新たな事業を創出するとき、少し考えるだけで独自のビジネスになります。これは、他の人とちょっとだけ思考をズラすだけで問題ありません。

例えば、市場の飽和によって物が売れなくなることはよくあります。このとき、ほとんどの人は「商品が売れない」と嘆きます。しかし、ちょっとしたことで儲かるビジネスへと早変わりします。ここでは、飽和してしまった市場で新ビジネスを生み出すヒントを提供します。

壊したり元通りにすることもビジネスである

世の中を見渡すと、「新たな商品やサービスを生み出すことだけがビジネスである」と考える人が大多数です。確かに、物販をしている会社や飲食店など、顧客に対して常に新しいことを提供して商売をしている形態が多いのは事実です。

しかし、ビジネスはそれだけではありません。例えば、壊したり元通りにしたりすることで大きな利益を出している会社が存在します。最も分かりやすい例でいえば、工事業界がこれに当たります。

工事を依頼して新築すると、きれいな家に仕上がります。ただ、何十年も経過すると、次第に老朽化して立て直しが必要になります。そのままの状態では地震などで倒壊する恐れがあるのです。つまり、「新たに創出する」ということは、どこかの段階で「壊す必要がある」ことを意味します。

また、取り壊すだけではなく、リフォームを行うことも有効です。元ある骨格を再利用するのです。そうすれば、値段を抑えながら再建することができます。これは、「元通りにしている」ことになります。

新たに何かを造れば、必ず「壊す」「元通りにする」という作業が必要になります。市場が飽和している状況であるほど、これらの仕事が必要とされます。

つまり、「市場が飽和して商品が売れない」と嘆いている時点では、まだまだビジネスの素人です。飽和した業界にいるのであれば、少し発想を変えて「今の知識を活用してメンテナンス業に応用できないか」と考えるだけでビジネスが飛躍していきます。

飽和市場に金脈を見出す思考とは

「取り壊す」「元通りにする」という考え方は、工事業界でいえば解体やリフォームなどの業種に分類されます。これらの業界は巨大産業です。ただ、工事業界以外の異分野へ目を向けると、「工事業界での解体やリフォーム」に相当するビジネスがまったく発展していない業界は多いです。

例えば、歯科医院はコンビニの数よりも多いといわれています。そのせいか、開業しても稼げない歯医者は無数に存在します。

他にも、美容師の数はさらに多いです。店舗も無数に存在し、開業している歯科医とは比較できないくらい展開しています。しかも単価が低いため、美容師の給料は低い傾向にあります。

それでは、多くの店舗が存在して客の奪い合いになっており、いわゆる「飽和している市場」ではビジネスを行うチャンスがないのでしょうか。もちろんそうではなく、見せ方や手法を変えるだけで急に儲かるようになります。

要は、考え方次第です。他人と同じことをしても意味がなく、独自の方法論で攻めなければいけません。

例えば、ここまで述べてきた考え方を参考にすれば、「これら個人プレーをしている歯科医(または美容師)をまとめる仕組みを作れないか」「飽和市場で勝ち抜くための経営アドバイスに興味をもつ人は多いのではないか」などを思いつくことができます。

「市場が飽和している」という言葉を聞いたとき、どのように感じるでしょうか。少なくとも、経営センスのある人ほどチャンスだと考えます。

勝手に発展する市場よりも、誰もが見捨てる市場の方に実は大きな金脈が眠っています。これに着目できる人だけが、ビジネスで大きなチャンスをつかみ取ることができます。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録