YouTubeなどの動画配信を行うことによって商品販売やリスト取りを行うことができます。ただし、この方法にはデメリットがあります。

その中の一つとして、「消されたら終わり」という事があります。文章であると斜め読みすることができ、ページの最後まで一気に飛ばして読むこともできます。前後関係をすぐに目で確認することもできます。

しかし、動画では飛ばし読みすると前後の関係が分からなくなってしまいます。そのため、動画を消されたらその時点で終わります。

動画を消されないために

ネットビジネスでプロダクトローンチを行う場合、多くの人は動画を用います。この時に第一話目で興味を引かなければいけません。最初の動画を強力にしなければ、すぐに動画を消されてしまいます。

よくプロダクトローンチでは精神論や「お客様のために」などしか言わない人が多いですが、これは最悪です。動画を見ている人の時間を奪って何も中身がない映像を流しているケースが大半です。

これではすぐに動画を閉じられてしまいますし、当然ながら商品も買われることがありません。ネットビジネスで稼いでいる人であっても、実はビジネスの本質を理解していない初心者が多いのでこれは仕方のない事かもしれません。

いずれにしても「動画を見てくださっている方に『最大の得』をして貰わなければいけない」という思考ができるかどうかというだけです。

この思考はどのビジネスでも同じです。情報発信によるビジネスも同様です。有用な情報がなければサイト運営によってアクセスを集めることができませんし、口コミも起こりません。当然ながら感謝もされません。

いずれにしても、できるだけ有用な情報を流していく必要があります。出し惜しみをしてはいけません。これを理解した上で情報発信をします。要は、心理学で言う「返報性の法則」を実行していくだけです。

中身さえあれば動画は完璧である

他のページでも説明していますが、中身のある有用な話をしていれば離脱していく確率が減っていきます。この時、動画編集はそこまで重要ではありません。

私は動画配信を行っていますが、ほぼ無編集です。動画編集では最初と最後に映るカメラの再生ボタンを押すシーンをカットしているだけです。

しかし、それでも問題ありません。

中身さえしっかりしていれば動画を最後まで見てくれます。さらに有用な情報であると、動画を見てくれた人がファンになってくれます。これがブランディング化に繋がり、商品を買って貰いやすい状態を作り出すことができます。

ちなみに、気をつける点と言えば「音声」くらいです。動画での情報発信は家庭用のビデオカメラで問題ないですし、編集も必要ないです。ただし、音声だけは良いものを使わなければいけません。

私が動画撮影のために購入した機材としては、実は外部マイクが一番高いです。ビデオカメラよりも高いマイクを使うことで、しっかりとした音声をとるようにしています。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認