87e2cc835dbb8e8c8266d4fa900505b8_s

電子書籍を出版する場合、基本的には出版社を通すことなく、自分の意志で自由に出版することができます。つまり現在では、本人の努力次第で簡単に出版を実現することができます。

しかし電子書籍であっても、出版を果たすからには、当然ながら売れる本を作ることを目指さなければなりません。なぜなら、ハードルが極端に高い商業出版ならともかく、ハードルがかなり低めの電子書籍を出版しただけでは、残念ながら多くの人の目を引くような実績にはならないからです。

それにもかかわらず、電子書籍を出版する人のなかには、明らかに売れそうにない本を出してしまう方がいます。そこで、電子書籍で売れない本の典型例と、売れる電子書籍を作るためのポイントについて解説していきます。

素人の思いつきで電子書籍を出版してはいけない

商業出版によって本を出版する場合、編集担当者によって「文章の構成」「扱うテーマの需要」などが深く吟味されます。さらに、何度も修正を重ねていき、最終的に「売れる本に仕上がった」と判断されたときになって、ようやく本が世に出回るようになります。このように、商業出版を行う場合には、著者にも出版社にも多大な労力がかかります。

その一方で、電子書籍の出版であれば、商業出版のように編集担当者によって方向修正してもらうことはありません。このことから、商業出版での出版経験がない人が電子書籍の出版を行う場合、全く売れない本を仕上げてしまう可能性が高いです。

例えば、電子書籍の出版を検討する人のなかには、「自分の幼少期から現在までの経歴を電子書籍にしよう」と考える人がいます。この場合、この人自身が圧倒的な知名度を誇る芸能人でもない限り、残念ながら電子書籍が売れる見込みはゼロに等しいです。

なぜなら、世の中の多くの人が、この人のような無名の人物に興味を持っていないからです。その上、「読者が読んで面白いと感じるか」といった他人の目線を考えていないため、このような本は当然ながら売れません。

電子書籍も含めて、本は売れてこそ意味があります。そして残念ながら、売れない本には存在意義がありません。このことを理解した上で、電子書籍を出版する場合には、「売れる本を作り上げる」ことを目指す必要があります。

読者のニーズを考えつつ、独自の切り口で書く

売れる電子書籍を作成・出版したい場合、多くの人に需要があるテーマを選びつつ、自分独自の見せ方で執筆を行うことが重要です。このことは、売れる本を作る上で外してはならないポイントになります。

ただし、たくさんの人にニーズがあるテーマを選ぶとはいっても、自分がその分野にある程度精通している人間でなければ、出版した電子書籍が売れる可能性は低いです。

例えば、多くの人に需要があるテーマとして、医療があげられます。しかし、著者自身が医者でない限り、医療を扱った電子書籍を出版したとしても、売れる確率はとても低いです。なぜなら、多くの人は「病気や治療のことは医者に聞きたい」と考えるからです。

また、ただ単に多くの人に需要がある分野の電子書籍を書いただけでは、それに関連する書籍に埋もれ、ほとんど売れなくなってしまいます。そのため、売れる本を作るにしても、誰も今までやっていない見せ方を反映させた電子書籍に仕上げる必要があります。

例えば、ダイエットの電子書籍を作成する場合、「糖質制限ダイエット」などのように、既に有名なテーマで執筆してはいけません。「主食抜き健康法」などのように、今までにない見せ方を設定する必要があります。

電子書籍におけるタイトル・表紙設定のポイント

このように、電子書籍を出版する場合、商業出版と同様に売れる本を目指して執筆を行う必要があります。具体的には、読者によってニーズのあるテーマであり、今までにない独自の見せ方を示した電子書籍に仕上げます。

こうしたポイントを押さえた上で適切な努力を続けていけば、売れる本を書けるようになる可能性が高くなります。

それでは、実際に執筆した後はどのようにして売ればいいのでしょうか。紙媒体の本だけでなく、電子書籍を出版する場合にも、必ず売れる本に仕上げる必要があります。そして、電子書籍が売れるかどうかを大きく分ける要素として、タイトル表紙があげられます。

