金を稼ぐために最も手っ取り早い方法としてアルバイトがあります。ほぼ確実に誰でも賃金を得ることができます。

これと同じことがサラリーマンに対してもいえます。自分が頭を振り絞って考えながら行動するよりも、決められたマニュアル通りに動く人が評価されやすいです。しかし、たとえ自分の考えで大きな成果を出したとしても、せいぜい給料が5000円上がるくらいではないでしょうか。

ただ、本当のお金持ちになるためには、自分の時間を切り売りすることはしません。自分の時間を切り売りするという「時間で稼ぐ」という方法ではなく、「仕組みで稼ぐ」という方法を選択する必要があります。

それでは、具体的にどのようなことを考えればいいのでしょうか。ここでは、お金持ちになるために必ず必要となる知的労働についてお話しします。

時間で稼ぐのではなく、お金を生むシステムを作る

稼ぐ方法を大きく分けると2つしかありません。それは「肉体労働として体と力を使う」または「知的労働として知恵とアイディアを使う」のどちらかです。

世の中の99%の人は肉体労働をしています。肉体労働とは、工事現場のように体力を使って働くことだけが肉体労働ではありません。

例えば、SE(システムエンジニア)や広告業の人たちは自ら体を動かして労働をするのではなく、自分達の頭の中で価値を生み出していく職業の人たちです。ただし、これらの人も「決まった時間を拘束されて、その対価として賃金を貰う」という観点で見れば完全なる肉体労働となります。

仕事内容としては一見すると知恵を絞っているように思えます。しかし、実際のところ言葉を悪くすれば「既にある決まった仕事をこなしているだけ」となります。

そこで、経営者の視点で考えます。本当の意味での知的労働とは「仕組みを作る」ことになります。知恵を振り絞り出す頭の労働を行うことによって、あとは自分がいなくてもお金を生み出すシステム作りをするのです。

自分が体を動かすのではなく、バイトなどを雇うことで他の人に働いてもらいます。外注するのも良いかもしれません。つまり、勝手に金が入ってくるという仕組みを作り上げるために必死で頭を使うのです。これが、資産を作るという本当の意味です。

働かなくても自動でお金を生み出すビジネスが最適

個人事業主として自分がずっと働いているのでは、いつまで経っても豊かになりません。そうではなく、自分が働かなくても動く仕組みを作る必要があります。

例えば私の場合、Webサイト運営による自動収益をしています。以下のようなサイト・ブログ(薬学サイト)を運営し、何もしなくても勝手に収益が入ってくるシステムが完成されています。

Webサイト運営のため、いわゆるネットビジネスです。ただ、よくあるねずみ講のような怪しいネットビジネスではなく、このように有益な情報を発信することによってアクセスを集め、毎日感謝メールが届くという社会貢献性の高いビジネスでの自動収益となっています。

悪い言葉で言えば「不労所得(権利収入、継続収入)」となりますが、お金持ちになるためには不労所得を膨れ上がらせる必要があります。これに罪悪感を覚えてはいけません。実際、私の場合はホームページやブログを運営してアクセスが増え、収益額が大きくなるほど感謝メールが届く(=幸せになる人が増える)というビジネスばかり実践しています。

稼げない99%の人は肉体労働を行います。しかし、本当のお金持ちは勝手に儲かるようになるシステム構築を考えます。

こうした他の人ができないことを行うので、その分だけ大金を得ても何も文句はいえません。体を使うとそれで終わりです。そこで、マーケティングや集客の仕組みを学ぶことでお金を得るための原理原則を理解し、自分独自の仕組みを構築していくのです。

この思考ができるようになると、ようやくお金持ちになるための第一歩を踏み出せるようになります。

貧乏人がお金持ちになる、仕組み作りの意味

知的労働をしていると、肉体労働をしている人にとっては「体を動かして働いていない」と思われるかもしれません。しかし、これは完全なる間違いです。

もし本当にそうなのであれば、「朝から晩まで必死こいて肉体労働をする」ことがお金持ちになる秘訣になります。しかし、世の中を見渡せばそうでないことが分かります。

多くのサラリーマンは自分の時間を時給数千円で差し出しています。ただ、「時間=賃金」の状態でお金持ちになれるはずがありません。稼ぐための仕組み作りができないのであれば、現在の状況に従うしか方法がないのです。

稼ぐための仕組み作りができないからサラリーマンをしているのであって、自分の現状に文句を言うこと自体が間違っています。自分の現状から抜け出すためには、頭をフル回転させて「仕組み作り」を行わなければいけません。そうすることで、自分独自の資産を持つしかないのです。

