自らビジネスを動かす立場になると、勉強すべきことがたくさん表れます。その中の1つとして、ファイナンスがあります。日本語では財務と表現されます。

会計は英語でアカウンティングですが、日本語表記で「会計」と表されることの方が多いです。一方、ファイナンスは一般的に、財務よりもファイナンスという表記がされます。

経営を行うことで会社の方針を決めるのが社長の仕事であるため、多少の会計知識を身に付けることは重要です。それにプラスして、ファイナンスの知識も学ぶということです。それでは、会計とファイナンスの違いは何でしょうか。まず、この違いから理解していきます。

「利益」を扱うのか、「キャッシュ(現金)」を扱うのか

会計は利益を扱います。一方、ファイナンスはキャッシュ(現金)を扱います。この点が最も大きな違いなのではないかと思います。

会社の儲けを示す指標の1つに利益があります。利益は「売上 - 経費 = 利益」で表されます。会社の使命は利益を出すことであり、利益の出ない会社は迷惑でしかありません。利益のない会社は相手先や銀行、従業員などあらゆる人に対してお金を支払えないからです。

そのため、利益を扱う会計を理解することは、社長を行う上で必須であるともいえます。利益が分からない人が会社を運営すれば、先行きはかなり怪しくなります。

ただし、利益だけを追いかけていてもダメです。経営をする上で利益は大切ですが、「手元に現金があること」はもっと重要です。「資金繰りが厳しい」という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは手元に現金がない状態を指します。

会社が倒産するのは赤字だからではなく、手元に現金がなくて相手先や銀行への支払いを約束の期限内にできなかったときに倒産は起こります。会計では利益を扱うため、それだけではどれだけの現金が会社内にあるか把握できません。そこで、キャッシュを見えるようにするのです。

キャッシュフローという言葉を聞いたことがあると思いますが、これは現金の流れを示します。名前の通り、企業活動によって生じたお金がどのように流れているかを示した指標です。

なお、利益額を増やすなど、会計ではある程度の操作をすることができます。しかし、現金は操作できません。そこにある現金が自然に増えることはないのです。どれだけ頑張ろうが現金の額は変わらないため、「キャッシュは嘘をつかない」といわれています。

「過去」を扱うのか、「未来」を扱うのか

会計とファイナンスの違いとして、他には「過去を扱うのか、未来を扱うのか」というものがあります。会計は過去を扱い、ファイナンスは未来を扱います。

会計では、過去の業績を扱います。企業の決算が終わった瞬間の日(決算日)のその瞬間の成績です。決算日が近づくとどの企業もあわただしくなるのは、会社の成績を出す期限が間近に迫っているからです。試験日が近くなると、ようやくラストスパートをかけるのと同じです。

会計での決算書では損益計算書や貸借対照表、キャッシュフロー計算書が出されます。ここに書かれている数字は過去の決算日での数値を表したものであり、現在の数字ではありません。

しかし、会社経営で過去の話ばかりしても意味がありません。社長にとって重要なのは、「現在の状況から未来に向かってどのような判断をするか」ということだからです。そこで、未来を扱うファイナンスが重要になります。

経営者はお金を使って「投資」を行い、このときの投資がどれだけの「リターン」を生み出すのかを考える必要があります。このときにファイナンスを用います。

過剰な投資を行えば、会社の体力が一気に減って何もできなくなります。しかし、投資に対して慎重になりすぎてチャンスを逃してはいけません。社長は「現在の状況」と「未来のリターン」を考えながら判断するだけの能力が求められます。

このように、会計とファイナンスには「利益かキャッシュ(現金)か」、そして「過去か未来か」という違いがあります。この違いを認識すると、ファイナンスを少しずつ理解できるようになります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録