タイトルと表紙を決める場合、適切な考え方に基づいて設定しなければ、ほとんど売れることがないまま消えてしまう可能性が高いです。

電子書籍のタイトルにおけるポイント

電子書籍のタイトルを設定する場合、「電子書籍を登録するメディアの検索結果に表示されやすタイトルとする」ことが重要です。つまり、見ただけで本の内容が想像できそうなタイトルを付けるのです。

これによって、電子書籍を登録したサイトにある検索機能で検索をかけたとき、検索結果ページに上位表示されやすくなります。

その反対に、見ただけでは本の内容が掴みにくいタイトルを設定してしまうと、電子書籍を登録したメディアで検索をかけたとき、あなたの電子書籍を見つけてもらえる確率が低くなります。そのため、本の内容が伝わりやすいタイトルを設定しないと、電子書籍がほとんど売れなくなってしまう可能性が高いです。

例えば、あなたがダイエットを扱った電子書籍を作成し、販売しようとしていたとします。このとき、「短時間の運動でダイエットを成功させる5つのポイント」「ダイエットは食事内容こそが大切」などのように、見ただけで内容が把握できそうなタイトルを設定していれば、お客様に見つけてもらいやすくなります。

お客様が電子書籍を探す際の行動を理解する

お客様が電子書籍を扱うメディアで検索をかけるとき、いくつかのキーワードを入力して探す傾向にあります。例えば、先ほどのダイエットの例であれば、「ダイエット 運動 短時間」「ダイエット 食事 成功」などのキーワードで検索することにより、本を見つける可能性が高いです。

また、電子書籍を登録したメディアによっては、キーワード検索を行う際に、検索されやすい言葉が表示されることがあります。このような言葉をできるだけタイトルに含めることで、あなたの電子書籍を見つけてもらえる可能性を、さらに高めることができます。

その一方で、あなたが出版したダイエットの電子書籍に、見ただけでは本の内容がわからないようなタイトルが付けられていたらどうでしょうか。

例えば、「減量に悩むのはやめなさい」といったタイトルであれば、ダイエットの本なのか、それともマインドセットの本なのか、一見するとわかりません。さらに、「ダイエット」に関連するキーワードとして、「減量」という言葉しか入っていません。

そのため、電子書籍を登録したメディアで検索をかけたとき、あなたの電子書籍が見つからない可能性が高いです。

紙媒体の本であれば、このようなタイトルでも売れるかもしれません。なぜなら、書店で本を購入する場合には、検索という行動は関係ないからです。しかし、電子書籍を扱う場合、検索結果に表示されやすいタイトルを設定しなければ、検索結果ページに表示されず、お客様に見つけてもらうことすら難しくなってしまいます。

電子書籍における表紙設定の注意点

電子書籍を販売する場合、紙媒体の本と同じように、「どのような表紙を作り上げるのか」は重要なポイントになります。なぜなら、電子書籍の表紙は、お客様に内容の良さをイメージさせる役目があるからです。

そのため、電子書籍の表紙を設定する場合、素人臭い作りにならないように、しっかりとしたものを制作しなければなりません。

そして場合によっては、デザイナーに依頼することが必要になるかもしれません。このような意識や方法で、電子書籍の表紙制作を行うことにより、お客様が電子書籍を購入してくれる確率を高められるようになります。

電子書籍の出版後に行うべき、販促活動のポイント

このように、電子書籍を販売する場合には、電子書籍を登録するメディアの検索に引っかかりやすいタイトルを作り上げることが重要です。そして、お客様に不信感を抱かれないように、しっかりとした表紙を設定することが大切です。

そうして電子書籍を仕上げた後は、実際に売ることを考えましょう。書籍の出版を実現した後、著者が必ず行わなければならないこととして、書籍の販売促進があげられます。

例えば、大手の書店に著者自らが出向いて本を置いてもらえるように頼んだり、新聞などに広告を出稿したりする必要があります。これらの販促方法は実際に大きな効果があり、むしろ行わなければ書籍の売れ行きが危うくなってしまいます。