・仕組みを考える仕事を行うべき

世の中には多くのきつい仕事があります。

  • 工事現場で汗を拭きながら指揮を取る
  • 地図を持って片っ端から訪問営業をしていく
  • 得意先の依頼に応じ、徹夜でシステムを組んで納品する

多くの人はこれを自分で行おうとします。これがいわゆる肉体労働です。前述の通り、世の中にいる99%の人がこれをしています。

そこで、ビジネスの考えを変えていきます。考え方を変えることによって、例えば以下のようになります。

  • 従業員が熱中症にならず、スムーズに工事を行える仕組みを考える
  • 訪問営業しなくても、自動で仕事が取れる集客の仕組みを考える
  • 「システムを必要とする会社」と「システム制作会社」をくっつける仕組みを考える

これを理解して実行することができれば、本当の意味で経営者の思考になれます。肉体労働ではなく、知的労働の道へようやく一歩を踏み出すことができるようになります。同じ働くにしても、知的労働によって「自分が働かなくてもお金がまわる仕組み作り」が必要不可欠になります。

確実にお金持ちになる4つの方法

それでは、勝手にお金を生み出すシステムを構築するにはどのようにすればいいのでしょうか。これについては、当然ながら方法が存在します。

貧乏人がお金持ちにある方法はいくつか存在しますが、主なものとしては以下のやり方があります。

  • 投資家になる:株、FX、仮想通貨など
  • 不動産投資を行う
  • Webサイト・ブログを運営する
  • 会社運営をする

これらで成功すれば、確実にお金持ちになることができます。どれも起業(または副業)であり、雇われではなくビジネスを自ら実践することは共通しています。ただ、それぞれメリットやデメリットがあります。どの方法も成功方法が異なるのです。そこで、できるだけ中立的にそれぞれの起業方法を解説していきます。

投資家になる:株、FX、仮想通貨など

投資の代表として、株やFX、仮想通貨などが存在します。こうしたものへ投資をすることで、自動でお金を生み出すようにさせるのです。いわゆる、お金がお金を生む状態になります。

短期トレードが好きな人がいれば、長期投資によって収益を上げる人もいます。この中でも、世間一般的に見ると株式投資によってお金持ちになっている人が非常に多いように思います。FXや仮想通貨でも問題ないのかもしれませんが、王道である株で金持ちになる人が大半です。

デメリットとしては、大損する可能性が非常に高いことがあります。お金にお金を生ませようとしているのに、読みが外れて保有資産が半分以下に下落するのは普通です。

例えば、以前にトルコリラの暴落が話題になったことがあります。

トルコリラはそのとき金利24%と非常に高い利子を得ることができたため、トルコリラにお金を預けて利子を得ることで、悠々自適な生活を考える人が多かったのです。ただ、トルコリラは以下のように暴落を続けました。

お金の価値が半分以下になったため、たとえ金利24%だったとしても大損する人が多発したわけです。このように、投資では大きなやけどをすることが頻繁にあります。FXの場合、下手をすると大きな借金を背負うこともあります。

また、元手がなければ稼げないのも投資のデメリットです。投資の天才であっても年利20%が限界です。そのため、貯金が100万円の場合は一年間頑張って120万円に増やせることになります。ただ、投資の天才が年利20%のため、年利5~8%が現実的です。そのため、資産家でなければ本当の意味での自動収益は難しいです。

不動産投資を行う

一方で貧乏人でもお金持ちになれる方法が不動産投資になります。区分マンションやアパート一棟を保有した後、そこに人を住まわせることで家賃収入を得るという方法です。

不動産投資の場合、株のように自己資金を用意しなくても問題ありません。銀行から借りればいいからです。お金を借りて不動産を購入し、その後に人を住まわせて家賃収入を得られるようになれば、同じようにお金がお金を生んでくれるシステムを作れるようになります。

デメリットとしては、優良物件は世の中にほとんど出回らないことがあります。実際に不動産投資の成功者に話を聞くと、「300件ほど見て1件良い物件があれば当たりだ」と教えてくれました。ダメな割高物件が多いため、ビジネス初心者が手を出すと赤字になってしまうのです。

また、不動産投資で成功している人は全員、「会計をプロレベルでマスターしている」という共通点があります。証券会社のエリートだったり、会計のコンサル会社で勤めていたりするのです。そのため、そういう人であれば成功する確率が高いです。

参考までに、不動産投資では5億円の借金をしてようやく年収1,000万円を達成できます。ただ、これは非常にうまくいった場合の実例です。そうはいっても、どれだけの借金をすれば不動産投資でお金持ちになれるのかの目安として理解しておくといいです。

Webサイト・ブログを運営する

パソコンを活用するなど、ホームページを構築する自動収益でも問題なくお金持ちになれます。ネットで稼ぐ仕組みを構築するわけですが、私が行っている手法がこれになります。

