コピーライティングによって人を動かすテクニックはいくつもあります。ただし、これらのテクニックは心理学さえ学べばほぼ完璧です。

よくあるコピーライティングの本には「この文字を当てはめましょう」という内容が多いですが、全て意味無いので捨ててしまいましょう。そうではなく、本当に必要なのは心理学として「人がどのような時に動くか」などの本質を学ぶことだけです。

これらの本質の一つとして、「仮想敵を作る」という事があります。ネットビジネスで稼いでいる人はほぼ全員仮想敵を作ることで共感を得ています。この思考をインストールして実行できれば、あなたのファンになってくれる人が加速度的に増えていきます。

仮想敵による人間の行動心理を学ぶ

人を動かす上で重要となる手法が「敵を作る」というものです。例えば、野球を考えてください。

阪神ファンと巨人ファンがいた場合、この人たちは普段敵対しています。これは、お互いを敵チームと思っているからです。少なくとも、通常彼らが肩を並べることはありません。これは日本国内でのチームで考えているからこのような事が起こります。

しかし、ある方法を実施すれば両者が一瞬で仲間になります。それまで敵対していた者同士であっても、すぐに仲良くなります。この方法として、「仮想敵を変えてしまう」という事があります。

例えば、阪神ファンや巨人ファンなど同じ日本国内でのチームではなくて、野球の世界大会であったらどうでしょうか。この場合であると、アメリカや韓国などが敵になります。

すると、同じ日本人同士なので阪神ファンと巨人ファンが手を取り合うようになります。一緒になって日本チームを応援するようになります。

このように、仮想敵の対象を変えてしまえば人を団結させることができます。人を動かすための第一ステップとして仮想敵を作ることがあり、これによって敵同士を仲間に加えることも出来てしまいます。

中国や韓国では日本をよく仮想敵にしますが、これは「共感させることで国民の心を一つにさせる」という意味ではとても理にかなった手法です。心理学の観点で言えば、日本を仮想敵にすることで自国民を団結させることができるのです。

私が行っている仮想敵

多くの人は「自分は悪くない」と思います。実際には努力していないその人が悪いのですが、自分がどれだけ頑張っても成功できないのは「自分のせいではない!」と考えてしまうのです。

そこで、実際に稼いでいる人が書くコピーの中でもよく見かける文章として、次のようなものがあります。

「あなたがどれだけ頑張っても成功できないのは、教えている先生自体が実は実力がなくて見栄を張っているだけだからです」

「あなたが年金を貰えるかどうか心配になるのは、政府の施策に問題があるからです」

この場合は「それまで教えていた先生自体」や「日本政府」を仮想敵としています。これによって、「そうか自分は悪くないんだ!」と思わせることができます。これが、仮想敵によって共感させる方法の簡単な概要となります。

これは私も同じです。私は巨大な薬学系サイトを運営していますが、薬学系サイトでは、「あなたが薬学を理解できないのは、難解な教科書や簡単な言葉をわざと難しく教える教授たちです」と言っています。私は実際にそう思っているのですが、このように仮想敵を作り出しています。

薬学をなかなか覚えられないのはあなたのせいではなく、それを教えている先生や教科書が悪いという論法です。

ビジネス系サイトでも同じです。「アフィリエイトのように友達にも自分が何をしているか堂々と言えないビジネスをしてどうするのですか」と仮想敵を作っています。サイト運営にしても、ペラページの量産などスパムサイトを作る人は最悪だと断言しています。

そのため、同じネットビジネスでもポータルサイトと言う毎日のように感謝メールが届きながらビジネスを行いたい人にとっては心に響きます。このように、注意深く見れば私も仮想敵を作り出していることが分かります。

ただし、仮想敵はあくまでも自分が作り出した仮想上の敵となります。決して個人攻撃ではないので注意してください。「こういう事を行っている人はダメですよね」と仮想となる敵を攻撃しているだけです。

これを勘違いして教材販売者や有名人を個人攻撃している人もいますが、それは人間として最低の行為なので是非とも止めましょう。人の批判ではなく、仮想敵を作ることを意識して文章を書く必要があります。

個人攻撃は単なる批判であり、仮想敵を作り出すことはコピーライティングで必須となるテクニックです。まずは「批判」と「仮想敵」をしっかりと区別し、人を共感させる文章を書いてください。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録