インターネットビジネスにおいて、ビジネスの初心者ほど犯しやすい間違いがあります。それは、一つのサイトでさまざまな商品を販売しようとすることです。

確かに、一つのサイトで販売・紹介できる商品はたくさんあります。そして、多くの商品を提示した方が、売上は上がるように思えるかもしれません。

しかし実際には、こうした行動はサイトのメッセージがブレることにつながり、結果的に商品が売れなくなります。

そうしたことを避けるためにも、ビジネス初心者が犯しやすい間違いを理解した上で「1サイト、1メッセージ」を徹底することが大切です。

そこで今回は「インターネットビジネスで商品をたくさん紹介するほど売れない理由」について解説します。

ビジネス初心者が犯しやすい間違い

ウェブサイトで商品を販売・紹介するとき、ビジネスの初心者が犯しやすい間違いがあります。それは、前述の通り「できる限りたくさんの商品を売ろうとする」ということです。「多くの商品を紹介した方が対象となるお客様の幅が広がるため、売上が上がるだろう」と考えて、関連する商品をすべて紹介しようとします。

確かに、たくさんの商品を紹介した方が、多くの人に買ってもらえそうな感じはします。

例えば、転職に関するサイトを作ったとします。このときに、薬剤師や看護師といったように職種を絞るのではなく「医療関係者」というように対象を広げてコンテンツを作るケースです。薬剤師や看護師だけでなく、医師などあらゆる職種の人を対象にした転職情報サイトを作ろうとするのです。

しかし実際には、このように一つのウェブサイトでたくさん商品を売ろうとするのは間違いです。ビジネス初心者ほど多くの商品を紹介しようとして、結果的に失敗します。

サイトでのメッセージは一つ

基本的に、一つのウェブサイトにおいて、ユーザーに対して投げかけるメッセージは一つです。メッセージが複数になると、誰の心にも響かないサイトになるためです。

例えば、あなたが敏感肌のサイトを作っていたとします。敏感肌などの肌トラブルには、水や腸内細菌も関連しているため、商品を紹介しようと思えば「ウォーターサーバー」だけでなく、「腸内細菌サプリメント」などの腸内環境を整える商品でも紹介できます。

ビジネス初心者の人は、こうした関連する商品をすべて紹介しようとするのです。つまり、サイトでは「敏感肌を治すため、ウォーターサーバーも腸内細菌サプリメントを買うべき」というような、複数のメッセージが発せられるようになるのです。

しかし、それではウェブサイトを訪れたユーザーは「結局、敏感肌の人はどれを買えば良いの?」と迷ってしまい、商品を買わずにあなたのサイトを離脱します。

また、このように一つのサイトで複数のメッセージ(「敏感肌にはウォーターサーバーがお勧めだが、腸内細菌サプリもお勧め」など)を投げかけてしまうと、ユーザーの心に響くことはありません。多くの人に向けて作ったボヤっとしたメッセージでは、誰の心にも響かないのです。

そうではなく、「敏感肌の人は、この腸内細菌サプリメントだけを選択すれば問題ない」というように紹介する商品を一つに絞ると、ユーザーの心に響きます。その結果、多くの商品を紹介するよりも商品が売れるようになります。

商品が多いと売れない

人間というのは、心理的にたくさんの商品を紹介されると購入しなくなります。これは「選択のパラドックス」と呼ばれる現象です。

例えば、ある2つの会場でウォーターサーバーを使った試飲会が開催されていたとします。一つの会場では3社のウォーターサーバーが紹介されており、もう一つの会場では20社のウォーターサーバーを使って試飲できるようになっていました。

このとき、20社のウォーターサーバーが用意してあった会場を訪れたお客様の方が、3社のウォーターサーバーだけでしか試飲できない会場のお客様よりも試飲会に対する満足度は高いです。その一方で、試飲会後に実際にウォーターサーバー(商品)が多く売れたのは、20社紹介した会場ではなく、3社しか紹介しなかった会場だったことが分かっています。

このように、人間は多くの商品を紹介されると満足度は高くなります。ただ購入する場面になると、商品が多くなりすぎることで迷いが生じて買わなくなるのです。

ウェブサイトでも同様であり、一つのサイトでたくさんの商品を紹介してしまうと、最終的にユーザーが商品を買ってくれなくなります。

間違いを犯しやすい(メッセージがブレやすい)分野

ここまで述べたように、インターネットビジネスを行うときには、ウェブサイトのメッセージは一つです。メッセージがブレると、本来であれば100万円稼げるサイトであっても、10万円しか稼げないようになります。

ただ中には、サイトのメッセージを絞ろうと意識しても、メッセージがブレやすい分野があります。そこでここからは、特にビジネスの初心者においてメッセージがブレやすい分野について事例ベースで解説します。

体臭と口臭

インターネットビジネスを行う際に「臭い」に関する分野は稼げます。臭いを解消したいと考えている人の悩みが深いためです。当然、悩みが深い問題であるほど「どうにかして改善したい」と考えるため、高額の商品を買ったり、継続して商品を購入し続けたりしやすいです。

そうした理由で「臭い」はインターネットビジネスにおいて稼ぎやすい分野だといえます。

そうすると、「臭い」というジャンルに絞って情報発信をして、さまざまな商品を売ろうと考える人がいます。「体臭でも口臭でも、臭いを気にしている人は同じような悩みをもっているだろう」という思考です。確かに、体臭と口臭は同じ体の臭いという点では共通しています。

しかし、体臭と口臭では紹介する商品が全く異なるのです。

例えば、「ワキガ」などの体臭を解消するための商品は「消臭クリーム」になります。その一方で、同じ体の臭いであっても口臭を改善するための商品は「歯磨き粉」などになるのです。

