ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

機会費用を大切にして、埋没費用(サンクコスト)は無視する

 

ビジネスを動かす以上は、世の中の経済がどのような仕組みになっているのかを学ばなければいけません。ファイナンスを理解すれば、これを理解できるようになります。ただ、実際にビジネスを行わなかったとしても、ファイナンスを実生活に役立てることはいくらでもできます。

 

例えば、ファイナンスでは機会費用(オポチュニティーコスト)埋没費用(サンクコスト)という概念があります。これを学び実践すると、人生で迷ったとき、どのように選択すれば良いのかまで分かるようになります。

 

 機会費用(オポチュニティーコスト)とは
人は怠ける生き物です。何気なくテレビを見たり、遊んだりする人が大多数です。しかし、ぼ~っとする時間が長いほど、それだけ損失も大きくなります。これは、機会費用(オポチュニティーコスト)を学ぶことで理解できるようになります。

 

機会費用とは、本来は最も有効に利益を生み出せていたはずである時間を「他のことをする時間」に当ててしまった結果、失われた利益を指します。かなり分かりにくいので、例を挙げます。

 

例えば、A君は次の日に何も予定が入っていませんでした。今から電話して次の日にアルバイトを入れれば、「時給800円 × 10時間 = 8000円」を手に入れることができます。しかし、A君はアルバイトが面倒くさいと考え、次の日は1日中テレビゲームをして過ごすことにしました。

 

テレビゲームをしたところで、何も生み出しません。時間の無駄であり、それよりもアルバイトをした方がお金を生み出すことができます。しかしA君はバイトをすることを選択しなかったため、このときは「バイト代8000円の機会損失をした」ということができます。

 

本来であれば、その時間を他のことに使っていれば、もっと有効に時間を過ごせたはずです。しかし、有効に使わなかったため、それだけ損失が生まれたのです。これが機会損失です。

 

「時は金なり」という言葉は有名ですが、これは機会損失のことを指しているのです。無駄に時間を過ごす人は多いですが、実はこれは大きな損をしているといえます。何も失ったようには思えませんが、「有効に活用していれば、本来は得られていたものを得られなかった」という損失が発生するのです。

 

ビジネスを動かす人の場合、機会損失を重要視しなければいけません。ビジネスをするとなると、多くの人はすべて自分で何とかしようとするからです。そのために、多くの時間を損失します。

 

例えば、会社設立をするときに、司法書士に依頼する数万円がもったいないと思って法律を勉強しようとする人がいます。しかし、これをゼロから学ぶとなると、何ヶ月もの時間が必要です。それよりも、数万円で会社設立の作業をすべて代行してもらった方が明らかに賢いです。

 

会社登記の勉強時間を他のビジネスをする時間に当てれば、数万円くらい一瞬で取り戻せるはずです。「専門家に依頼する」ことは、機会損失を防ぐために重要な考え方なのです。

 

 埋没費用(サンクコスト)とは
機会費用とは別に、埋没費用(サンクコスト)についても学ばなければいけません。埋没費用とは、「それまでに使ってしまった費用」のことであると考えてください。

 

多くの人は、過去に支払ったお金に価値があると考えます。例えば、あなたが新たなビジネスを立ち上げるために設備投資を行い、既に1000万円をその事業のために使ってしまいました。このとき、たとえ成績が悪かったとしても、「既にこれだけお金を使ったのだから、後には引けない」とあなたは考えるでしょう。

 

立ち上げたビジネスを中止しても、使ってしまった1000万円は返ってきません。このときの1000万円が埋没費用(サンクコスト)です。

 

ただし、ビジネスでは埋没費用を意識してはいけません。過去のお金は戻ってこないからです。埋没費用に捉われた瞬間に身動きが取れなくなってしまうため、単なる授業料だと割り切って、上手くいかないビジネスはスパッとやめてしまう方が賢明です。

 

先ほどの「既に1000万円を投資したが、うまくいきそうにないビジネス」の例であれば、過去に注ぎ込んだお金のことは忘れて諦めるという選択が正しいです。

 

ただ重要なのは、埋没費用の分は無駄に終わるかもしれませんが、「それまでに費やしてきた努力は無駄にならない」ことを認識することにあります。

 

例えば、部活で毎日のように努力して最後の試合に勝てなかったとしても、それまでの努力は無意味ではありません。部活で鍛えられた礼儀や精神力は、将来必ず役に立ちます。多少、辛いことがあったとしても乗り切ることができるようになっているかもしれません。

 

先ほどのようなに1000万円の埋没費用を出した場合であっても、「この方向性でビジネスを動かせば失敗する」ことを学べたわけです。この経験を活かして、他のことで成功すれば良いのです。

 

一見すると、埋没費用は無駄のように思えます。しかし、実際はそうではありません。そのための経験や努力は将来必ず役に立ちます。埋没費用は惜しまずに見切りをつけ、失敗経験を将来に活かすことが最も重要です。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

会計学を学ぶ前に理解すべきポイント
損益計算書で把握する売上と利益の種類
損益計算書から経費(費用)の概念を学ぶ:直接費、間接費
貸借対照表の見方・読み方を学ぶ:資産、負債、純資産
貸借対照表の資産(流動資産、固定資産)を読み解く
貸借対照表の負債(流動負債、固定負債)を読み解く
貸借対照表の純資産(株主資本)を読み解く
売上原価の求め方:在庫(棚卸資産)による罠
決算書から会社の成績・健康状態を把握する
お金の流れ(手元の現金)をみるキャッシュフロー計算書
「営業」「投資」「財務」で分析するキャッシュフロー計算書
決算書の分析法:実数分析、比率分析、時系列分析、他社比較分析
営業利益率は収益性の基本である
総資産利益率(ROA)と自己資本利益率(ROE)の概念
決算書から「付加価値率」や「労働生産性」を読み解く
損益分岐点からみる固定費・変動費の関係
会社が借金をする理由:レバレッジをきかせる
自己資本比率、流動比率、固定比率からみる会社の安全性
キャッシュフロー計算書から把握する会社の安全性
倒産寸前の会社で起こる「債務超過」とは:企業が破産する条件
売掛金の増加や大量の棚卸資産で「黒字倒産」が起こる仕組み
会社の成長性を読み解く:有機的成長とM&A
会計(アカウンティング)と財務(ファイナンス)の違いとは
リスクとは何か:人間は「不確実」なことを嫌う
ハイリスク・ハイリターンの原則:リスクが高いほど得るものも大きい
リスクは努力によって大幅に減らすことができる
リスク分散の原理・原則を学び、相関と組み合わせを理解する
リスクプレミアムとリスクリーフレートの関係
現在価値と将来価値から考えるリターン(報酬)の考え方
ファイナンスで考えるネットビジネスのリスクは「時間」である
負債コストと株式資本コストの違いから、資本コストを学ぶ
企業の資金調達コストを示すWACC(加重平均資本コスト)とは
ファイナンス理論から考える「株式会社」の仕組み
株価が上がったり下がったりする理由:株価の変動
ファイナンス理論から考える「保険会社」の仕組み