金を稼ぐために最も手っ取り早い方法として「アルバイト」があります。ほぼ確実に誰でも賃金を得ることができます。

これと同じことがサラリーマンに対しても言えます。自分が頭を振り絞って考えながら行動するよりも、決められたマニュアル通りに動く人が評価されやすいです。たとえ自分の考えで大きな成果を出したとしても、せいぜい給料が5000円上がるくらいではないでしょうか。

そもそも、どれだけ成果を出しても評価されないことは日常茶飯事です。ただし、これは従業員として働いている以上は仕方のないことでもあります。そこで、金持ちになるために必ず必要となる「知的労働」についてお話しします。

知的労働によって稼ぐ

稼ぐ方法を大きく分けると2つしかありません。それは「肉体労働として体と力を使う」または「知的労働として知恵とアイディアを使う」のどちらかです。

世の中の99%の人は肉体労働をしています。工事現場のように体力を使って働くことだけが肉体労働ではありません。

SE(システムエンジニア)や広告業の人たちは物販をするのではなくて、自分達の頭の中で価値を生み出していく職業の人たちです。ただし、これらの人も「決まった時間を拘束されて、その対価として賃金を貰う」という観点で見れば完全なる肉体労働となります。

仕事内容としては一見すると知恵を絞っているように思えます。しかし、実際のところ言葉を悪くすれば「既にある程度決まった仕事をこなしているだけ」となります。

そこで、経営者の視点で考えます。本当の意味での知的労働とは「仕組みを作ること」になります。知恵を振り絞りだす頭の労働を行うことによって、後は自分がいなくても自動で動く仕組み作りをするのです。

自分が体を動かすのではなく、バイトなどを雇うことで他の人に働いてもらいます。外注するのも良いかもしれません。つまり、勝手に金が入ってくるという仕組みを作り上げるために必死で頭を使うのです。

これが、「資産を作る」という本当の意味です。

個人事業主として自分がずっと働いているのでは、いつまで経っても豊かになりません。そうではなく、自分が働かなくても動く仕組みを作るのです。

悪い言葉で言えば「不労所得」となりますが、この不労所得を膨れ上がらせるのです。これに罪悪感を覚えてはいけません。稼げない99%の人は肉体労働を行います。しかし、仕組み作りという知的労働を行える人はわずか1%しかいません。

他の人ができない事を行うので、その分だけ大金を得ても何も文句がないはずです。体を使うとそれで終わりです。そこで、マーケティングや集客の仕組みを学ぶことでお金を得るための原理原則を理解します。自分独自の仕組みを構築していくのです。

この思考ができるようになると、ようやくお金持ちになるための第一歩を踏み出せるようになります。

仕組み作りの本当の意味

知的労働をしていると、肉体労働をしている人にとっては「体を動かして働いていない」と思われるかもしれません。しかし、これは完全なる間違いです。

もし本当にそうなのであれば、「朝から晩まで必死こいて肉体労働をすること」が金持ちになる秘訣になります。しかし、世の中を見渡せばそうでないことが分かります。

多くのサラリーマンは自分の時間をたかだか時給数千円で差し出しています。「時間=賃金」の状態でお金持ちになれるはずがありません。稼ぐための仕組み作りができないのであれば、現在の状況に従うしか方法がないのです。

「稼ぐための仕組み作り」ができないからサラリーマンをしているのであって、「自分の現状」に文句を言うこと自体がナンセンスです。「自分の現状」から抜け出すためには、頭をフル回転させて頭をフル回転させて「仕組み作り」を行います。そうすることで、自分独自の資産を持つしかないのです。

世の中には多くのきつい仕事があります。

・工事現場で汗を拭きながら指揮を取る

・地図を持って片っ端から訪問営業をしていく

・得意先の依頼に応じ、徹夜でシステムを組んで納品する

多くの人はこれを自分で行おうとします。これがいわゆる肉体労働です。前述の通り、世の中にいる99%の人がこれを行っています。

そこで、ビジネス思考へと転換していきます。この考えに変えることによって、例えば以下のようになるのです。

・従業員が熱中症にならず、スムーズに工事を行える仕組みを考える

・訪問営業しなくても、自動で仕事が取れる集客の仕組みを考える

・「システムを必要とする会社」と「システム制作会社」をくっつける仕組みを考える

これを理解して実行することができれば、本当の意味で経営者の思考になれます。肉体労働ではなく、知的労働の道へようやく一歩を踏み出すことができるようになります。

同じ働くにしても、知的労働によって「自分が働かなくてもお金がまわる仕組み作り」が必要不可欠になります。

ただし、多くの人は「自分にはそのような資源が一つもない」と思います。しかし、実際にはそんなことはありません。「これまでのあなたの経験」と「インターネット」を用いれば誰でも実現可能です。

ネットを使えば、私が行っているように「自動でお客様が集まってくる仕組み」を作ることができます。これが出来れば、訪問営業のような嫌われる仕事をする意味がなくなります。少し方向を変えてマッチングビジネスとして立ち上げれば会社同士をくっつけるB to Bのビジネスも可能になります。

ここからさらにお金がまわる仕組みを構築すれば、資産がどんどん膨れ上がっていきます。このように頭に大量の汗をかくことによって、ようやくお金持ちになることができるのです。

知恵を絞ることが最大の労働です。確かに、この稼いだお金を遊びのために使えば問題かもしれません。実際には少し稼いだだけで高い車を買っている能のない経営者が多いので何とも言えませんが、本来はお金の使い方を考える必要があります。

稼いだお金で従業員を雇い、働きやすい環境を作り、さらにお客様に満足してもらうだけの価値を提供できればあなたに対して誰も文句を言いません。

お金を稼ぐことは良いことです。そのための仕組み作りを第一に考えてください。

ちなみに、世の中のアフィリエイターが言う事として「あなたは会社に拘束され、時給○円と時間を切り売りして、それに対して賃金が支払われている。しかも、リストラや倒産など会社はあなたを守ってはくれない。ここから脱却するには自分で金を稼ぐしかない」という常套句があります。

これには賛成ですし、知的労働を行うべきだと思います。だからと言って、「なのでアフィリエイトをしましょう」というのは論理が飛躍しすぎています。

ネットビジネスはアフィリエイトが全てではありません。むしろ、今さらそんな競合だらけのレッドオーシャンに飛び込んでも稼ぐことなく終わります。

そこでもう一度言います。知的労働をしてください。自分の頭を振り絞り、これまで満たされていない分野で仕組み作りができないかを考えてください。

私の場合、薬学系サイトを構築することによって「薬学を学びたい人」を自動で集客できる仕組みを作りました。これによって、企業と組んで新しいビジネスをしたりコンサルティングを行ったりしています。

ビジネス系サイトも同じであり、「自分の力で金を稼ぎたい人」が自動で集まってくるようになっています。よくある「アフィリエイトで稼ぐ」という事だけを情報発信している人とは次元の違う内容のため、かなりレベルの高い人たちが集まってきます。

このような仕組み作りが重要です。人が集まればいくらでもビジネスができるようになります。この仕組みを一度でも作れば、後は放置でも問題ありません。ここを目指して、自分独自の仕組み作りを行ってください。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録