ddd1

ビジネスを行うとき、ブルーオーシャンとレッドオーシャンの考え方があります。ブルーオーシャンとは、競合が存在せず自分独自の市場で顧客を相手にしている状態を指します。ライバル不在であるため、完全なる独占市場になります。

一方、レッドオーシャンはライバルたちがひしめく市場での勝負になります。競合がたくさん存在するため、価格での勝負になったり過剰なサービスが要求されたりします。その結果、その市場で勝負するほど疲弊していくようになります。

この状態を避けるためには、レッドオーシャンからブルーオーシャンへ移行しなければいけません。レッドオーシャンは大きく稼げる市場ではあるものの、自分だけが生き残れるような仕組みを考え、ブルーオーシャンへと移行するのです。経営者を含め、ビジネスを動かす人は「考えること=戦略を練ること」が仕事になります。ビジネス戦略を構築することで、独占市場を築かなければいけません。

ブルーオーシャンの本質とは何か

ただ、このようにいうと独創的すぎるアイディアを思いつく人がいます。例えば、「大学での英文レポート作成代行」「フィギュア愛好家だけが集まるオタクのための人形専門店」などです。

こうしたことを行うのは問題ないし、普通の生活ができる程度まではビジネスで稼げるようにはなる可能性があります。ただ、大きく稼げるかというとその確証はありません。本当にその分野が儲かるかどうか誰も分からないからです。

まず、本当の意味で誰も行っていないことをするのがブルーオーシャン戦略ではありません。基本的には、「戦う分野はレッドオーシャンである」ことを認識しましょう。

レッドオーシャンに参入するからこそ儲かる

世の中には、大きなお金が動く分野があります。転職、英語、婚活、学習塾、ビジネスなど、上げればきりがありません。こうした市場は昔からライバルが多いです。

この理由は単純であり、儲かる分野だからです。あなたがビジネスを行う分野は、このような儲かる分野(レッドオーシャン)でなければいけません。市場性がなければ、稼ぐことはできないのです。

ただ、本当の意味で既に参入して大きな実績を出している強豪と正面から勝負しても勝てません。そこで、「見せ方をズラす」という考え方をします。このときよく行われる手法としては、「2つ(または3つ)を掛けあわせる」ことがあります。

例えば、婚活市場で勝負するのはレッドオーシャンですが、「結婚×高年収×結婚式まで含めたトータルプロデュース」などのサービスであると、意外と誰も行っていないことが多いです。2つか3つの分野を掛け合わせるという行為は、「狙いとする分野を絞る」ことに繋がります。

ターゲット層を絞ることはマーケティングの基本ですが、これはいくつかの分野を掛け合わせることによって実現できます。

このとき、地名で絞っても問題ないです。「鎌倉市1位の経営コンサルタント」など、地域密着であることをアピールすればブルーオーシャンになることは頻繁にあります。もちろん、これを行うときはその地域に既に大きな実績を出している会社がないかどうかをあらかじめ調べておく必要があります。

見せ方をズラして、新たなサービスに思わせる

分野を絞ることでレッドオーシャンから抜け出した後、今度はあなたが行うサービスや取り扱っている商品が「これまでにない斬新なもの」であるかのように見せる必要があります。人は新しいものに惹かれるからです。

例えば、ウェブ作成の分野では「オウンドメディア」という言葉があります。これが何を意味しているのかというと、オウンドメディア(=Owned Media)となり、要は自社ブログのことを指します。「自社ブログ」と言われると、安っぽい名前に聞こえます。ただ、「オウンドメディア」となると、急に最新のサービスであるかのように聞こえます。

単なるネーミングの違いですが、これだけで顧客単価が10倍以上も違います。こうした事実を考えると、見せ方を必死で考えることがどれだけ重要なのかを理解できるはずです。

成功に画期的なアイディアやビジネスモデルはいらない

このように、ブルーオーシャンとレッドオーシャンでは、必ずレッドオーシャンの市場で戦うようにしてください。

ただ、本当にレッドオーシャンで頑張ってはダメなので、ブルーオーシャンになるように分野を絞るなど、見せ方を工夫する必要があります。そうしてビジネス戦略を考えていくことが、事業を大きく発展させることにつながります。

なお、このように考えると、ビジネスで成功するためには画期的なアイディアは必要ないことがわかります。

これからビジネスを行おうとしている人や、新しい事業に取り組もうとしている経営者のなかには、「画期的なアイディアやビジネスモデルはないか」と試行錯誤をする人がいます。しかし、画期的なアイディアやビジネスモデルを求めようとすればするほどビジネスで失敗します。

