文章による情報発信であるとコピペされる可能性が高いです。私の文章も頻繁にコピペされます。しかし、動画は真似することができません。

そのため、動画によるマーケティングは完全なる自分独自の世界を伝えることができます。他の人が真似しようにもハードルが高いです。

動画を用いた教育を行う

文章で何十ページにもなる内容を動画では10分で話すことができます。そのため、教育という観点で言えば動画はとても有効なツールの一つです。

私も動画を使っており、メルマガによる文章以外にも動画を用いた教育を行っています。文章だけでは伝わらないことであっても、動画であれば伝えることができます。さらに、自分がいなくてもYouTubeなどにアップすることで無限に再生されます。

これが、動画を用いたメリットになります。

商品を販売する場合であっても、動画を用いた方がはるかに売れやすくなります。サイト上で売るよりもメルマガの方がクロージング力は高く、さらに動画を用いることでより販売力が増します。

各媒体でのクロージング力の強さは以下のようになります。

サイト < メルマガ < 動画 < 電話 < 対面

ネットビジネスで顔と名前を出してブランディング化を行っている人が商品販売を行う場合、必ずと言っていいほど動画を用いています。これには、前述の通りクロージング力の強い動画を組み合わせるという意味があります。

ただ単に動画を使えば良いのではなく、「なぜ動画を用いる必要があるのか」という思考を考えて自分に取り入れていかなければいけません。

証拠を提示し、信頼性を上げる

動画の良いところは「完全なる証拠を提示できる」という点です。中には画像を提示している人もいますが、画像は修正ができるので本当の意味では証拠とはなりません。しかし、動画であれば証拠になります。

そして、信頼性を上げることもできます。その人の顔が見えるということは、それだけで信頼に繋がります。誰か分からない人が発信する情報ではなく、「まさにこの人が発信している情報」となるのです。

これがブランディング化にもなります。

動画と聞けば敷居が高いように感じます。しかし実際には家庭用のビデオカメラで問題ないですし、編集も必要ありません。

私が行っている動画マーケティングも同じであり、編集をほとんどしていません。その場で考えながらほぼ無編集で行っています。なぜなら、重要なのは中身であり編集のキレイさではないからです。

ちなみに、私はどちらかと言うと積極的に動画を取り入れて情報発信を行っています。文章だけで情報発信するよりも明らかに反応が良いです。このように動画を有効活用することによって、より自分のビジネスを加速させることができます。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認