ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

「営業」「投資」「財務」で分析するキャッシュフロー計算書

 

会社を運営したり、投資家として株の売買を行うときは決算書を見れなければいけません。決算書には損益計算書や貸借対照表などがあります。そしてここに、キャッシュフロー計算書が入ります。キャッシュフロー計算書は「現金の流れ」をみるための書類だと思ってください。

 

会社が倒産するのは赤字だからではありません。手元に現金がないからです。銀行への支払いが滞るなどにより、資金ショートが起こることで倒産します。たとえ赤字であっても、お金を借りるなどして潤沢な資金がある場合は倒産しません。

 

どれだけ売り上げがあったとしても、その代金を回収できていなければ資金ショートしやすくなります。いわゆる、「資金繰りが厳しい」という状況です。キャッシュフロー計算書では、このようなお金の流れを分析できます。

 

キャッシュフロー計算書では、大きく「営業」「投資」「財務」の3項目が存在します。それぞれの項目がなにを意味しているのか理解できれば、キャッシュフローは問題ありません。

 

以下に簡単なキャッシュフロー計算書を記します。基本的には、手元の現金が増えた場合はプラスになり、減った場合はマイナスになります。例えば、ビルや土地などを購入する場合はお金が出ていくため、現金は減ります。つまり、キャッシュフロー上はマイナスです。

 

Ⅰ. 営業活動によるキャッシュフロー
    税引前当期純利益

    減価償却費

    売上債権の増加

    ……  
    営業活動によるキャッシュフロー

合計金額①

 
Ⅱ. 投資活動によるキャッシュフロー
    固定資産の取得

    固定資産の売却

    有価証券の購入

    ……  
    投資活動によるキャッシュフロー

合計金額②

 
Ⅲ. 財務活動によるキャッシュフロー
    借入金による収入

    借入金の返済

    配当金の支払い

    ……  
    財務活動によるキャッシュフロー

合計金額③

 
Ⅳ. 現金及び現金同等物の増加額

①+②+③=④

Ⅴ. 現金及び現金同等物の期首残高

Ⅵ. 現金及び現金同等物の期末残高

④+⑤

 

 営業活動によるキャッシュフロー(営業CF)
キャッシュフローの中でも、「どれだけ本業で現金を得たのか」を示す項目が「営業」です。売上の額ではなく、あくまでも現金を回収した額を記します。

 

本業で儲けた現金の額であるため、一般的にはこの数値は大きいほど良いです。それだけ多くの現金が入ってくることを意味するため、ビジネスで稼ぎながらお金の回収まで適切にできていることを意味するからです。

 

この数値がマイナスの場合、本業でビジネスを行うほどお金が流出していくことを意味します。事業で稼げていないため、この状態が続くといずれは倒産します。

 

売上額が大きいだけでは、本当に儲けたかどうかは分かりません。取引先が倒産するかもしれませんし、踏み倒す危険性もあります。文句をつけて値引き要求することもあり得ます。こうしたことが頻繁にあるため、売上ではなく本業で獲得した現金が重要になります。

 

 投資活動によるキャッシュフロー(投資CF)
投資に関わるキャッシュフローでは、「将来のためにどれだけ投資を行っているか」を表します。会社によっては工場を建てることがありますし、人員増に伴って新たなパソコンが必要になるかもしれません。

 

こうした投資活動を行うほど、当然ながら現金は手元から出ていきます。ビジネスで投資は必要な行為であるため、成長している健全な会社の投資CFはマイナスの数値になります。

 

一方、この項目がプラスであると、土地や建物、株などを売ってお金に変えていることを意味します。自分の身を削ってお金に変えているため、望ましい状態とはいえません。これが続くようであると現金を生み出すために必要な資産が減り、やがて会社自体の体力が無くなります。

 

 財務活動によるキャッシュフロー(財務CF)
財務でのキャッシュフローでは、「会社がどれだけお金を借り、返済したか」を意味します。銀行からお金を借りた場合、手元の資金が増えるのでキャッシュフローはプラスになります。一方、借金を返した場合は資金が減るためにマイナスです。

 

また、株主に対して還元するため、配当を配る場合はお金が出ていくのでマイナスになります。

 

会社の業績が良い場合、借金を返済するために財務キャッシュフローは通常マイナスになります。ここがプラスであると、多くの借金をしていることが分かります。

 

ただ、企業にとって借金は悪いものではありません。成長著しい企業の場合、多くの借金をしてでもお金が必要な場合は多々あります。財務のキャッシュフローを分析する場合、営業キャッシュフローや投資キャッシュフローまで含めて総合的に判断しなければいけません。

 

このように「営業」「投資」「財務」のキャッシュフローについて説明してきましたが、キャッシュフロー計算書に書かれている「税引前当期純利益」「減価償却費」などの中身まで詳しく理解する必要はありません。

 

それよりも、営業や投資、財務のキャッシュフローがプラスかマイナスかを判断し、それが何を意味しているのかを理解できれば問題ありません。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

会計学を学ぶ前に理解すべきポイント
損益計算書で把握する売上と利益の種類
損益計算書から経費(費用)の概念を学ぶ:直接費、間接費
貸借対照表の見方・読み方を学ぶ:資産、負債、純資産
貸借対照表の資産(流動資産、固定資産)を読み解く
貸借対照表の負債(流動負債、固定負債)を読み解く
貸借対照表の純資産(株主資本)を読み解く
売上原価の求め方:在庫(棚卸資産)による罠
決算書から会社の成績・健康状態を把握する
お金の流れ(手元の現金)をみるキャッシュフロー計算書
決算書の分析法:実数分析、比率分析、時系列分析、他社比較分析
営業利益率は収益性の基本である
総資産利益率(ROA)と自己資本利益率(ROE)の概念
決算書から「付加価値率」や「労働生産性」を読み解く
損益分岐点からみる固定費・変動費の関係
会社が借金をする理由:レバレッジをきかせる
自己資本比率、流動比率、固定比率からみる会社の安全性
キャッシュフロー計算書から把握する会社の安全性
倒産寸前の会社で起こる「債務超過」とは:企業が破産する条件
売掛金の増加や大量の棚卸資産で「黒字倒産」が起こる仕組み
会社の成長性を読み解く:有機的成長とM&A
会計(アカウンティング)と財務(ファイナンス)の違いとは
リスクとは何か:人間は「不確実」なことを嫌う
ハイリスク・ハイリターンの原則:リスクが高いほど得るものも大きい
リスクは努力によって大幅に減らすことができる
リスク分散の原理・原則を学び、相関と組み合わせを理解する
リスクプレミアムとリスクリーフレートの関係
現在価値と将来価値から考えるリターン(報酬)の考え方
ファイナンスで考えるネットビジネスのリスクは「時間」である
機会費用を大切にして、埋没費用(サンクコスト)は無視する
負債コストと株式資本コストの違いから、資本コストを学ぶ
企業の資金調達コストを示すWACC(加重平均資本コスト)とは
ファイナンス理論から考える「株式会社」の仕組み
株価が上がったり下がったりする理由:株価の変動
ファイナンス理論から考える「保険会社」の仕組み