、Googleアドセンスとアフィリエイトがあります。両社は仕組みがまったく違っており、どの方法を選んで稼ぐのか決めなければいけません。

ただ、ネットビジネス初心者では「どっちの方が効果的に稼げるのか」が分かりません。また、どのような違いがあるのかも理解していません。

ビジネスで稼ぐためには、正しいやり方が存在します。人によって適切な方法が異なるため、Googleアドセンスとアフィリエイトの違いを理解したうえで、どの方法が自分に合っているのか理解するようにしましょう。

ここではアドセンスとアフィリエイトを比較し、それぞれのメリットやデメリットを明らかにしていきます。

Googleアドセンスはクリック型の広告になる

まず、アドセンスについて解説していきます。Googleが提供している広告として、Googleアドセンスがあります。

Googleは広告によって収益を得ています。あなたも、Googleで検索したときに広告が出てくるはずです。例えば以下は「育毛剤」と検索したときの結果ですが、このように多くの広告が出てくるようになります。

Googleが提供する広告というのは、クリック型になっています。つまり、1クリックごとに広告主(お金を出す人)がGoogleへ広告料を支払うことになります。

そして、これらGoogleの広告はあなたのサイトやブログにも出すことができます。これをGoogleアドセンスといいます。あなたのサイトにGoogleが提供するアドセンス広告を貼り、あなたのサイトに貼られたアドセンス広告がクリックされることで、1クリック当たり20~50円の広告収入が入るようになります。

閲覧数(アクセス数)が多いとアドセンスで稼げる

適切な方法を取れば、アドセンスで稼げるようになります。例えば、私は薬学サイトを運営しています。このサイトでは、以下のようにGoogleアドセンスをサイト内に広告として貼っています。

このサイトは月300万PV(ページビュー)以上あるのですが、これくらいになるとGoogleアドセンスだけでも月収100万円を軽く超えるようになります。

例えば、以下は実際にGoogleからの振込明細になります。このときはひと月で130万円以上の収入になりました。

Googleアドセンスで稼ぐためには、サイト・ブログへの閲覧数が必要です。要は、どれだけサイトにアクセスを呼び込むことができるのかが重要になります。できるだけ大量のアクセスを集め、閲覧数を増やせばアドセンス広告をクリックしてくれる確率が高まります。

アドセンスで稼ぐとき、「アクセス数=収益」だと考えてください。クリック単価などいろんな要素はありますが、収入はすべてのサイトやブログの閲覧数によって決まります。

月1万円程度で満足する人はアドセンス

なお、このようにかなり稼げている例を見せましたが、実際のところGoogleアドセンスで月100万円を目指すのはほぼ不可能です。いまの私でも、これだけ莫大なアクセスを稼ぐサイトを他に作り、アドセンスで月100万円以上を目指すのは至難の業です。

しかし雑記ブログや趣味ブログなどのように、特に戦略などを考えず自分の伝えたいことを述べ、月1万円ほどを稼ぎたい人の場合、アドセンスが向いています。

後でも述べますが、アフィリエイトの方が圧倒的に稼げるものの、かなり戦略的に考えなければいけません。少なくとも、独学でアフィリエイトで稼ぐのは不可能です。

一方でGoogleアドセンスであれば、大きく稼ぐのには微妙ですが、月1万円など少額のお金で満足できる人であれば向いています。

・アドセンス収益の目安を知る

どれくらい稼げるのかというと、仮に1日100PVがある場合、月に3,000PVあることになります。サイトのジャンルによって異なりますが、一般的に「1PV=0.3~0.8円」となります。「1PV=0.5円」だとすると、月に3,000PVあれば約1,500円の収益になります。

1日に670PV(月に約2万PV)ほどあれば、月1万円に届くようになります。自分の趣味でいいので、頑張って記事を更新し続けることにより、アクセスが集まることでそれがお金に代わるようになります。

実際に実施してみればわかりますが、月に何百万ものアクセスを集めるのは非常に難しいです。ここを目指すのは現実的ではありません。ただ、月に2万PVであれば素人であっても問題なく目指すことができます。

アフィリエイトは成果報酬型になる

Googleアドセンスに対して、アフィリエイトではどうなるのでしょうか。アフィリエイトの場合、いくら広告がクリックされたとしてもお金にはなりません。広告がクリックされた後、実際に申し込みされることでようやく収益が発生するようになります。そのため、成果報酬型になります。

アドセンスとアフィリエイトでは、クリック型なのか、成果報酬型なのかという大きな違いがあります。

例えば、以下は私が保有するアフィリエイトサイトになります。

求人・転職薬剤師」という薬剤師の転職サイトですが、月50万円ほどの収益になっています。このサイト経由で薬剤師が転職エージェントに登録してくれることで、私にお金が入ってくるようになります。

ただ、クリックさせればいいわけではないため、Googleアドセンスと比較して稼ぐためのハードルはアフィリエイトの方が高いです。しかし、収益額であればアドセンスよりもアフィリエイトの方が圧倒的に多くなります。

