文章には2種類あります。一つは、読んだ人が「タメになった」「興味深かった」と納得するような文章です。これは、書籍出版や雑誌・新聞記事の執筆などで必要とされる文章です。インターネットであれば、アクセスを集める文章であるといえます。

そしてもう一つは、読んだ相手を動かす文章です。DM(ダイレクトメール)や新聞折り込みなど、広告がこれに当たります。読んだ相手が電話をかけたり店舗に足を運んだりするなどの行動を起こさせることに、広告の意味があります。

ビジネスを動かしたい場合、このように文章には明確な違いがあることを認識しなければいけません。もっといえば、2つの文章を使い分ける必要があります。

興味を持たせてファン化させる

有名人であれば別ですが、人は見ず知らずの他人に対して関心を抱くことはありません。ただ、例外はあります。それは、有益で役に立つ情報をたくさん授けてくれたときです。

読書などは良い例です。本を読んでいれば、稀に「凄いノウハウが詰まっており、まさに自分が知りたかったことがすべて書かれている」と思ってしまうような書籍に出会うことがあります。そうなると、その著者に対してファンになってしまいます。

ある程度の読書をしている人であれば、これは誰でも経験したことがあるのではないでしょうか。「これだけ素晴らしい内容をたかだか1000円程度で提供してくれてありがとうございます」と思ってしまうのです。

先に述べた通り、このような文章が「人を魅了する文章」であり、インターネット上で書く場合は「アクセスを集める文章」になります。

もちろん、出し惜しみなく最高のノウハウを提供するつもりで書かなければ、人を魅了させることはできません。「ここまでは教えるが、後は教材を買ってください」などのメッセージを出すと、人は反感を覚えます。これはつまり、読者をがっかりさせているともいえます。

これだけは絶対に行ってはいけません。読者を満足させることだけを考え、もっている知識をすべて提供することを考えれば、ようやく人を魅了させることができます。

人を動かすことが収益になる

読者をファン化させた後は、行動させなければいけません。「いいことを学んだ」で終わってはいけないのです。そこから、電話をかけさせたり商品を購入させたりします。このように、「人を行動させる文章」をコピーライティングといいます。

雑誌広告やDMなどをみると、かなりキャッチーな言葉が並んでいます。例えば、二日酔いをターゲットにした健康食品の販売であれば「乾杯の前にこれを一本」と書かれています。また、便秘に悩む人を対象にしたサプリメントでは「朝からドッサリ」などの表現が並んでいます。

これらは、すべてコピーライティングです。ただ、広告は「読者がファン化していない状態」で何とかして行動させようとします。そのため、どれだけ有能なコピーライターが書いても成約率は低いのが現状です。

しかしながら、インターネットを活用する場合は有用な情報を与えまくることで、最初にファン化させることができます。また、そのような情報を網羅するほどアクセスが集まってきます。

もっといえば、3回程度サイトにアクセスさせると、「またこのサイトにお世話になった」と思ってくれるようになります。こうして、ファン化していきます。

そのようなとき、「30人限定でセミナーを開きます。申込みは○月○日まで」「メルマガ内では、さらに非公開動画で解説しています。今すぐ登録を!」などのメッセージがあればどうでしょうか。既に何回もお世話になっているサイトであるため、気になってしまう人は多いです。

本や雑誌を読むだけでは、「いいことを聞いた」で終わってしまいます。また、広告は「その場で何とかして売り込む」という非常に難しいことを行わなければいけません。

一方、サイトなどを活用すると、両方を組み合わせることができます。つまり、自動的にファンを増やしながら、商品販売を行えるという仕組みを構築できるようになるのです。

もちろん、赤の他人をファン化させるのは想像を絶するほど大変です。また、収益発生の自動化にも相当な労力を必要とします。ただ、これを構築できた人間だけがビジネスでの成功者となります。そのためには、「アクセスを集める文章」と「人を動かす文章」の違いを認識し、使い分けなければいけません。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録