c3

あなたはなぜ働くのでしょうか。よくある金持ち本を読むと、大金を手にした後にセミリタイア生活を送るような話がでてきます。南の島に移住して、あとはのんびりと過ごすことが素晴らしいかのように記載されています。

それでは、世間の大金持ちがセミリタイアを考えているかというと、まったくそうではありません。何億円という資産を保有していても、精力的に働いている人がほとんどです。

そして彼らは、「自らの金銭的欲求を満たしているために仕事をしているわけではない」と全員がいいます。それでは、なぜ働いているのでしょうか。これを理解すれば、やりがいのある好きな仕事を選んで自由に働けるようになります。

お金を稼ぐ思考に切り替える

お金というのは、もらうものだと多くの人が考えています。一番わかりやすいのは時給であり、これは「1時間働くごとに800円」など、もらえる値段が決められています。サラリーマンも同様であり、何となく定時に出社して、残業代をもらうために意味なく会社に残り続けます。

このような状況は、お金が上から降ってきている状態であり、自らお金を稼ごうとはしていません。

そのためか、宝くじに当たって一攫千金を狙ったり、楽に儲かる投資話などにのったりして、働かずにセミリタイア生活を送るというよくわからない話が出てきます。なぜ、こうした話が出てくるのかというと、それは「労働をすることでお金を生み出しているのではなく、時間を差し出すことでお金を生み出している」からなのです。

また、仕事している時間を「我慢の時間」だと考えている人が多すぎます。人生の中で、最も多くの時間を費やすものの一つが仕事です。それならば、考え方を工夫することで仕事の時間をやりがいのある内容に変えればいいだけではないでしょうか。

仕事にやりがいを見出す

そもそも、どのような仕事であってもやりがいはあります。例えば清掃の仕事であれば、マニュアル通りにこなすだけでは苦痛でしかありません。

そこで、より効率的に作業する方法を自ら考えたり、清掃を担当する会社で働いている社員にヒアリングして「どのような部分が気になっているか」を聞き出したりします。

こうして仕事をしていき、もし前の担当者に比べて明らかに建物がキレイになって使いやすくなれば、必ず建物を利用している人から喜びの言葉をもらうようになります。このように、仕事に対する意味付けをするのです。

ただマニュアルに沿うのではなく、自ら仮説を立てて検証すれば、それによって結果が生まれます。結果が悪ければ元に戻せばいいし、良い結果が出たら取り入れるようにします。これを繰り返すことが、「生み出す仕事」につながっていきます。

やりがいのある仕事を行う

この思考法を行えるようになると、やりがいをもって仕事に取り組めるようになります。多くの人が勘違いしているのは、どこかにやりがいのある仕事が転がっていると考え、それを探していることです。

しかし、実際はそうではありません。やりがいのある仕事は転がっているわけではなく、自分でやりがいある仕事を生み出さなければいけません。そうして、仕事が好きになっていきます。

やりがいのある仕事を作る方法は、前で述べたように、自分で仮説・検証して仕事を生み出すようにすることで達成できます。つまり、マニュアルに従うのではなく、自分のルールを作るのです。

前の例で述べた清掃の仕事は、多くの人が嫌がる業種の一つです。ただ、やり方や考え方によっては大きなやりがいを感じることができます。好きな仕事というのは、誰かが用意してくれるものではありません。自ら仕事を創造することが、好きな仕事を自由に行うことにつながるのです。

自ら仕事を生み出すことに意味がある

要は、サラリーマンであっても、自分で仕事を作り出せばいいのです。上司に反対されるからという言い訳はどうでもよく、許可なく試しに実行してみれば問題ありません。社会正義に反することでなければ、基本的には誰も文句をいいません。そこで大きな実績を出せば、上司は認めるしかありません。

もし、これであなたの実績が認められず反対された場合、そこの経営者は無能であり、会社に未来はないのですぐに転職する方が望ましいです。実際のところ、「仕事を生み出す」という思考で働いている人は少数であるため、他の会社であればさらに活躍できるようになります。

このように、自分で仕事を生み出す楽しさを知れば、セミリタイアなどのよく分からないことを考えることはなくなります。お金を稼ぐために働くのではなく、社会のために自由に仕事をするという思考に切り替わることでしょう。

そして重要なのは、こうしたことは前で述べた通り、サラリーマンでも実践することができます。仕事を我慢の時間と捉えるのではなく、新たな価値を生み出す創造的な時間に変換することが、本当の意味で自由に働くことだといえます。

