何かを成し遂げるためには、必ず継続した行動を続けなければいけません。努力をしなければ、何かしら良い結果は生まれないのです。

世の中には、圧倒的な成果を出している人がいます。例えば、スポーツの世界でいえば「メジャーリーグで84年間破られなかった安打記録」を更新した日本人としてイチロー選手が知られています。

彼は野球のドラフト指名で4位であり、当初はまったく注目されていなかったことで有名です。しかし、その後に大きな活躍をしました。

こうした活躍をする人をみていると、共通点があることに気が付きます。それは、どれだけ本気になっているのかということです。

努力と天才ではどちらが優れているのか

天才肌の人がいれば、努力によって補おうとする人もいます。あなたは、天才と努力のどちらが最終的には勝つと思うでしょうか。答えをいえば、努力が勝ちます。

どれだけ天才的な才能をもっていたとしても、練習をすることで技能を伸ばす必要があります。これを怠れば、圧倒的な努力をしている人には勝てません。いくら才能があっても、それを成長させる努力をしなければいけないのです。そのため、天才は努力に勝てません。

それでは、天才としての才能をもつ人が努力をすればどうでしょうか。この場合は大きな成績を残すレベルにまで成長します。もっている才能が開花されるのです。

ただ、実は天才の人でも努力をしている人でも勝てないものが一つだけあります。それは何であるか知っているでしょうか。これは、小学校で誰もが習ったことのある漢字2文字で表すことができます。少し考えてみてください。

……

…………

……………………

特定の状態になっている人に対しては、どれだけ努力したとしても勝つことはできません。その状態とは「夢中」です。夢中になっている人はある意味で最強です。

「努力する」というのは、どういう感情で動いているのでしょうか。いわゆる、必死で頑張っている様子であるといえます。たとえ興味がなかったとしても、何とか行動しようとしている状態が努力です。確かに行動をしているものの、そこに楽しさなどの感情はありません。

それでは、夢中になっている人はどうでしょうか。この場合、本人は努力しているとはまったく感じていません。それを行うことが楽しいため、食事や寝る時間さえ惜しいと感じています。何時間でも集中して取り組むことができるため、頑張らなくても継続して行動を起こすことができます。

先ほどのイチロー選手は、まさに野球に対して夢中になっていた人だと推測できます。本当に大きなことを成し遂げる人は全員、夢中になっています。

努力や才能は「夢中」に勝てない

夢中になっている人は、楽しみながら行動しているといえます。結果を出したり新たな挑戦をしたりすることに対して、喜びを覚えるのです。スポーツであれば、練習するほど記録が向上する様子をみてうれしくなり、夢中になって行おうとするようになります。

それでは、これを仕事に置き換えてみましょう。仕事に対して努力してもいいですが、それだけでは不十分です。それよりも、自分が本当に好きだと思っている分野で働き、さらには夢中になっている人であるほど大きな成果を出せます。

例えば、営業職の人を考えてみましょう。営業は人と会うことが仕事ですが、同じことの繰り返しになっている人がほとんどです。ただ、トップセールスであるほど刺激的な人と毎日会うことができ、新たな気付きを得ながら普通の人では考えられないような営業成績を出します。

成果を上げるほど周りからの賞賛を得ることができ、さらに人が集まってくるという好循環が生まれます。そのため、営業で成績を残している人は「営業職は最高に楽しい職業」と全員が答えます。自らを夢中にさせる環境に置き、そのような仕組みを構築しているのです。

それでは、今度はお客様の立場になって考えてみましょう。「仕方なく営業活動をしている人」と「楽しみながら営業をしている人」の2人がいた場合、あなたはどちらから商品を購入したいと思うでしょうか。

夢中になっている営業マンの方が、アフターフォローまでしっかりと行ってくれるように感じます。会社を辞めることもないだろうと予測できるため、何か困ったことがあってもすぐに連絡がつくとお客様は考えます。そのため、夢中になって営業活動をしている人から商品が売れていきます。

重要なのは、どれだけ楽しく仕事できる環境や仕組みを構築できるかにあります。本当の意味で成功するには、「夢中になれる仕組み」を何とか作り上げることが必要不可欠です。

こうした概念は、これまで何かを成し遂げたことのない人にとっては理解しにくいかもしれません。ただ、誰もが認めるような成果を出した人であれば、全員がその通りだと感じる内容です。

まずはこの考え方を知り、夢中になれる仕事環境や仕組みを考え出してください。そうすることによって、「成功」へと近づいていくことができるようになります

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認