私は放置だけでアクセスが伸び続けるサイト運営を推奨しますが、サイト上だけで商品を売るのはとても難しいです。高額商品となればさらに難しいです。

しかし、サイトアフィリエイトはやり方次第となります。つまり考え方を変えて、「むしろリアルの世界よりもネットの方が売れる商品は何か」を考えます。

ネットでは売れない商品

ビジネスとして売られている商品には特性があります。これを見てみると、「欲求を満たすもの」と「痛みから逃れるもの」の大きく二つに分けることができます。

この中でも、前者の「欲求を満たすもの」はネット上で売りにくいです。これらの欲求としては、服や旅行、趣味などがあります。

例えば旅行に行く時、あなたはネット上の情報だけでプランを決めるでしょうか。ネットに慣れている私であっても、パンフレットを取り寄せたり直接旅行代理店に出向いたりして話を聞きに行きます。

また、服を買う場合であってもサイズが合わなかったり見た目と違っていたりすることがあります。そのため、普通に考えれば直接リアル店舗に出向いて買います。趣味でも同じです。専門店に行って店員さんと相談し、自分に合う道具は何かを選ぶはずです。

このように考えると、なぜこれらの商品がネット上で売りにくいのか理解できるかと思います。

そこで、ネット上でよく売れる商品を考えます。このような商品として「痛みから逃れるもの」があります。例えば、育毛剤やダイエット商品、にきびなどがあります。

薄毛という痛みから逃れるため、世の男性は育毛剤を買います。また、太っている自分を何とかしたいという思いから女性はダイエット商品を買います。にきび改善も同様です。

想像すれば分かりやすいのですが、リアル店舗へ出向いて「育毛剤が欲しいです!!」と堂々と買い物をする人はいないと思います。どちらかと言うと、みんなにばれない様に育毛剤を購入したいはずです。これはダイエット商品でも同じです。

つまり、誰にも知られずに購入することができるこれら「痛み系」の商品はむしろネットで売れやすいです。確かにサイト上で物を売るのはあらゆる販売手法の中で最も難しいかもしれませんが、このような思考が出来れば売れやすい商品を見つけることができるはずです。

このような痛み系としては「薄毛」や「美容(ダイエット、にきび、美容整形)」以外にも、「恋愛・結婚」や「健康(ED、糖尿病)」、「お金稼ぎ(ビジネスを始める方法)」などがあります。

実はネットビジネスを始めることで「お金が欲しい」というのも痛みになります。

私はポータルサイト運営のビジネスを大っぴらに公言していますし、誰にでも話せる社会的意義の高いビジネスだと思います。しかし実際には、家族にも内緒でネットビジネスを行う人が多いです。やはり、ネットビジネスのノウハウは痛み系なので、ネット上で売れやすい商品となります。

痛み系であれば高くても売れる

サイト上で高額商品は売りにくいですが、それでも痛み系であれば比較的売れます。なぜなら、痛みから逃れたいのであれば、どれだけ値段が高くても人はお金を払うからです。

例えば美容整形を行うとき、何としてでも美しくなるために多少値段が高くてもお金を支払うはずです。育毛剤にしてみても、なぜあれだけ高額な商品が飛ぶように売れているのかを考えなければいけません。さらに言えば、これら痛み系の商品は値段を安くしてしまうとむしろ売れません。

極端な話をすれば、「ほくろを取る手術を1000円で行います」と言われたら誰でも拒否すると思います。安すぎるのは不安を与える材料でしかありません。

つまり、実はこれら痛み系の商品はある程度の高額であるほど良いこともあります。常識の範囲内で高額である必要はありますが、このように考えればなぜこれらの商品が高額でも売れるのか理解できると思います。

その痛みから逃れられるように、お客様から「欲しい!」といかに思わせることができるかどうかに関わっています。

このように、ネットで売りにくい商品で勝負するのではなく、ネットで売りやすい商品で勝負すればサイトアフィリエイトも行いやすくなるはずです。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録