アフィリエイトで閲覧数は重要でない

先ほど、Googleアドセンスではアクセス数がすべてだと解説しました。アドセンスで稼いでいる人は頻繁にPV(ページビュー)という言葉を使いますが、これはサイトやブログのアクセス数に比例して収益が伸びていくからです。

一方でアフィリエイトの場合、いくらアクセスがあっても意味がありません。実際に広告がクリックされた後、そのサービスに申しまれなければ一円の収入にもならないからです。先ほどの薬剤師転職サイトであれば、転職エージェントに申し込んでくれなければ私に収益は発生しません。

アフィリエイトをしてみれば分かりますが、アクセスは多いにも関わらずまったく収入がないケースが発生します。その逆に、ほとんどアクセスがないにも関わらず、収益額は大きいことがあります。

例えば、先ほどの薬剤師転職サイトであれば、一日のアクセス数は200ほどです。

これだけ少ないアクセス数ですが、私自身が薬剤師だったこともあり、サイトの記事内容についてはかなり濃い記事にしているので成約率が非常にいいです。少ないアクセス数ですが、多くの人が申し込みをしてくれるため、月50万円ほどの収益になっているのです。

先ほど、アドセンスでは「1PV=0.3~0.8円」だと紹介しました。もし、私の薬剤師転職サイトがアフィリエイトではなく、アドセンスだと収益額は3,000円ほどになります(月6,000アクセスほどの場合)。ただ、アフィリエイトの方が大きく稼げるため、これだけのお金を生み出すサイトになっているのです。

人によっておすすめのやり方は異なる

それでは、アフィリエイトの方が大きく稼げるため、Googleアドセンスはまったく意味がないのかというと、必ずしもそういうわけではありません。

・アフィリエイトは戦略が重要

アフィリエイトで稼ぐためには、綿密な戦略が必要です。少なくともアフィリエイトは、ネットビジネスの素人が参入し、簡単に稼げる方法ではありません。

アフィリエイトで稼げるジャンルは既に決まっていますし、既にライバルはたくさんいます。また、適切なやり方が存在するため、少しでもオリジナルの手法を入れると稼げなくなります。

例えば、アフィリエイトでは売る商品を一つに決めなければいけません。睡眠サイトなのであれば、不眠症に関するサプリメントを売らなければ儲かりません。ただ、多くのサイトアフィリエイト初心者は快眠枕やマットレスを含めて紹介しようとします。こうなると、まったく稼げないサイトやブログになります。

アフィリエイトの場合、稼ぐために適切な手順が存在します。これをネットビジネス初心者が独学でマスターするのは不可能に近いですが、頑張って勉強したうえで大きく稼ぎたい人であれば、アフィリエイトが向いています。

・アドセンスは何も考えなくていい

それに対して、Googleアドセンスは広告がクリックさえされればいいため、特に戦略は必要ありません。雑記ブログや趣味ブログを含め、あなたが思うままに情報発信してアクセスさえ集まれば、それだけで稼ぐことができます。これについては、特に誰かから手法を学ぶ必要はありません。

いってしまえば、ネットビジネスを開始して誰でも稼げる手法がアドセンスになります。

また、アフィリエイトでは商品を売らなければいけないため、成果が出るまでに1年以上の時間がかかります。一方でアドセンスであれば、クリックさえされればいいため、サイトやブログの運用を開始して一ヵ月以内に20~30円ほどの収益が生まれるようになります。

成果が出るのが早いため、モチベーションを維持しやすいという特徴があります。どっちの方法がいいのかについては、ビジネスモデルがこのようにまったく異なるため、人によって最適な手法が違ってきます。

・アドセンスでエロや薬物(違法なもの)はダメ

なお、Googleアドセンスはどのようなジャンルでも問題ないとはいっても、中には例外があります。

例えば、エロ系のジャンルはダメです。広告の出稿が禁止されているため、エロ系のテーマを扱うサイトだと一発で広告停止を食らいます。同じように、禁止薬物を含めた違法なことの情報発信はダメです。

要は、世間一般的に考えて常識の範囲であればどのようなジャンルでもアドセンスは問題ないのです。

稼ぎたいならアフィリエイト、趣味ならアドセンス

そのため、あなたの目指す方向によって行いたいネットビジネスを決めるといいです。本気で稼ぎ、ビジネスとして考える場合はアフィリエイトの一択です。Googleアドセンスで月100万円以上を目指すのは、現実的に考えて非常に厳しいからです。

実際、私が薬学サイトを運営して月100万円を突破するまでには、10年くらいかかっています。しかも、ページ数は2,000ページ以上です。

一方で私はアフィリエイトサイトも保有していますが、例えば先ほどの薬剤師の転職サイトであれば、作成期間は半年ほどです。それにも関わらず、完全放置で月50万円ほどです。

