決算書の中でも、貸借対照表は初めて見る人にとってかなり分かりにくいです。ただ、貸借対照表は「企業がどのようにお金を運用しているか」を表す重要な書類でもあります。

損益計算書だけでは、会社の外見しか見えません。売上や利益の額などしか損益計算書から判断できないため、本来はその中身まで見なければいけません。

例えば、いくら売上や利益が多かったとしても、そのほとんどを借金で運営していれば危険であることは誰でも分かるはずです。こうした中身を見るために、貸借対照表が活躍します。

貸借対照表(B/S)を理解する

お金をどのように調達し、そのお金をどのように運用しているかを表したものが貸借対照表です。貸借対照表は大きく3つに分かれており、それぞれ資産、負債、純資産となっています。それぞれについて場所が決まっており、資産は左側、負債は右上、純資産は右下に配置されています。

貸借対照表の左(資産)と右(負債+純資産)では、必ず左右が一致しています。それぞれバランスが取れているので、バランスシートとも呼ばれます。

資産 = 負債 + 純資産

資産とは、会社が保有しているもの全てを指します。銀行に預けている現金や会社内にあるパソコン、保有している土地、株なども含めてすべてが資産です。

お金を使ってパソコンを購入したり工場を建てたりすると、それだけ資産が増えていきます。つまり、「お金をどのように運用しているのか」を表すものが資産であるといえます。

ただ、資産を購入するためにはお金を用意しなければなりません。そこで、お金をどのように調達したかを示すものが右側(負債+純資産)にきます。

貸借対照表(B/S)

負債とは、簡単に考えると借金のことです。将来、必ず返さないといけないお金は負債にきます。銀行からお金を借りてお金を集めた場合、負債が大きくなります。

ただ、集めたお金の中には、返さなくても良い場合があります。例えば、それまでに自社で頑張って稼いだお金は返す必要がありません。また、株を購入してもらうなどの場合も同様に返済義務はありません。これら返さなくてもいいお金は純資産として分けます。

当然ながら、「集めたお金」と「お金の運用方法」は一致していなければ話がおかしくなります。だからこそ、貸借対照表は左右が一致するのです。

貸借対照表の上下をみる

ここまでの話は貸借対照表の左右での解説でした。次に、上下の見方について話していきます。上と下では、「1年以内」というキーワードで分類わけします。

例えば、1年以内に現金化できる資産であれば、資産側(左側)の上の方に記載されます。銀行に預けている現金はすぐに活用できますし、倉庫に眠っている在庫(棚卸資産)も商品として売れば現金に換えることができます。このように、比較的すぐにお金に変えられる資産を流動資産といいます。

一方、工場や土地なども会社が保有する資産であるものの、すぐに現金化することはできません。工場を売ると、商品を作れなくなるので困ってしまいます。同じことが土地にもいえます。これらの資産は流動性がないため、固定資産と表現します。

重要なのは、流動性の高い資産が貸借対照表の上にきて、現金化しにくい固定資産が下にくるということです。

これは負債でも同じことがいえます。一年以内に返済しなければいけないお金を流動負債と呼び、貸借対照表の上に記載されます。一方、1年以上かけてゆっくりと返済していくものは固定負債と呼ばれ、下に書かれます。

貸借対照表(B/S)

純資産の場合、そもそも返済義務がないので資産や負債のように「流動」や「固定」などの概念はありません。純資産だけは、そこにどっしりと構えます。

このように、まずは貸借対照表に書かれている項目や上下の関係を理解する必要があります。ザックリとでもいいので、これらをあらかじめ学んでおくと、ようやく貸借対照表に書かれていることが分かるようになります。

企業の内部まで確認するためには、貸借対照表が読めなければいけません。これらを理解するため、まずは概要だけでもいいのでおさえておきましょう。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録