ホームページを利用したサイト・ブログのビジネスであると、初期投資がほとんど必要ありません。維持費も必要なく、月にわずか数百円の投資でネットビジネスを開始することができます。

私はいくつものサイト・ブログを保有していますが、一つのサイトで月100万円以上の不労所得を得られるようになるのは普通です。実際、先ほど見せた薬学サイトは月130万円以上の自動収益をもたらしてくれていました。

Webサイトによるビジネスとはいっても、アフィリエイトからマッチングビジネス、リストマーケティングまで非常に多くの手法が存在します。この中で自分に最適な方法を選び、あなたの得意ジャンルでサイト・ブログを作っていけば問題ありません。

ただ、金銭的な負担がない代わりとして、大きな労力と時間がかかるというデメリットがあります。ホームページを作ってアクセスを集めるには有益な記事を書く必要があり、わりと作業は大変です。また、アクセスが集まるまでに1年以上は時間がかかります。

一度、お金を稼ぐ仕組みを作れば後は完全放置で問題ないものの、自動収益によるお金稼ぎの仕組みを作るまでが大変なのです。ただ、私は「最初だけ大変でも問題ないから、後で不労所得になる仕組みを構築できればいい」という考え方なので、ネットビジネスをメインで行っています。起業という感じではなく、最初は副業から入れるのも利点です。

会社運営をする

なお、恐らく世間一般的に最も認知されているお金持ちになる手法が会社経営なのではと思います。起業して従業員を雇い、自らビジネスをすることで儲かるようにさせるのです。

起業してビジネスがうまくいっている会社の社長であるほど、海外で豪遊していたり、休日にゴルフをして過ごしたりします。これは、自分が必死に努力して頑張らなくても、自動でお金が入ってくるシステムが出来上がっているからなのです。

もちろん、会社経営にもデメリットがあります。それは、「会社経営で不労所得を実現するには、人を雇わなければいけない」ことです。社員に働かせることで、自分は何もしなくても問題ない状況を作れるようになるのです。

株式投資や不動産経営、サイト・ブログ運営は一人だけで実現できます。社員などは不要です。しかし、会社経営だと人がいなければいけません。

会社社長の話を聞くと、たいていの悩みは人の問題です。優秀だと思っていた人が会社の技術を盗んで辞めたり、ダメな人ばかり会社に居座ったりと大変なようです。そのためビジネス能力だけでなく、人を管理する能力が求められるようになります。

なお、注意点として会社経営でお金持ちになる条件は「起業した創業社長」であることです。どれだけの大企業であっても、雇われ社長は金持ちではありません。お金持ちになるには、必ず起業による成功が必須であることを理解しましょう。

MLMや情報商材アフィリエイトの権利収入は微妙

ただ、「簡単にお金持ちになりたい」と考えたとき、同時にダメな人があなたの周囲に群がってくることが多いので注意するようにしましょう。多くは以下の人たちです。

  • ネットワークビジネス:MLM、ねずみ講
  • 情報商材アフィリエイト

ネットワークビジネス(MLM)はマルチビジネスとも呼ばれ、基本的にはサプリメントを売っていきます。このとき、口コミでサプリメントを売るのですが、あなたの下に仲間を作り、その仲間がサプリメントを売ったときにあなたにお金が入ってくるようになります。

ただ、この図をどこかで見たことがあると思います。それは、ねずみ講です。ネットワークビジネス(MLM)はサプリメントという商品を介すので違法ではないものの、その中身はねずみ講なのです。

また、実際にMLMで大きな成果を出している人がいるのは事実ですが、成功者の全員がトップ営業マンという共通点があります。しかも、トップ0.1%ほどの営業マンでなければ成功しません。私の周囲には素晴らしい成果を出している営業マンがいるものの、その人たちでさえ何人もMLMを諦めたほどです。

しかも、ネットワークビジネスは不労所得にならないことも多いです。あなたの下に付いている人がやめれば収益はなくなるため、一年の間に年収1,000万円から年収150万円ほどに落ちる人もたくさんいます。人を勧誘するのだけでも難しいのに、人をつなぎとめるのも大変なのです。

MLMでは権利収入(継続収入)という言葉が頻繁に使われます。ただ、実際のところネットワークビジネスで権利収入を得るのは幻想であることが多いです。

・同じ理由で情報商材アフィリエイトも金持ちにならない

また、ネットワークビジネスと同じ理由で情報商材アフィリエイトも微妙です。「私があなたにこの情報商材を売ったのと同じように、あなたも他の人にこの情報商材を売りつけてください。そうすれば、あなたに紹介料が入ります」というねずみ講のシステムになっているからです。