このことは、紙媒体の本を出版した場合に限りません。電子書籍を出版した場合にも、必ず著者自らが販促活動を行わなければなりません。

そして、紙媒体の本と電子書籍では、販促方法に異なる点があります。そこで、電子書籍を出版した場合の販促方法のポイントについて解説していきます。

電子書籍の販促では、インターネットに重点を置く

電子書籍を買う場合、その本が登録されているメディアにアクセスし、そのサイト内で本を探して購入する形になります。そして、実際の書店に出向いて電子書籍を買うことはありません。

このことから電子書籍を出版する場合には、紙媒体の本を出したときのように著者自身の書店営業(書店回り)は必要なくなります。そして、電子書籍の性質上、インターネットに重点を置いた販促活動を行うことが重要になります。

例えば、サイトやブログなどの自社メディアを構築しているのであれば、その媒体を使って電子書籍を出版したことを大きくアピールする必要があります。また、メールマガジン(メルマガ)にたくさんの登録者がいるのであれば、メルマガ内でも出版した電子書籍のことを伝えなければいけません。

これらの方法であれば、広告費ゼロで電子書籍を宣伝することができます。そして、企業サイトなどの自社メディアを訪れてくれるお客様は、自社の商品や事業内容に興味を持っている可能性が高いです。さらに、メルマガ読者の場合であれば、そのうちのほとんどが自社のファンになってくれているはずです。

このことから、サイトやメルマガなどの自社メディア内で、電子書籍を発売したことを伝えるだけで、たくさんの本を売ることができる可能性が高いです。

また、インターネット以外の宣伝方法として、知り合いに伝えることがあげられます。つまり、自分が電子書籍の出版を果たしたことを、できる限り多くの友人や知人に報告するのです。これによって、リアルの口コミが起こりやすくなり、あなたが出版した電子書籍のことがより多くの人に知れ渡るようになります。

ソーシャルメディアを活用した、電子書籍の販促方法

自社メディアやリアルの口コミを活用して出版した電子書籍の宣伝を行った後は、他社の媒体を使うことを考えてみましょう。いわゆるソーシャルメディア(SNS)を使って、電子書籍の販促活動を行うのです。

具体的な方法としては、SNSの投稿用に「自社がもつ有益な情報」を扱った記事を書きます。そして、その情報コンテンツの後半部分で出版した電子書籍のことを紹介します。このような構成の記事をソーシャルメディア上に発信していくことで、有益な情報を読んだ多くのSNS利用者に、あなたが出版した電子書籍のことを宣伝できるようになります。

このとき注意すべきポイントとして、電子書籍の宣伝だけを行わないことがあげられます。もし、SNS上で有益な情報コンテンツを記載せずに電子書籍の紹介だけを行った場合、多くのSNS利用者に嫌われることになります。

なぜなら、電子書籍の宣伝だけを行う記事は、SNS利用者にとって単なる広告に過ぎないからです。そして、いきなり広告を見せつけられる形で売り込みを受けた人は、その相手のことを確実に嫌うようになります。

そのため、SNS上で電子書籍の宣伝をするだけのコンテンツを投稿したとき、場合によっては多くのSNS利用者からバッシングを受けることになります。最悪の場合、ソーシャルメディアを炎上させてしまい、ビジネスに支障をきたす恐れがあります。

そこで、SNSを使って電子書籍の宣伝を行いたい場合には、必ず有益な情報コンテンツの発信と組み合わせるようにしましょう。この場合であれば、ソーシャルメディアを炎上させずに済み、SNS利用者のうち興味を持った人に、電子書籍を買ってもらえるようになります。

このように、電子書籍を出版した後は、著者自らがインターネットを活用して販促活動を行う必要があります。また、できるだけ多くの知り合いに、電子書籍の出版を報告することが重要です。これらの活動によって、たくさんの電子書籍を売ることができれば、あなたのブランディング力を大きく高めることができます。

出版コンサルティングの実施

book-onsulting2 botton3