決算書の中でも、損益計算書(P/L)は比較的分かりやすいです。小学校の足し算引き算さえできれば、会社の売上や経費、利益などを誰でも簡単に理解できるからです。

損益計算書は「会社がどれだけ稼いだか」を示す書類です。どれだけ売上があり、そこから経費を差し引いた利益がどれだけ残っているかを損益計算書から確認できます。損益計算書をみれば「特定の経費が異常に大きい」「売上は多いが、利益は少ない」など、改善点が見えてきます。

利益の種類の理解する

会社勤めのサラリーマンであれば、「経費を減らせ」といわれたことがあるはずです。会社は利益を出すために存在しており、このときの利益は「売上 - 経費 = 利益」で算出されます。経費を減らせば、それだけ利益は大きくなります。

売上は自分の力でコントロールしにくいです。お客様を増やすには多くの努力が必要だからです。

一方、経費は比較的簡単に削減できます。極端な話、従業員の給料を削れば、その分だけ会社の利益は増加します。ここまでいかないにしても、無駄な出張を減らすなどの効率化を図れば、経費を減らすのは難しいことではありません。

ただ、利益には多くの種類があります。損益計算書を読み解くためには、利益の種類を知らなければなりません。損益計算書では、以下のような構造になっています。

損益計算書(P/L)

売上高
売上原価(商品の作成や仕入れに必要なお金)
売上総利益(粗利:商品を売った時点での儲け)

販売費及び一般管理費(販管費:商品を売るために必要なお金)
営業利益(本業での儲け)

営業外収益(受け取った利息など)
営業外費用(支払った利息など)
経常利益(本業以外まで含めた儲け)

特別利益(株や土地を売ったなど)
特別損失(地震などの被害にあったなど)
税引前当期純利益(すべてを含めた儲け)

法人税・住民税など
当期純利益(税金まで差し引いた最終的な儲け)

×××
×××
○○○

×××
○○○

×××
×××
○○○

×××
×××
○○○

×××
○○○

基本的には、全体の「売上高」から必要な経費(費用)を差し引いていき、最終的に「当期純利益」を算出するものが損益計算書であると考えてください。

また、利益には「売上総利益(粗利)」「営業利益」「経常利益」「税引前当期純利益」「当期純利益」の5つがあることが分かります。それぞれについて、もう少し詳しくみていきます。

売上総利益(粗利)

損益計算書の一番上には「売上高」がきます。売上がなければ利益も発生しないため、これは当然のことです。売上から必要な費用を引いていくことで、会社が出した利益を算出できます。

一番最初に差し引くのは、商品の作成にかかった費用です。これを売上原価といいます。例えば、100円の鉛筆を作るために60円の材料費がかかったとします。このときの60円が仕入れにかかった費用であり、売上原価です。

売上高から売上原価を引くと、売上総利益がでます。売上総利益は粗利といわれることもあります。

売上総利益(粗利) = 売上高 - 売上原価(商品の作成や仕入れに必要なお金)

営業利益

本業での儲けを表す指標が営業利益です。損益計算書の中でも、営業利益が最も重要だと考えてください。

商品を売ったとき、商品にかかる材料費だけが必要になる費用ではありません。商品販売を行うためには営業マンの人件費が必要ですし、自社商品を認知させるために広告を出さなければなりません。こうした販売促進をして、ようやく商品が売れていきます。

このように、お客様に商品を購入してもらう過程で支払った費用を販管費といいます。本当は「販売費及び一般管理費」という長い名前ですが、短くして販管費です。販管費は営業経費とも呼ばれます。

営業利益 = 売上総利益 - 販管費

営業利益は主なビジネスでの儲けを示すため、会社にとって営業利益を増やすことが重要視されます。他の利益が大きかったとしても、本業で稼げていなければいつか破綻してしまいます。

経常利益

本業以外にも利益を生み出すことがあります。例えば、株をもっていたら配当を受け取ることができます。銀行にお金を預けていれば、利息をもらえます。このような「主なビジネス以外での収益」を営業外収益といいます。

その逆に、銀行に借金をしている場合は利息の支払い義務が発生します。このような場合は営業外費用が必要になります。そこで、これら本業以外での収益や損失までも含めて利益を算出します。このときの利益を経常利益といいます。経常利益は「ケイツネ」と呼ばれることもあります。

経常利益 = 営業利益 + 営業外収益 - 営業外費用

税引前当期純利益

ビジネスを動かしていると、予想外の出来事に遭遇します。例えば、商品を販売している相手先が倒産してしまえば、代金の回収ができなくなります。他にも、地震や台風などで自社工場が被災してしまい、操業停止に追い込まれるかもしれません。

こうした一時的な要因によって発生した利益や損失を含めたものが税引前当期純利益です。

会社が特別な利益を得る場合としては、急に工場や土地を売ってしまったことが挙げられます。このように、一時的にお金を得た場合は特別利益にします。また、先に述べたように相手先の倒産や地震などでの被害があった場合、特別損失を計上します。これらを加味して税引前当期純利益を出します。

税引前当期純利益 = 経常利益 + 特別利益 - 特別損失

当期純利益

税引前当期純利益から法人税や住民税などが差し引かれると、最終的に当期純利益がでます。当期純利益はその企業が1年かけて頑張って稼いできたお金であるため、とても重要な意味があります。

当期純利益 = 税引前当期純利益 - 法人税・住民税など

このように、利益には多くの種類があります。なぜこのように利益が分かれているかというと、「それぞれの段階でどれだけの利益を出しているか」を詳しく知ることができるからです。そこから、会社の健全性や成長性を見極めます。

例えば、税引前当期純利益が100万円あったとします。この数値だけをみると、きちんと利益が出ているように思います。

しかし、「営業利益が100万円の赤字」であり、「土地を200万円で売って特別利益を得た」という中身であったらどうでしょうか。企業がもつ土地の数は限られているため、同じようにことを永遠に続けることはできません。

いくら最終的な利益が出ていたとしても、本業である営業利益が赤字である以上は危険であることが分かります。このようにして、損益計算書を読み解いていきます。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認