たとえ誰もが知っているような大企業であっても、倒産することは頻繁にあります。大企業だから安全なのではありません。適切な経営をしなければ、どのような会社でも潰れることはあります。

このような「会社の安全性」を測る指標として決算書があります。主に貸借対照表から会社の内部をみて安全性を判断しますが、キャッシュフロー計算書も用いられます。それでは、どのように考えてキャッシュフローを分析すれば良いかについて解説していきます。

キャッシュフロー計算書でお金の流れを把握する

まず、キャッシュフローは「お金の流れを表す指標」であることを認識してください。どれだけ売上があったとしても、手元に現金がないことは頻繁にあります。多くの会社はツケで売上を計上するため、後で代金を回収しなければ現金は入ってきません。

現金がなければ、社員に給料を払えません。商品の仕入れができません。銀行への返済もできません。会社にとって現金は体力の源であり、これがなければ何もできなくなります。このような理由があるため、あらゆる企業で現金回収が重要視されています。

損益計算書や貸借対照表を眺めていても、現金の流れは見えてきません。そこで、会社での現金の流れを見るためにキャッシュフロー計算書を用います。

キャッシュフローでは「営業CF」「投資CF」「財務CF」の3つがあります。それぞれの項目において、会社のお金が増えればプラスであり、お金が出ていけばマイナスで表示されます。

簡単に確認すると、営業CFは「本業の儲けで生み出した現金」を表します。この数値が大きいほど良いとされ、それだけビジネスで稼いでいることを示します。ここがマイナスであると、ビジネスを動かすほどお金が出ていくことになるため、この状態が続くと会社は破たんします。

次に、投資CFは「ビルの購入や工場の修繕など、将来のためにどれだけ投資をしているか」を表します。成長している企業は投資を積極的に行うため、その分だけお金が出ていきます。つまり、健全な企業は投資CFがマイナスになります。

ここがプラスであると、自社ビルや工場、土地などを売却して現金を得ていることになります。お金を生み出すために必要な資産を売っているため、投資CFがずっとプラスであると体力が次第になくなっていきます。

最後に、財務CFは「お金の借り貸しや株主配当の支払いなどがどのようになっているか」を表します。儲かっている企業であれば、銀行への借金返済を積極的に行います。株主配当も出します。それだけ会社からお金が出ていくため、正常な企業は財務CFがマイナスになります。

一方、財務CFがプラスであると、多くの借金によってビジネスを動かしていることになります。ただ、企業にとって借金は悪いわけではないため、一概に財務CFがプラスだからといって危険なわけではありません。

これらの基礎知識を踏まえたうえでキャッシュフローの形をみれば、企業がどのような経営をしているかを判断できます。

健全な企業のキャッシュフロー

健全なキャッシュフロー

上図のようなキャッシュフローであれば、営業CFが大きなプラスであるため、本業で儲けてしっかりと現金を回収できていることが分かります。

また、投資CFがマイナスであるため、将来のために投資を行っています。投資によって将来のお金を作り出す体力をつけるため、成長している企業であるほどここがマイナスになります。財務CFもマイナスですが、これは借金の返済や株主への配当を行っているためであると予想できます。

体力が減っている企業のキャッシュフロー

体力が減っているキャッシュフロー

先ほどとは異なり、上図のキャッシュフローでは営業CFがマイナスです。本業で現金を回収できていない危険な状態です。ただ、投資CFが大きくプラスであることに気がつきます。

これは、工場や土地などの資産を売ることによって得たお金が入ってきた結果、プラスになっているだけです。保有資産は限られているため、いつまでも投資CFがプラスになるわけではありません。また、工場などの資産を売れば、それだけ将来生み出せる体力が減少します。

このようなキャッシュフローであると、体力を削りながら何とかお金を生み出していることが読み取れます。

大量の借金でまかなっている企業のキャッシュフロー

大量の借金でまかなっているキャッシュフロー

今度は、財務CFが大きなプラスになっているキャッシュフローです。銀行から借り入れて会社の現金が増えた場合、財務CFがプラスになります。つまり、大量の借金によって会社を運営していることを読み取れます。

一方、営業CFはマイナスです。ビジネスをするほど手元から現金が流出しているため、できるだけ早く営業CFをプラスにしなければなりません。

無理な投資をしている企業のキャッシュフロー

無理な投資をしているキャッシュフロー

最後に、投資CFが大きなマイナスになっているケースを紹介します。これは、大きな投資を積極的に行っていることを読み取れます。

営業CFがプラスであるため、本業での現金の流入があります。また、財務CFがプラスであるため、銀行からの借り入れも行っています。これらのお金を使い、投資にまわしていることがキャッシュフローから分かります。

必ずしも悪いことではありませんが、無理をしすぎると破たんすることがあります。本業でしっかりと現金を手に入れながら、適切な投資をしていく必要があります。

このように、キャッシュフローを眺めるだけで多くのことを読み取れることが分かります。いくら現金が大量にあったとしても、そのお金が「資産を売却して得たもの」や「銀行から大量に借りたもの」であれば意味がありません。外見はよくても、その中身は大変なことになっているのはよくあることです。

キャッシュフローを理解すれば、これら企業が行っている経営まで学べます。今回の知識を用いて大企業の決算書を見ると、意外な事実を発見できることでしょう。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認