SEOでは小手先の無意味なテクニックに走る人が多いです。例えば、サテライトサイトと称してブログを大量に生産し、そのブログに本命のリンクを貼り付ける方法です。いわゆる自作自演と言われています。

また、コピペで記事を集めてサイトを量産した後、そのサイトに上位表示させたいサイトへのリンクを張るという方法もありました。

昔はそれでも良かったですが、現在ではGoogleのアルゴリズムが変わってしまい、むしろそのような事をして上位表示させているサイトをマイナス評価するようにしました。その結果、どうでも良い中身のないサイトは圏外へ飛ばされていきました。

内容がほとんどない一枚だけのペラページを量産しているような脳のない人もいますが、いずれにしてもこれら小手先のテクニックに頼っていてはいつか稼げなくなります。

なぜGoogleがこれまでにずっと研究開発を続け、何回もアルゴリズムを変更してきたか」を考えないといけません。

感謝されるサイトを作ることが最強のSEO

サイト運営によるビジネスで永遠に生き残っていく方法は一つだけです。それは、オリジナルコンテンツで埋められた質の高いサイトです。そしてこれが、最強のSEOです。

Googleの使命は決まっており、それは「人気があって質も高いサイトを上位表示させる」というものです。つまり、内容のないサイトや小手先のテクニックに頼っているだけのサイトは淘汰されていくように日々研究されているのです。

SEOに関する様々なテクニックが出回っていますが、基本的に全て無視しても問題ありません。実際、そのようなテクニックに走った人がどうなったかと言うと、Googleのアルゴリズムが変わった瞬間にアクセス数が激減して収入が大幅に減りました。

しかし、私は全く影響を受けていません。そのようなテクニックには一切走らず、ただひたすらオリジナル性の高いコンテンツだけを追求してきたからです。

サイト運営で将来に渡って成功し続ける方法は簡単です。それは、前述の通り質の高いサイトを作れば良いのです。

多くの人は「Googleのアルゴリズムが変化した」としてGoogleを恨みます。しかしこれが見当違いであって、最初からGoogleに好かれるサイトを作れば良いだけです。なぜかこの本質的な問題に気が付かない人が圧倒的に多いです。

パクられるサイトを目指せ

私のサイトに書かれている内容は頻繁にパクられます。メルマガの内容も無断でコピペされます。別に勝手にすれば良いですが、そのような事をしているようでは稼げません。

それよりも、あなたが書いた記事が他人にパクられるようなオリジナル性の高いサイトを作らなければいけません。つまり、オリジナルコンテンツだけで埋められたサイトです。このレベルになれば、自然に被リンクがついて勝手に上位表示されるようになります。

あなたもネット上で調べ物をしていると、「このサイトに書かれている内容はとてもタメになった」という経験がいくつもあると思います。

これを踏まえた上で、「その人のサイトの構成がどのようになっているのか」、「どのように記事が書かれているのか」を参考にすれば自然と答えが出てくると思います。私のサイトを参考にしても良いです。

いずれにしても、他人に記事の内容をパクられる経験をすれば合格点です。有用な記事でなければ、そもそも他人は記事をパクろうと思いません。

自分が作成した画像やオリジナル記事がコピペされているのを見ると「おいおいっ」と思ってしまいますが、それだけ自分が書いた記事が有用だったということにもなります。

そして、もう一度言います。最強のSEOは有用な記事で埋まられたコンテンツです。小手先のテクニックは一切学ばなくて良いです。

最初の導入部分では少しのSEOを加えても良いと思いますが、実際にはそこまで必要ありません。私がこのサイトに書いてあることを再現できれば良いです。これを踏まえた上で、誰からも感謝されるようなサイトを構築してください。

自然なSEOで上位表示を目指す

なお、SEO対策を行う人の中でブログを量産してリンクを付ける人もいますが、今すぐやめた方が良いです。なぜなら、明らかに不自然だからです。

たとえSEOを行うにしても、できるだけ自然な被リンクをつけてSEOを行う必要があります。そのため、自然な被リンクとは何かを理解しなければいけません。有益な情報を発信していれば、自然と上位表示されます。

このとき、被リンク(他人のサイトからリンク付けされる)を受けると上位表示されやすくなりますが、どのようなリンクがあるのか理解する必要があります。

ディープリンク

上位表示させるためには被リンクが必要不可欠ですが、例えば被リンクのほとんどがトップページにリンク付けされていたらどうでしょうか。

たまたま私は「役に立つ薬の情報~専門薬学」という完全なる自然SEOで上位表示された薬学系サイトを持っていますが、このサイトであると当然ながら被リンクはトップページ以外にもたくさんあります。

サブページにも多くのリンク付けが行われおり、本来であればこの状態が自然です。このように、トップページより下の層にある個別ページにリンクが張られていることをディープリンクと呼びます。

Googleはあらゆる自然なSEOで上位表示されているサイトの構造を見ているため、ディープリンクがなければ明らかに不自然です。そのため、トップページに大量のリンクが張られていることはSEOとしてダメな行為です。

トップページ以外のサブページにもリンクがあることで、より自然に近いSEOを実現させることができます。

アンカーテキスト

リンクを張られるとき、多くのサイト上で「このような青字の下線」で表されると思います。この場合であると「このような青字の下線」と示された部分がアンカーテキストとなります。

つまり、リンクを張るときにつけられた文字がアンカーテキストです。

不自然なSEOであると、このアンカーテキストが偏ります。ひどい人であると、サイトのタイトルだけをアンカーテキストにしている人がいます。

私の自然SEOで上位表示されている「役に立つ薬の情報~専門薬学」であると、例えば以下のようなアンカーテキストでばらけています。

・役に立つ薬の情報~専門薬学

・役に立つ薬の情報

・https://kusuri-jouhou.com/

・薬学

これはトップページに張られているアンカーテキストだけを載せています。サブページへのアンカーテキストもあるため、実際には膨大な量になります。このように自然なSEOを装うためには、アンカーテキストにも注意しなければいけません。

リンク元

世の中には様々な媒体を使って情報発信している人がいます。ブログであっても、様々なサービスがあります。サイト運営を行うにしても、多くのレンタルサーバーがあります。

これを理解した上で、特定のドメインからのみ被リンクがあるのは明らかに不自然です。本来であれば、リンク元のドメインはいいようにばらけなければいけません。私の薬学系サイトもまさに多くのドメインから被リンクがあります。

これを考えると、SEO対策として被リンクをつけるにしても様々なドメインからリンクがなければいけません。

被リンクスピードを遅くする

自然SEOで上位表示されているサイトは被リンクのスピードが遅いです。つまり、ある一定数のリンクが毎月付けられることになります。

それでは多くのサイトアフィリエイターはどうするかと言うと、開設後の1~2ヶ月の間に大量のリンクを貼り付けます。その後、次の月からは被リンクの数がゼロになります。この状態も同じように不自然であることが分かります。

そのため本来はどうしなければいけないかと言うと、被リンクのスピードを遅くします。たったこれだけですが、SEOとしては劇的な効果がでます。

ちなみに、これらはよく考えてみれば分かることだと思います。私の薬学系サイトの被リンクの構造を見てもこれと全く同じなので、これが本来あるべきSEOなのだと思います。

実際、多くのサイトアフィリエイターが行っているように、見せ掛けだけのSEO対策を行っている人のほとんどが圏外に飛ばされています。これを理解すると、本当のSEO対策が分かってくると思います。

有用な記事がたくさんあるサイトであると、自然に被リンクが付いていくので最強のSEOとなります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録