画期的なアイディアを求めると失敗する

もし、あなたが思いついたアイディアが突拍子もないものである場合、そのアイディアについて理解しているのは、あなた1人だけということになります。そのため、そのアイディアの実行に必要な仕組みを作る場合、そのことを従業員や外注先にしっかりと説明して理解してもらわなければなりません。

つまり、画期的アイディアを実現するには、膨大な時間と労力がかかります。場合によっては、多額の経費が必要になるかもしれません。しかも、そのアイディアを実現することで本当に良い成果が得られるのかは誰にもわかりません。

このような理由から、ビジネスで画期的なアイディアを求めるのはやめておいた方が良いです。さらに言うと、突拍子もないアイディアを思いつきで実現しようとすればするほど、事業の失敗に近づいてしまいます。

ブルーオーシャンを狙うあまり、本当の意味で何の市場性もない分野で戦うことになってしまいます。そのため、画期的なアイディアばかりを求めている人は、ただちにアイディアを探すのをやめるようにしましょう。そして、ビジネスで成功するための正しい努力だけを行うようにしてみてください。

何の変哲もない普通のアイディアであるほど良い

実際のところ、ビジネスにアイディアを取り入れたい場合、そのアイディアが誰でも思いつきそうな普通のものであるほど良いです。実際、世の中のビジネスモデルの中で、画期的なものは数個しか思い浮かばないはずです。

例えば、20世紀前半に開発された家庭用冷蔵庫や1990年代から一般人に普及し始めたインターネットなど、画期的アイディアやビジネスは数えるほどしかありません。それ以外のビジネスモデルを観察すると、どれもありふれた一般的なものであることがわかります。

そこで、効果的なアイディアやビジネスモデルを見つけるために、「異なる分野を組み合わせる」ようにしましょう。

世の中で異分野を組み合わせて成功しているアイディアの他の例としては、「英語の通信教育ビジネス」があげられます。これは、「英語の学習塾」と「インターネット」の2つの異なる分野を組み合わせて作られたビジネスモデルです。

インターネットを使った英語の通信教育は決して画期的なアイディアではありません。インターネットを使っている多くの人が思いつきそうな普通のアイディアです。

ただ、このビジネスモデル自体は世の中の多くの企業で取り組まれており、成功している会社も多数存在します。

シンプルではあるが、労力は必要なビジネスが優れている

このようなことを言うと、「それでは、時間や労力などがかからないアイディアなら良いのか」と思う人がいるかもしれません。

しかし残念ながら、時間や労力などをかけずに簡単に実現できるアイディアであれば、すでに他人が行っている可能性が高いです。さらに、圧倒的な資金力と人員を誇る大手企業が参入してきたら、一瞬で追い越されてしまいます。

そのため、アイディア自体は非常にシンプルではあるものの、それを実現するためにはある程度の労力と時間が必要なビジネスが良いです。先ほどの英語の通信教育であっても、アイディアは誰でも思いつきますが「商品作成」「英語を学びたい人の集客」「講師の育成」などを考えると労力が必要です。

このように、「シンプルではあるが、労力がかかるのである程度の参入障壁を作れる分野」が優れています。

儲かる分野は昔から決まっている

それでは、なぜアイディアがビジネスモデルがシンプルなほどいいのでしょうか。これは、そもそも稼げる分野は大昔から決まっていることが挙げられます。

例えば、不動産は儲かる分野として広く知られています。ただ、賃貸ビジネスは100年以上前から存在します。同じようにキャッシングのような金貸しビジネスは、江戸時代より前から存在するビジネスです。

他にも「医療」「英語」「相続」「恋愛」「営業」「転職」など、よく見れば儲かるジャンルはどの分野も100年前から存在する分野であることがわかります。これは前述の通り、レッドオーシャンの分野です。

この事実を認識したとき、あなたが行うべきは突拍子もないアイディアを思い浮かべることではないことに気がつきます。そうではなく、既に存在する分野で勝負し、そこでどのように独自の分野を気づくのかが重要になります。

なぜシンプルなビジネスであるほど成功しやすいのかというと、既に知られている分野を攻めるからなのです。

そして先に説明した通り、すでに世の中に確立されているもの同士を組み合わせてつくられるアイディアは、さらに成果が出やすいです。その反対に、画期的なアイディアであるほど実現が困難であり、たとえ実現したとしても高確率で失敗します。

この事態を避けるため、画期的なアイディアやビジネスモデルを探すのはやめるようにしましょう。その一方で、他業種から積極的に学んで自社のビジネスに活用し、売り上げをさらに伸ばすようにしてみてください。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認