費用対効果を考えると、アドセンスは非常に収益性が悪いです。両者を比較すると、アフィリエイトの方が圧倒的に稼げます。

しかし、アフィリエイトでは参入ジャンルを考え、読者が申し込むように導線を作り、サイトデザインを整えるなど、かなり戦略的に考える必要があります。また、当初の1年間は収益が発生しません。そのため、手軽に始めて続けやすいのはGoogleアドセンスになります。

またアフィリエイトでは決まったジャンルしかダメですが、アドセンスなら「歴史」「旅行」「育児」などのような、アフィリエイトでは稼げない分野であっても気にすることなく参入して問題ないというメリットもあります。

アドセンスなら両方を併用してもいい

なお、Googleアドセンスを主体としてサイトやブログを運営する場合、アフィリエイトを混ぜても問題ありません。つまり、両方を併用するのです。

記事によっては、アフィリエイトとして商品を紹介した方が適切な記事が存在します。そのようなとき、アフィリエイトによって記事内で商品を紹介するのです。

例えば、あなたが育児に関する情報発信をしていたとします。このとき、育児記事をサイトやブログとして記事にするとき、「子供の英語力をアップさせるママの教育法」という内容の記事を書くことにしました。

記事内では子供の英語能力を向上させるために必要な方法や教材について、有益な記事を情報発信していくことになります。ただ、この記事を読んだ親は次にどのように考えるでしょうか。おそらく、「この人が利用した教材を私も活用し、自分の子供に試させたい」と考えます。

そうしたとき、「これが、私が活用した子供の英語教材です」という言葉とともに以下の広告を掲載しておけば、そこから商品が売れる可能性があります。

Googleアドセンスをメインとするサイト・ブログの場合、このように記事ごとに紹介するアフィリエイト広告を変えることで、紹介するのは問題ありません。

サイトアフィリエイトでアドセンスは貼るのは禁止

それに対して、アフィリエイトをメインとするサイトの場合、Googleアドセンスを貼ってはいけません。理由は単純であり、サイトの収益がガタ落ちになるからです。

もちろん、サイトアフィリエイトをしながらアドセンスを併用しても問題ありませんが、収入が減っても問題ないと考える人だけにしましょう。

先ほどの薬剤師の転職サイトであれば、下手にアドセンス広告を貼ると、せっかくサイトを訪れた読者がアドセンス広告経由で他に逃げていってしまうことになります。

アドセンスを貼っても月3,000円ほどにしかなりません。そして、アドセンスによる他の広告が存在すると、転職エージェントに登録する人の数は激減するため、収益額は大幅減になります。

・失敗サイトにはアドセンスが貼られる

ただ、中には例外もあります。それは、参入ジャンルをミスしてしまったり、読者を成約させるための導線を作れなかったりして、アフィリエイトのサイト作りを失敗してしまったパターンです。この場合、仕方ないのでアドセンスを貼るようにしましょう。

世の中には、サイトアフィリエイトをしているにも関わらず、Googleアドセンスを貼っているウェブサイトが存在するのは事実です。これには共通点があります。それは、「稼げていない」という事実です。

アフィリエイトで稼げているのであれば、わざわざ収益性がガクッと下がるアドセンスを貼る意味はありません。それにも関わらずアドセンスがあるということは、「ジャンル選定のミスなどにより、アドセンスでなければ稼げないサイトになってしまった」ことを意味しています。

簡単に稼ぐことができず、綿密な戦略が必要なアフィリエイトだからこそ、ビジネス初心者では高確率で失敗サイトを作ってしまうことになります。その場合、アフィリエイト広告だけでなくGoogleアドセンスの両方が活用されることになります。

あなたの目的に沿ったネットビジネスを行う

Googleアドセンスとアフィリエイトでは、明確にビジネスモデルが異なります。アドセンスはクリック型であり、大きく稼ぐことはできません。ただ、特にビジネスモデルを考える必要はなく、言ってしまえば月1万円ほどであれば誰でも稼げてしまいます。

このとき、できるだけ趣味に偏ったジャンルがアドセンスによるサイト・ブログ運営に向ています。「スポーツ」「旅行」「学問」など、アフィリエイトで稼げないジャンルがアドセンスサイトに向いているのです。それだけライバルが少なく、簡単にアクセスが集まって多くのPV(べーじビュー)を獲得できるからです。

一方でサイトアフィリエイトの場合、激戦ジャンルに参入し、ビジネスモデルを綿密に考えながら実践しなければいけません。誰でも簡単に稼げるわけではありません。その代わり閲覧数が少なくても成約させることができるため、アクセスが少なくても大きく稼げるようになります。

収入の額だけでいうと、アフィリエイトの圧勝です。やり方をマスターすれば、アフィリエイトの方が稼げる金額は圧倒的に多くなります。

このような違いはありますが、あなたのやり方に合った方法を選べば問題ありません。収入は気にせず気軽に始めたいならアドセンスですし、稼ぐことを重視するならアフィリエイトです。

いずれにしても、情報発信をすればビジネスとして成り立ち、お金が入ってくることはどちらも共通しています。アドセンスとアフィリエイトのどちらを行うのか決めた後、さっそく情報発信を始めるようにしましょう。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認