ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

フロントエンドとバックエンド

 

ビジネスの基本概念としてフロントエンドバックエンドという考えが重要になります。

 

フロントエンドと言うのは、簡単に考えれば「最初に見せる商品」の事を指します。バックエンドとは、「フロントエンドを買ってくれた人に対して、さらに売り込みをかける商品」となります。

 

例えば、あなたが旅行をする時を考えてください。国内旅行でも海外旅行でも良いです。この時、旅行に申し込むこと自体が旅行会社のフロントエンドになります。

 

しかし実際のところ、あなたに旅行ツアーへ参加してもらうだけではそこまで旅行会社は稼ぐことができません。そのほとんどが経費などで消えていってしまいます。

 

そこで何を行うかと言うと、旅行ツアーで旅をしている途中に「オプショナルツアー」が必ずと言っていいほど出てくると思います。

 

しかも、どれも高額です。高額ですが、内容はしっかりしているのでほとんどの人が参加してしまいます。これによって、旅行会社は大きな利益を出すことができます。この時のオプショナルツアーが旅行会社にとってのバックエンドとなります。

 

・旅行会社にとってのフロントエンド:あなたに旅行へ参加してもらうこと

 

・旅行会社にとってのバックエンド:旅行時に提案されるオプショナルツアー

 

 なぜバックエンドを行うのか
このように考えると、バックエンドを売り込むのは悪いことのように思う人がいるかもしれません。しかし、そうではありません。

 

むしろ、バックエンドを考えることのできない方が「お客様の事を考えていない」という事になります。

 

先ほどの例であれば、既に旅行での日程や時間割は決まっています。中には自由時間が欲しいためにバックエンドとしてのオプショナルツアーに興味のない人もいます。

 

そのため、そのような人は最初から相手をしなければ良いのです。

 

ただし、中には旅行を楽しんでいるうちに「高いお金を出してでも、もっと良い景色が見えるツアーやオプションに申し込みたい」と思う人が必ず出てきます。

 

つまり、旅行会社はこのようなお客様の望みを何としてでも解決すべきなのです。そのためにバックエンドが考えられています。このように考えると、バックエンドを考えられないことがいかにお客様の事を思っていないかを理解できます。

 

 ネットビジネスでのフロントエンドとバックエンド
それでは、ネットビジネスでのフロントエンドとバックエンドはどのように考えれば良いでしょうか。商品を細切れにして無理やりフロントエンドとバックエンドを作っても良いですが、その場合の多くはクレームになります。

 

バックエンドまで購入することでようやく完成する商品では、「フロントエンドの商品は不完全なものを売っている」と思われて商品自体が売れなくなってしまいます。
それではどうするかと言うと、一番分かりやすい例として次のような流れがあります。

 

1. 商品を売る(フロントエンド)

 

2. セミナーを行う(バックエンド)

 

3. 個別コンサルを行う(バックエンド)

 

お客様があなたの商品を購入し、その商品が素晴らしくお客様が感動したとします。すると、このお客様は次に何を実現させたいと思うでしょうか。

 

それは、多くの場合であなたに直接会って話を聞きたいと思うはずです。このようなお客様のフラストレーションをあなたは解決すべきなのです。

 

そこで、商品を売った後のバックエンドとして「セミナーを開く」という事があります。セミナーに呼び寄せて、あなたと直接会う機会を設けるのです。

 

しかし、中にはあなたのセミナーに参加しただけでは満足しない人がいます。それでは、このお客様はどのようなフラストレーションがあるでしょうか。

 

それは、「あなたに直接指導をしてもらいたい」ということです。つまり、個別コンサルです。セミナーが終盤に差し掛かったとき、あなたが行うべき事として個別コンサルをバックエンドで売らなければいけないのです。

 

これでようやく、お客様の不満を解消させることができます。もっと欲を言えば、あなたとジョイントさせるなどでさらに高額なバックエンドを売ることもできます。

 

このように、「お客様はどのような不満を持っているか」を考え出すと、バックエンドとして売るものが見えてきます。もしバックエンドを売らなければ、あなたは稼げませんしお客様もフラストレーションだけが溜まるばかりです。だからこそ、必ずバックエンドを考える必要があるのです。

 

今回はネットビジネスで行うフロントエンドとバックエンドの典型的な型を記しましたが、もちろんこの型だけが全てではありません。

 

月額課金の会員制システムをバックエンドとするかもしれませんし、コミュニティへの参加権がバックエンドかもしれません。アイディアの数だけバックエンドがあります。

 

 これを知れば企業へのコンサルは簡単
実は、フロントエンドとバックエンドの概念を知っているだけでも企業にコンサルティングが出来てしまいます。

 

特に中小企業の場合、「バックエンドって何?」、「リストって何?」というレベルです。もし、あなたが一人で稼げる能力を身に着けた場合には、これらの企業に対して自信をもってコンサルができるはずです。

 

早い話、これら企業が販売している商品を使っているお客様の声に耳を傾ければ良いのです。お客様が「その企業の商品を使った上で、どのようなフラストレーションが溜まっているか」を考え出します。

 

その次に、そのフラストレーションを解決するような商品を、既に購入してくれたお客様に対して売り込めば良いのです。

 

これによって、売上は簡単に上がります。

 

まずは自分でビジネスを始めてフロントエンドとバックエンドの概念を実践してみてください。そうすれば、どのようなシステムで行えば良いかを加速的に理解できるようになります。これを行った上で、今度は自分が行ってきたことを他人に教えることができるようになってください。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

学ぶ人ほど富める人間は平等である
そもそもビジネスとは何をする物か
なぜネットビジネスを行う必要があるのか
ネットビジネスの基本は広告業である
情報発信のビジネスでは著作権のことを考えなくても良い
私がネットビジネスで稼げる一番の理由
経営者思考の基本を理解する
「金儲けは悪い」という日本人の悪しき習慣
なぜ私がビジネス手法を公開しているか
情報ビジネスは最強のビジネス
ビジネスを行う上でのリストという概念
DRM(ダイレクト・レスポンスマーケティング)とは
リストには属性がある
素人目線で不満を感じれば、ビジネスアイディアが湧き出てくる
誰でも簡単に売上を上げる方法
絶対に稼げるようになるたった一つの思考法とは
アップセルとクロスセル
ゴミビジネスを学び、情報が現金に変わる仕組みを理解する
なぜ私が薬学の分野で稼ぐことができるか
起業や副業を行う前に考えるべきこと
金持ちになれるたった一つの条件とは:「資産」と「負債」
「消費」と「投資」の違いを理解して稼げる頭脳を手に入れる
元本保証型のビジネスは存在するのか
稼ぐ仕組みを構築し、自動収益化を行う方法
在庫問題とネットビジネス
ECサイトで問題となる在庫問題:商品の出庫
ECサイトで問題となる在庫問題:商品の入庫
ECサイトで問題となる在庫問題:在庫の売れ残り問題
ECサイトで問題となる在庫問題:運転資金の問題
なぜ黒字倒産が起こるのか
ECサイト運営で在庫をなくす方法