同じアフィリエイトでも、サイトアフィリエイト(ブログアフィリエイト)であれば「有益な情報を発信し、人に感謝されながら収益を得る」ことになるので、ビジネスをする意味があります。例えば、私は以下のようなアフィリエイトサイトを保有しています。

一方で情報商材ビジネスになると、中身がねずみ講なので急に内容が怪しくなります。さらには、情報商材アフィリエイトではメルマガ(メールマガジン)を活用する必要があり、当然ながらメルマガは自分で内容を考えなければいけません。

そのため自動にはならず、そもそもが不労所得ではありません。サイトアフィリエイトのように放置できず、人からも嫌われるので行うメリットはゼロです。

ちなみに、世の中の情報商材系のアフィリエイターが言うことに「あなたは会社に拘束され、時給○円などと時間を切り売りして、その時間に対して賃金が支払われている。しかも、リストラや倒産などのとき会社はあなたを守ってはくれない。ここから脱却するには自分で金を稼ぐしかない」という常套句があります。

これには賛成ですし、知的労働を行うべきだと思います。しかし、「その解決策として情報商材アフィリエイトをしましょう」というのは論理が飛躍しすぎています。

ネットビジネスは情報商材アフィリエイトが全てではありません。それよりも社会貢献性が高く、本当の意味での自動収益になり、さらには感謝されるWebビジネスはいくらでも存在します。

どうしてもお金持ちになりたいなら、お金を作る仕組みを考える

なお、自動収益化を行うときに代表的なものは、やはりWebビジネスになってしまいます。実際のところ、パソコン一台で稼いでいる人はそれなりにたくさんいます。簡単にお金持ちになることはできないものの、努力さえすれば誰でも自分の資産を持てるようになります。

しかし、このとき成果にならないことを頑張って行っている人も多いです。よくあるのが、SNSを使って頑張って稼ごうとしている人です。SNSとしては、主に以下のようなものがあります。

  • Facebook
  • Twitter
  • インスタグラム
  • YouTube

ただ、これらを頑張っても自動収益にはなりません。理由は単純であり、更新し続ける必要があるからです。FacebookやTwitter、インスタグラムを含め更新し続けないとすぐに見放されてしまいます。そのため、自動収益化装置を作ることにはならないのです。

同じパソコンを使ったネットビジネスであっても、このように労働収入になるものは多いです。どうしてもお金持ちになりたい場合、SNSなど労働収入になってしまうものは無視する必要があります。

・資産にならないものも多い

それでは、YouTubeはどうなのでしょうか。実はこれも資産ではありません。YouTubeは他人の媒体(Googleの所有物)であるため、あるときアカウントが消されることが普通にあります。つまり、翌日から収益ゼロになるのです。

これはYouTubeに限らず、あらゆるSNSに共通しています。これらSNSによるネットビジネスを頑張るのはいいですが、資産ではないことを認識しなければいけません。

さらに、SNSではほぼお金にならないという最大のデメリットがあります。FacebookやTwitterで商品はほとんど売れませんし、YouTubeからの広告収入も微々たるものです。

参考までに、私は月に28万回ほど再生されるYouTubeアカウントを保有しています。

それなりの再生回数ですが、肝心の収益額はわずが49ドル(約5,000円)です。ここからも、YouTubeがほぼ稼げないことが分かります。しかも、YouTubeに限らずSNSはこのようにどれも非常に儲かりにくくなっています。

お金持ちになるとき、起業での自動収益は必須

簡単にお金持ちになる方法はこの世に存在しません。ただ、きちんとした戦略に基づき、適切な方法で努力すれば誰でもお金持ちになることは可能です。

このとき、成功すれば確実にお金持ちになる方法を4つ記しました。どの方法が適切なのかは人によって異なります。ただ、その中でも私はWebサイトやブログを活用した収益を生み出す仕組みを作っています。

ただ、世の中にはビジネスの中でも実現が非常に難しかったり、自動収益化が実際のところ無理だったりするものはたくさんあります。例えばネットワークビジネス(MLM)や情報商材アフィリエイトです。これらを実践しても成功するのはほぼ無理です。

また、SNSを活用したビジネスも儲かるようになることはほぼないと考えましょう。しかも、これらは他の企業の媒体なのでアカウントを消される可能性があり、資産ですらありません。さらに、多くは更新が必要なので結局のところ時間で稼ぐことになり、仕組みだけで稼ぐようにはなりません。

こうしたお金の仕組みを理解したうえで、ビジネスを行う必要があります。どうしてもお金持ちになりたい場合、正しい方法によって自動収益化の仕組みを構築することを考えましょう。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認