そもそも、日本人には「お金儲けは悪い」という考えがあります。自営業を営んでいる人であれば無縁の考えかもしれませんが、少なくともサラリーマンをしている人では「稼ぐのは悪いことだ」と考えている人が多いです。

稼ぐことに執着することによって「あいつは金の亡者だ」と思われることに強い抵抗感を示すのです。ただし、そもそも会社員は働くことによって自分が属する会社に利益をもたらす必要があります。そのため、実際は稼がないことの方が悪となります。

稼げない社員は無能の烙印を押されてしまいます。給料が上がることはなく、昇級も難しいです。そのため、まずはお金を稼ぐことに対するメンタルブロックを外さなければいけません。

金を稼ぐのは悪いのに、なぜ賃上げは悪くないのか

前述の通り、日本のサラリーマンの多くは「金を稼ぐのは悪いことだ」と思っています。しかし、この考え自体が大きな矛盾を含んでいます。

ほとんどの人は給料を上げてほしいと思っています。社内で偉くなることで昇給を狙います。残業代も払えと要求します。ボーナスも当然のように要求し、さらにはその額が上昇していくことを願います。労働組合を盾にして給料アップを要求します。

「金を稼ぐのは悪い」と思っているくせに、なぜか「賃上げ要求」に対しては罪悪感を覚えません。このように、ほとんどのサラリーマンは矛盾した行動をとっています。

確かに人を騙す行為は最悪です。しかし、自分が最高のものだと思える商品を作り、それに価値を見出してくれる人に対して売ることのどこが悪いのでしょうか。ここに従業員を雇えば会社になり、さらには雇用も生まれます。

ただ多くの人は「無料」で行おうとします。いわゆる単なるボランティアです。しかし、ここでは思考を変えて「ボランティアは最悪だ」と思ってください。

ボランティアであれば、ただ肉体労働をして終わります。そこから何も生まれません。これがビジネスであれば、きちんとお金を貰います。本当に世の中のことを考えているのであれば、そこで稼いでお金を寄付すれば良いのです。

もしボランティアだけをしていたら、寄付すら出来ません。「ただのボランティア」と「きちんと社会活動をしてお金を貰い、それを寄付する行為」のどちらが素晴らしいかを考えた方が良いです。本当に寄付はしなくても良いですが、お金は稼がなければいけない事を認識してください。

金を稼いで社会貢献をしましょう

例えば私であれば、薬学系サイトを保有しています。ここに私の知識を詰め込むことで人気サイトへと育て上げましたが、広告を張ることで広告収入があります。また、莫大なアクセスが集まることを利用して企業への集客代行やコンサルティングを行っています。

もしボランティアであれば、「サイトに広告を張らない」という事になります。その結果、広告効果が表れず「私のサイトに広告を出すことで収益を出していた企業の売り上げ」が下がってしまいます。

他にも、私が集客代行やコンサルをしなければ、これによっても相手企業の利益が上がることはなかったでしょう。

これを考えた時に、本当の意味でどちらが社会貢献をしているか考えた方が良いです。

ビジネス系サイトも同じです。「自分の知識で勝負することで稼ぎたい」「もっと会社の売上を大きくしたい」と思っている人にとっては私の知識がとても役に立ちます。しかも、「アフィリエイトで稼ぐ」のような手法ではなく、サイト運営によって誰からも感謝される方法です。

ボランティアであれば、それ以上発展することがありません。ただの良い人で終わってしまいます。しかし、ビジネスであればそこからより多くの人を手助けできるようになります。

こう考えると、「きちんとした対価を提供した上で稼ぐことは素晴らしい事である」という事実をまずは認識する必要があります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中