このように、同じ体の匂いでも体臭と口臭は紹介する商品が違います。そのため、体臭と口臭に関するサイトビジネスを行う場合、体臭と口臭でサイトを分けて作成して、それぞれで別のメッセージを投げかけなければいけないのです

こうしたことから、体臭と口臭など「体の臭い」に関するウェブサイトを作成するときには、複数のサイトを用意するようにしましょう。そして、体臭と口臭だけの場合は2つのサイトに分けることになります。

妊娠と出産

また、妊娠や出産といった産前産後に関する分野は、インターネットビジネスで稼げるジャンルです。そして、妊娠と出産というと、インターネットビジネスで稼げる商品は「葉酸サプリ」「妊娠線クリーム」の2つと決まっています。これら2つは同じようなジャンルの商品であるため、一つのサイトで葉酸サプリと妊娠線クリームに関する情報発信をして、それぞれに対応する商品を紹介しようと考える人は多いです。

しかし実際には、葉酸サプリを購入する人と、妊娠線クリームでは抱えている悩みが全く異なるため、分けて考えなければいけません。

例えば、葉酸サプリを販売するターゲットとなる人は「胎児の栄養不足を防ぎたい」と考えてサプリメントの購入を検討します。つまり、これから生まれてくる子どものために、葉酸サプリを購入するのです。

その一方で、妊娠線クリームの購入を考えている人は「自分のため」に商品の購入を検討しています。いってしまえば、妊娠線クリームは美容などのスキンケアといった話になります。そのため、同じ妊娠中の人が抱えやすい悩みといっても、心に響くメッセージが異なるのです。

当然、葉酸サプリの販売を考えているのであれば「これから生まれてくる赤ちゃんの健康を考えて」という点を強調した方が、ユーザーの心に響きます。それに対して妊娠線クリームの場合、「出産後も綺麗な体型を維持するために」といったように、母親の外見面に対して訴求したメッセージの方が心に刺さるのです。

そのため、産前産後という同じジャンルの商品であっても、一緒に販売することを考えたらサイトのメッセージがぶれて商品が売れなくなります。

このように、妊娠や出産に関するウェブサイトを構築するときも注意が必要です。

勃起不全(ED)と下半身増大、包茎

さらに、男性の性器に関するウェブサイトを作るときにも、サイトのメッセージがブレやすい傾向にありあす。具体的には「勃起不全(ED)」「性器の短小」「包茎」といった悩みを「男性の下半身に関する問題」として同じジャンルに捉えてしまうのです。

しかし実際には、これら3つはまったく異なる悩みですし、解消するための商品も違います。

例えば、勃起不全(ED)に悩んでいるのであれば「精力剤」がお勧めです。また、性器の短小であれば「ペニス増大サプリ」、包茎を解消するためには「手術」が有効です。

さらに、それぞれの問題でユーザーが抱えている悩みはまったく異なります。例えば、勃起不全に悩んでいる人はペニスの大きさや包茎は気にしていません。逆に、ペニスの大きさで悩んでいる人は、勃起不全に関しては問題ない可能性が高いです。

そして、それぞれの悩みによってターゲットとなる年齢層も異なります。具体的には、性欲減退は30代・40代以降、短小・包茎は20代の人がターゲットとなりやすいです。こうしたターゲットやメッセージのブレは、それぞれのコンテンツ(記事)や商品紹介ページだけではなく、自己紹介などにも関係します。

例えば、男性の下半身に関するウェブサイトを作成する際に、以下のような運営者プロフィールがあったとします。

自分は40代に入って「性器の勃ちが悪い」ことに悩み始めました。それだけではなく、性器が短小であり、さらには包茎です。

これでは、サイトを訪れたユーザーは「結局何が言いたいの?」となります。こうしたプロフィールでのメッセージのブレが、ユーザーの対する不信感を作り、その結果としてユーザーは商品を買わなくなるのです。

このように、男性の下半身に関するウェブサイトを作成する人も、メッセージがブレないように注意しましょう。

1サイト、1メッセージを徹底する

ここまで述べたような問題が起こらないようにするためには「1サイト、1メッセージ」を徹底する大切です。特に、ビジネス初心者のときには、できる限り対象となるターゲット(ペルソナ)を細かく絞って、そのペルソナにだけに目を向けたサイトを構築するように意識しましょう。

そうすることで、サイトのメッセージがブレにくくなります。

例えば、先ほど挙げた「男性における下半身の悩み」を解消するためのウェブサイトを運営するとします。その中で「勃起不全(ED)」「短小」「包茎」の全てに関する商品を紹介したいのであれば、一つのサイトにまとめるのではなく、3つサイトを構築しましょう。

そして、それぞれのサイトでペルソナを設定し、そのペルソナに向けたメッセージを投げかければ、メッセージがブレなくなります。

上記では数個の例だけを載せましたが、他にもメッセージがブレやすくなるケースはたくさん存在します。

例えば、化粧品サイトを作ろうとするとき、多くの人は「化粧品」の紹介に限らず、「シャンプー」「保湿クリーム」「美顔器」などあらゆる商品を紹介することを考えます。その結果、まったく儲からないサイトになります。

こうしたミスを防ぐため、「このサイトでは何を売りたいのか(どのサービスを紹介したいのか)」を一つだけ設定し、その軸がブレないようにサイト構築を進めるようにしましょう。

ウェブサイトを構築するときに「1サイト、1メッセージ」を徹底すれば、メッセージのブレを避けることが可能になります。

今回述べたように、ビジネスの初心者であるほど「商品をたくさん売ろう」としがちです。しかしこうした行動は、結果的に商品が売れない状況を作ることになります。

インターネットビジネスで稼ぐためには「1サイト、1メッセージ」を意識してウェブサイトを構築することが大切です。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認