マーケティングはビジネスでの基本となります。マーケティングを理解すれば「差別化」が重要であることが分かりますし、どのように差別化していけば良いかも自然に分かってきます。

そして、どの戦場を想定するかが重要となります。標的とする戦場が変わってしまうと、それに対する競合も変化してしまうからです。

マクドナルドの競合は誰か

例えば、「マクドナルドの競合は誰だと思いますか」と聞けば、多くの人はその他ハンバーガーチェーンの名前を挙げます。しかし、マクドナルド自体はこれらハンバーガーチェーンを競合とは一つも思っていません。それでは誰が競合かと言うと、別業種の飲食店を運営している人たちになります。

例えば、あなたが旅行や出張などで朝食を食べる時に何処の店に入るでしょうか。多くの選択肢が浮かび上がると思います。マクドナルドにとって、あなたの頭の中に思い浮かぶ選択肢が全て競合となります。

あなたは牛丼チェーンで朝食をとるかもしれません。また、コンビニで済ませるかもしれません。ホテルに泊まっているのでそこで朝食を食べるかもしれません。これらの競合がいる中で、マクドナルドはなんとかしてあなたにハンバーガーを食べてもらうように努力しているのです。

こう考えると、ハンバーガー業界など一つの業界内でのシェアを考えることがいかに無意味であるか理解できるかと思います。競合は同じ業界内ではなく、実はその外にいるからです。そこで、あなたに選んでもらうためになんとかして差別化を行っているのです。

一番をとることが差別化になる

ビジネスに限らず、何でも一番にならなければ意味がありません。そうしなければ、少なくともビジネスでお客様に選ばれることはありません。例えば、日本人であれば日本一高い山を誰でも答えることができると思います。しかし、「日本で2番目に高い山は?」と聞かれれば、ほとんどの人が答えられなくなります。

答えは北岳(きただけ)という山になりますが、この山も富士山と同じように3000mを越す山です。それにも関わらず、この山の名前を知らない人がほとんどです。

同じように、日本一大きい湖であれば「琵琶湖」と誰でも答えることができます。日本一面積の大きい都道府県も「北海道」であると分かります。しかし、2位は答えられません。

このように、1位であることはとても重要です。それがどれだけ小さい分野であっても問題ありません。1位にこだわる必要があります。そして、これが最大の差別化になります。

日本一の富士山であれば、登山初心者であっても多くの人が訪れようとします。しかし、少なくとも登山初心者が北岳に上ろうとはしないと思います。このように、なんとかして1位を取る必要があります。

マクドナルドで言えば、ハンバーガーチェーンの中でも「値段の安さ」で圧倒的に1位です。また、店舗に入るためのドアがない場合も多く、すぐに商品を購入できるという手軽さも他に負けません。

牛丼のように必ずしも店内で食べる必要はなく、マクドナルドでは多くの人が持ち帰りを選ぶことができるのも特徴です。

もしこれらの手軽さで1位でなければ、そもそも「何処で食べようかな」というお客様の頭に思い浮かぶ選択肢の中に入ることすらありません。これを理解すると、1位になることがとても重要であることが分かります。

狭い分野で1位をとる

トップを狙うとなると、多くの人は「自分には無理だ」と思います。しかし、そんなことはなく「狭い分野で1位になれば良い」と思えるかどうかになります。

例えば、これらかセミナー業を行うにしても「○○市で1番のセミナー講師」と狭い地域でトップを目指せば良いのです。何でも見せ方が重要なので、1位である実績さえあれば問題ありません。

私も同じです。私が提唱している「毎日感謝メールが届きながら稼ぐ、社会的意義の高いポータルサイトビジネス」とは言っても、そもそも私しかポータルサイトビジネスを教えられる人がいません。そのため、私が1位を名乗っても何の違和感もありません。

このように、私はネットビジネスの中でもポータルサイトビジネスという狭い分野にフォーカスしています。そもそも競合がいないので1位になるしかないのですが、そのような視点を持つことがビジネスでは重要となります。

なお、必ずしも誰も行っていない分野を探さなくても、分野を狭くさえすれば少し頑張るだけで1位になることができます。前述の通り、地域を狭めても良いですし私のように分野を絞っても問題ありません。方法はいくらでもあります。

これからビジネスを加速させるためには、「自分はある分野で1位です」と見せることができるかどうかが重要となります。

ちなみに勘違いしてはいけない事として、いくらある分野で1位であったとしてもその他がおろそかであってはいけません。平均点を満たした上で、特定の分野で特出した強みがあることが前提となります。

例えば、いくら安い料理を提供していたとしても、その料理がもの凄くまずければ二度とその店に行かないと思います。ある程度の味を満たした上で値段が安いという事が重要になります。

また、どれだけ高性能な電子機器であっても、とても使いづらく説明書も難解な専門用語で埋められていれば、その会社の商品を買うことは今後なくなります。このように、他の分野で平均点を取った上で特出しなければいけません。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認