会社が倒産するときというのは、決算書にその兆候が表れます。特に債務超過と呼ばれる状態に陥ると、そのほとんどの企業は破産してしまいます。

それでは、債務超過とはどのような状態なのでしょうか。また、「債務超過=倒産」なのでしょうか。ここでは、債務超過の状態から企業の会計について学んでいきます。

純資産(自己資本)は増えたり減ったりする

最初に会社を立ち上げるとき、その多くは社長が自分で出資します。いわゆる資本金のことです。社長のポケットマネーから資本金を出すことで会社にお金を注入し、これをもとにして会社を運営するのです。

その後、会社を経営して利益を出すことができれば、資本金は毎年増えていきます。利益からあらゆる経費や税金を引かれた後、手元にお金が残ります。これを、当期純利益といいます。その会社が1年かけて頑張って稼いだ額ともいえます。

次の年では、当期純利益の額だけ純資産(自己資本)が増えます。つまり、利益を出せば会社の純資産は年を追うごとに増加していくと考えてください。

ただし、その逆もあります。赤字を出せば、それだけ純資産が減少していきます。これが毎年のように赤字が続くと、会社の中に残っているお金が減っていき、最終的には純資産がマイナスになります。この状態を債務超過といいます。

通常、貸借対照表は左右のバランスが保たれています。ただし、債務超過の場合は例外的にバランスが崩れます。実質的な破たんだと考えてください。債務超過の状態では、会社に残っているあらゆる資産を売り払ったとしても負債(借金)を返すことができないのです。

なお、実際は債務超過に陥る前に会社は倒産することがほとんどです。ただし、債務超過になったとしても、すぐに倒産というわけではありません。この違いをもう少し確認していきます。

会社が破産するときの条件

赤字を出せば即倒産ではありません。そうではなく、「お金の支払いに滞ったとき」というのが会社の倒産です。

商品を仕入れた場合、相手先に支払い義務が生じます。銀行からお金を借りた場合であっても、返済義務が発生します。大まかに考えると、これらのお金を期限内に支払えなかった場合が会社の倒産です。

そのため、大赤字の会社であっても、銀行からお金を借りるなどして手元に現金をたくさんもっていれば、お金の支払いができるので倒産することはありません。しかし、どれだけ売上や利益の大きい企業であっても、現金の回収がうまくできていなければ、お金の支払いに滞って破産することがあります。

要は、赤字と倒産はイコールではありません。同じように、債務超過と倒産もイコールではないのです。

たとえ債務超過に陥って会社の支払い能力がゼロになったとしても、例えば社長のポケットマネーで凌げるのであれば倒産しません。会社の代わりに社長が建て替えを行うのです。

立ち上げたばかりの零細企業であれば、債務超過に陥ることは珍しくありません。現在では少ない資本金でも株式会社を作れるため、新たに在庫を買ったり設備投資をしたりすると、簡単に債務超過に陥ります。ただ、「会社のお金で足りない部分」の支払いを社長個人のお金で出せば倒産を免れます。

もちろん、社長が建て替えを行ったとしても、その場しのぎにすぎません。仕入れ先への支払いや銀行への返済などはずっと続くため、一刻も早く立て直しを図らなければいけません。

銀行は特に債務超過を嫌います。あなたも「すべての資産を売っても借金を返せない企業」に対してお金を貸したいとは思わないはずです。

ただし、銀行からお金を借りるつもりのない立ち上げ当初の会社の場合、債務超過であっても大きな問題が起こることはありません。何かペナルティーを受けるわけではないため、会社を潰さない程度に社長の財布からお金をだしていけば倒産は免れます。

なお、債務超過を解消するには、「頑張って利益を増やす」「出資者を募る」の2つが主にあります。

一番分かりやすいのは、「頑張って利益を増やす」ことです。稼げる体質に変えていき、これを継続していけば債務超過は解消します。

また、株を購入してもらうなど、出資してもらうことでも債務超過を解消できます。社長自ら株を購入してもいいですし、他の人に頼み込んで買ってもらってもいいです。純資産の部分を増やせば、債務超過を簡単に解消できます。

他にも方法はありますが、話が複雑になるので省きます。ここまでを理解していれば、ひとまず債務超過に関しては問題ありません。企業の破産と債務超過の関係を理解するなど、お金の流れを学ぶことがビジネスでは重要です。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録