商品の中には、取扱説明書が同封されていることがあります。これらの説明書があることにより、困ったときにすぐ問題を解決することができます。

ただ、こうした取扱説明書は「読んでもわかりにくい」という致命的な問題があります。そこで動画を活用すれば、文章で読ませるだけのときよりも圧倒的にわかりやすく解説することができます。映像ではジェスチャーやその場の雰囲気などまで伝えることができるからです。

そういう意味では、ビジネスで動画を有効利用するのは重要です。伝わる動画を制作することができれば、それだけで商品を効果的に宣伝することができます。

伝わる動画を制作するための思考法

映像によって説明すると、それだけで多くの情報を詰め込むことができます。例えば、単なる説明書では「重さ」や「大きさ」などを正確に伝えることができません。しかし、動画であれば実際に商品を使っているところを見せることで、文章では分からない情報まで理解できるようになります。

そこで、ビジネス目的で商品を宣伝するための動画を制作する場合、「商品レビュー」を行うことを意識してください。

物販であれば、実際に商品を使っている姿を撮影します。セミナーであれば、過去のセミナーや雰囲気、お客様の声を載せます。コンサルティングであれば、どのような流れによって成果に導くのかを説明し、同じようにお客様の声を掲載します。

こうした内容の動画に仕上げることで、映像による宣伝効果が高まります。実際に商品を活用することで、どのような素晴らしい未来が待っているのかをお客様に対して明確にイメージさせることができるからです。

文章による取扱説明書では、商品を使うための順序を示すことはできるものの、実際に商品を活用したときの印象まで残すことはできません。だからこそ、動画による解説が大きな宣伝効果を生むのです。

リアル店舗であれば、実際に服を着ることで試す「試着」やスーパーなどで商品を食べてみる「試食」がこれに当たります。

どれだけ商品が素晴らしくても、実際に試さなければわかりません。服であればサイズが合わないかもしれませんし、食料品であれば味が好みでないかもしれません。こうした不安を解消するため、実際に試させるのです。

ただ、例えばインターネットなどで商品を注文する場合、リアルの場と同じように試着や試食まではできません。しかしながら、動画によってある程度まではカバーすることができるということです。

商品の活用方法を2通り以上用意する

あなたが商品を売りたいと考えるとき、どのようにして宣伝・販売するでしょうか。このときのコツとして、実際の活用方法を2通り以上用意します。

例えば、スポーツジムへの誘導を考えてみてください。このとき、「週に一回通えば、体重が落ちてダイエットに最適です」と宣伝するとします。この内容だけでも十分ですが、もっと効果的に宣伝するにはメリットをさらに並べます。例えば、次のようになります。

「週に一回だけ通えば、体重が落ちてダイエットに最適です。それだけでなく、お子さんと一緒に通えば、子供用のプログラムによって運動能力を伸ばすように指導します。また、高齢者の方であれば、血圧や血糖値の改善など運動を通して健康的な毎日を過ごしている方もいます」

通販番組をみれば、その多くは2通り以上の用途を示しています。これは、人によって刺さるメッセージが異なるためです。また、商品の用途が多様であることを示すことで、押しつけ感を薄れさせることができます。

こうした宣伝は動画制作側が最初から意図的に考えながら行わなければいけません。「お客様が商品を購入する」というゴールを見定めて、それに対する導線を丁寧に仕上げていくのです。その結果、効果的に宣伝できる「伝わる動画」を作れるようになります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録