ビジネスでのリスクとは何でしょうか。多くの人はリスクのことを「危険」のことだと想いますが、実際には違います。ファイナンス理論では、リスクが高いことを「不確実性が大きい」と表現します。

では、不確実性とは何でしょうか。ここでは、リスクに関する本当の意味について理解していきます。

リスクにはチャンスも含まれる

日本語でリスクを表す漢字は「危機」です。この言葉の通り、リスクには「危険」という意味だけでなく、「機会」という意味も含まれています。つまり、リスクがあるということは、それだけチャンスの幅も広がることを理解しなければいけません。

例えば、次のような2つの条件があるとします。このとき、どちらを選ぶでしょうか。

A:確実に1万円がもらえる

B:サイコロを振って4以上であれば2万円をもらえるが、3以下であれば何もない

この場合、多くの人は「A:確実に1万円がもらえる」を選びます。なぜなら、Aは100%の確率で受け取ることができるからです。Bの方がチャンスは大きいですが、「何も受け取れない可能性がある」という不確実性があるため、どのような結果が起こるか分からない将来を避けるのです。

1万円ではふり幅が大きいため、「不確実性が大きい」といえます。それだけ成功したときのチャンスが大きいともいえます。一方、次の条件ではどうでしょうか。

A:確実に100円がもらえる

B:サイコロを振って4以上であれば200円をもらえるが、3以下であれば何もない

この場合では、冗談半分でBを選ぶ人はかなり増えます。別に200円をもらえなくても大きな痛手ではなく、むしろ笑いのネタになることでしょう。たとえ100円を受け取れなかったとしても、そのふり幅は小さいです。言い換えれば、「不確実性が小さい」ともいえます。

最初の1万円では不確実性が大きいのため、リスクも高いです。しかし、100円の例では不確実が小さいため、リスクも少ないです。ビジネスでは、このような不確実性のふり幅がどれだけあるかによって、リスクの大小が決まります。

満足度に慣れてしまうと、人間は確実な方を選ぶ

多くのものを受け取るほど、人が感じる満足度は高くなります。しかし、このときの満足度がずっと上昇し続けることは難しく、少しずつ慣れてくることがあります。

例えば、夏に激しい運動をして汗だくになったあと、ジュースを渡されるとします。大量の水分が抜けた体にとって、1本目のジュースは最高の味わいになることでしょう。では、2本目のジュースで感じる満足度は1本目に比べてどうでしょうか。また、3本目の満足度はどうでしょうか。

おそらく、多くの人は1本目のジュースは満足度が高く、2本目になると少なくなるはずです。のどの渇きがある程度満たされるからです。3本目では、満足度はさらに少なくなります。与えられる物の数が多くなったとしても、満足度は頭打ちになることが分かります。

それでは、このときの満足度を点数化してみましょう。ある人の満足度を合計100点満点で点数化したところ、「1本目のジュース:50点」「2本目のジュース:20点」「3本目のジュース:10点」だったとします。

満足度の慣れ

ここで、先ほどと同じように条件をつけます。

A:確実にジュースを2本もらえる

B:サイコロを振って4以上であればジュースを3本をもらえるが、3以下であれば何もない

このとき、多くの人はやはり「A:確実にジュースを2本もらえる」を選びます。満足度でいえば、Aは確実に70です。しかし、たとえBを選んで上手くいったとしても、満足度は80なのでそこまで大きく変わりません。半分の確率で満足度がゼロになることを考えると、確実にリスクのない方を選びます。

冒頭の1万円の例で示したように、人は不確実性を嫌います。たとえこれが、「1万円と2万円」というように、「慣れ」が起こらないだろうと考えられる場合であってもです。

これが先ほどのジュースのように、「何かに慣れるような場合」であれば、不確実性はさらに嫌われる傾向にあります。ふり幅が大きいにもかかわらず、得られるリターンが少ないからです。

このように、ファイナンス理論の「リスク」は身近な現象から考えることができます。ここでは、リスクの概念をしっかりと理解し、不確実性が人にどのような影響を与えるのかについて覚えておきましょう。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録