働く意味を間違えてはいけません。やりがいある自由な仕事を選ぶためには、あなた自身が新たな価値を生み出していく必要があるのです。

成果を生み出すビジネスマンになる思考法

それでは、仕事にやりがいを見出すことの重要性について他の角度から見ていきます。

生きている以上は、誰であっても価値のある人生を歩みたいと思うものです。それでは、どのようにすれば社会から必要とされる人間になり、自己実現を行えるようになるのでしょうか。そのためには、仕事や職業に対する意義付け(意味付け)を適切に行う必要があります。

これは、力の欲求(自分の存在価値を高め、認めてもらいたいという欲求)を満たすことと意味は同じです。

人は生まれながらにして、他人に認められたいという欲求をもっています。詐欺師は別にして、普通の感覚をもつ人であれば自己の職業で他人の役に立ち、社会貢献する人生を歩みたいと必ず思います。これを実現させることが重要なのです。

成果を作る人の共通点

資本主義社会の中で生きていく以上は、必ずビジネスをして仕事を行うことになります。仕事をする以上、利益を出さなければいけません。利益がなければ仕入れ先にお金を払えず、従業員の給料も出せず、銀行にお金を返すことができません。

そういう意味では、稼げない人ほど「悪」なものはありません。稼げないと他人に迷惑をかけてしまいます。

そこで、より良い商品やサービスを開発し、それを提供することでお客様に感謝されながら大きな利益を生み出すようにしなければいけません。これを実現させてこそ、ビジネスだといえます。

その中でも、大きな成果を生み出す人であるほど仕事や職業に対する意味付けをしています。例えば、3人の営業マンがいるとします。この営業マンたちに「あなたはどんな仕事をしていますか?」とそれぞれ尋ねました。すると、以下のようなバラバラな答えが返ってきました。

1. 自分は会社の商品を売る営業マンです。いまは忙しいので、これ以上の質問は後にしてくれませんか。

2. 私は商品を売ることで、お客様に感謝されることだけを考えています。商品を売って喜ばれるため、これ以上楽しいことはありません。

3. よくぞ聞いてくれました。私の会社の商品はあらゆる環境の水を浄化する仕組みを構築しています。その営業を担当していますが、この商品が全世界に広がれば、アジアやアフリカなど全世界で困っている人を救えます。この商品を広めて世界を救うまで、私は絶対に諦めません。

この中で、あなたはどの人が最も成功すると感じるでしょうか。この中であれば、「3」の返答をした人が最も大きな成果を出す可能性が高いです。

成果の出る人は、自分の仕事の社会貢献性を理解している

まず、「1」の人は論外です。営業という仕事にプライドがなく、お客様に対して商品を売ることしか考えていません。これでは、お客様は逃げていくので成果が上がることはありません。

一方で「2」の人は素晴らしい考え方をもっています。営業職の本質は、商品やサービスを使ってもらうことでお客様の悩みを解決することにあります。決して、無理に販売することではありません。そういう意味では、営業という仕事を通じてお客様に喜ばれるようにしているのは素晴らしいです。

ただ、さらに上をいく人が存在します。それは、自社のサービスが大きな社会貢献になることを認識したうえで活動する人たちです。

なぜ、そのような仕事をするのかについて、熟知したうえでビジネスを動かしています。こうした人たちであれば、より大きなビジョンをもって活動できるようになります。お客様を満足させるのは通過点であり、そこからさらに社会貢献の領域まで到達しようとするのです。

肯定的な見通しと専門的な知識・技術

このように、自分が行っている職業に対して肯定的な考えをしたうえで、未来に対する見通しを持っている人は成果を生み出すことができます。ビジネスに対する意義付けをすることで、自己実現を行おうとするのです。

ただ、これを行うためには、いまの仕事に対する高度な知識や技術を身につけていなければいけません。いくら儲かりそうなビジネスが目の前に転がっていたとしても、専門知識がなければそれらに飛びついてはいけないのです。

つまり、これまで自分が長い年月をかけて学んできた分野で勝負しなければいけません。その仕事で成功するための観点をもち、高い専門知識と技術で勝負する必要があります。

これらを兼ね備えたうえで、仕事や職業に対する意義・意味付けをすることが自己実現につながります。こうすることで、ようやく人の役に立つ貢献の人生を歩めるようになれます。

能力の棚卸を行い、分野を変えて価値を付加する重要性

そこで、このように仕事に対する意味付け・意義付けをして高いパフォーマンスを得るため、自分の能力を見つめなおすようにしましょう。

ビジネスで成果を出すためには、自分の価値を知ることが重要です。その後、自分の価値を高める努力をしなければいけません。これによって、仕事で大きな実績を作ることができます。

「価値を高める」ことを考えたとき、このときの価値は世界一位でないといけないかというと、必ずしもそうではありません。少し考えれば、自分の価値を大きく増大させることができるようになります。これは、勝負する分野を変えるだけで問題ありません。

勝負する分野を変えれば、大きな価値が付加される

自分には能力がないと考えている人がいます。しかし、本当にそうなのかを考えなければいけません。実際のところ、見せ方を少しずらすだけでビジネスで大成功できるほどの能力をもっている人は多いです。

能力の棚卸(自分がもっているスキルを見極めること)をするとき、もし相手に誇るだけの力がないと感じているのであれば、力を発揮する場所を間違えているといえます。

多くの人は、強大な相手がいる分野で攻めようとします。そのため、まったく相手にされません。

例えば、簿記一級の資格をもっているとします。この状態で税理士事務所へ入社すればどうでしょうか。その場合は間違いなく、大切にされることはありません。税理士事務所では、税理士資格をもっていることが活躍するための第一条件です。簿記一級では、馬鹿にされるだけです。

これと同じことは銀行でも起こります。銀行で簿記やFP(ファイナンシャルプランナー)の資格をもっていることは普通であり、別にそれが大きなプラスになることはありません。

環境を変えればトップになれる

それでは、簿記一級ほどの会計知識や能力をもっている人が中小企業へ行けばどうでしょうか。それまでの環境とは打って変わって、あなたはトップクラスの人材として受け入れてもらえるようになるはずです。

同じように、保険や不動産など営業の中でも花形と呼ばれる業界で活躍できない人は多いです。これは当然のことであり、こうした業界であるほどトップクラスの営業マンがひしめき合っています。

それでは少し考えを変え、風俗業界の営業職であればどうでしょうか。こうした業界は偽名で入社試験をパスできるほどの業界です。したがって、言葉は悪いですが普通の会社の営業職として通常の成績を出している人であるなら、風俗業界であればトップ営業マンとして活躍できます。

このように考えれば、勝負する分野や業界を変えるだけで、誰でもトップクラスの成績をおさめることができるようになります。競合がひしめき合う分野で勝負するから埋もれるだけであり、自分の能力をうまく活用してライバル不在の分野で勝負すればいいだけなのです。

価値を提供すれば、相手が勝手に寄ってくる

考え方を変えれば、いくらでも活躍できるようになります。例えばマラソンであれば、42.195kmを世界で一番早く走れれば誰もが注目します。ただ、それは現実的には無理なので、分野を変えます。

例えばマラソンで世界100位だったとすれば、普通に考えれば価値がないと考えてしまいます。ただ、実際は大きな価値があります。例えば分野を変えてトライアスロンへ転向すれば、トップクラスのマラソン成績を残せる可能性が高いです。

それでは、マラソンで同様に1万位だとすればどうでしょうか。これも問題なく、地元のマラソン教室であれば人を指導する先生として活躍できます。まったくマラソンをしたことのない素人に比べれば、42.195kmを何度も完走しているというだけですごい人だと思われるようになるのです。

こうして分野や見せ方を変えてトップの成績をおさめるようになれば、勝手に人が集まってくるようになります。ビジネスで稼げている人であるほど、自分を売り込みません。そうではなく、お客様から「ぜひともあなたから学びたいのでよろしくお願いします」と懇願されます。

一流のコンサルタント、敏腕プロデューサー、売れっ子キャバ嬢など、どの業界であっても客の絶えない人は同一の戦略をとっているのです。

ビジネスで大きな人脈を作るためには、相手に対して誇れる何かが必要です。このときは能力の棚卸が必要になるものの、分野を変えるだけで大きな価値を付加させることができます。

人間の価値というのは、「何と比べるか」によって決まります。価値は相対的なものであるため、まずは勝負する業界を変えるようにしましょう。こうした思考を行えるようになれば、仕事でより大きな成果を出せるようになるはずです。

このように考えて、まずは自分が勝負する分野を変えてトップになってみてください。そうして仕事をしていれば、非常に楽しく業務を行えるようになります。そうして仕事に対する意味付け・意義付けを行い、ビジネスを行うことが本当の意味でのやりがいだといえます。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認