ブログの場合、「トレンドとなるキーワードを調べてアクセスを集める」という手法があります。しかし、このようなアクセスは一過性なので私はあまりオススメしていません。

たとえ一瞬だけアクセスが集まったとしても意味が無く、放置でもアクセスを集め続けることのできるスキルを身に付ける必要があります。そうしなければ、継続的に稼ぐことはできません。

また私は企業へコンサルティングもしていますが、これらのスキルがないと企業へのコンサルは不可能です。企業は一過性の集客ではなく、継続的に集客ができる方を望みます。

ただし、そうは言ってもブログとサイトもアクセスを集める基本は同じです。これを理解した上で、どのようにしてアクセスを集めれば良いかを話していきます。

アクセスを集める方法に魔法は無い

相互リンクを頼むなど、基本的なアクセスアップ方法は確かに存在します。相互リンクとは、「こちらからあなたのサイトにリンクを貼るので、同じように私のサイトにもリンクを貼ってください」と頼む手法です。

ただし、いくら相互リンクを頼んだところでアクセスの集まらないサイトやブログは無数に存在します。これらの共通点として、「書かれている内容が面白くない」という事があります。

よくあるのは事実だけを書いた文章です。たまにWikipediaや教科書、その他のサイトに書かれている内容を一字一句そのまま書いているサイトがありますが、そもそも意味がありません。

そうではなく、本当に必要なのはオリジナル記事です。たとえある一冊の本の内容を元にして記事を書くにしても、そのままの内容ではいけません。これまでのあなた自身の体験や知識を織り交ぜて、オリジナル文章に仕上げる必要があります。

たとえ話の筋は同じだとしても、そこにあなた自身の考えや解釈を入れればオリジナル記事となります。これによって、ようやくアクセスを集めることのできる記事が完成します。

当然ですが、アクセスを集めるためにはある程度の文字量も必要になります。どれだけ少なかったとしても、500文字以上は意識してください。

このように考えると、トレンドワードを利用してブログに大量にアクセスを集める方法もサイトにアクセスを集める方法も共通しています。それは、どちらも「お客様に必要とされている情報」であることです。

トレンドワードとはニュースなどで話題に上がる旬なキーワードのことです。人は流行に敏感なので、芸能や経済でテレビに取り上げられれば人はそのキーワードを検索します。

このキーワードを狙い、記事を投稿することで大量のアクセスを集めるのです。

前述の通り、トレンドワードによる効果は一瞬だけなのであまりオススメしませんが「多くの人に必要とされている情報」という意味ではとても意義のある稼ぎ方です。

これと同じように、サイトで書く記事も「どのようなオリジナルの記事を書けば有用な記事になるか」を考えなければいけません。

つまり、莫大なアクセスを集める方法は言ってしまえば「有用な記事をたくさん投稿する」という以外にありません。結局のところ、魔法の方法はこの世に存在しないのです。そして、アクセスを集めるために最も重要となる考えがあります。

下手な鉄砲も数打てば当たる

自分の頭で考えて記事を書く以上、はずれる場合がほとんどです。これは私も同じです。いくら長年文章を書き続けているとは言っても、100%の確率でアクセスの集まる記事を書くのは不可能です。

そのためには記事数がなければいけません。つまり、「たくさん記事を書いて投稿すれば、次第にアクセスが集まってくる」という考えです。

「え~!!」と思いましたでしょうか? しかし、私は本気で言っています。

ネットビジネスをしている人の中で、「ある場所から記事を引っ張ってくるだけで」や「わずか7日間で毎日のアクセス数を2000まで引き上げる方法」などが出回っていますが、これらは全てまやかしです。

騙されても良いのであれば、彼らの甘い言葉に付いていってください。それが嫌なのであれば、私の言うことを信じて付いてきてください。

結局のところ、人によって興味の対象が異なります。同じネットビジネスにしても、私はせどりの方法を知りませんしPPC広告もよく分かってなく、そこまで興味がありません。

「サイト」という括りで見ても、サイトアフィリエイトやマッチングビジネスがあり、ここからさらに企業コンサルに繋げていく方法まであります。人によって興味となる対象がそもそも異なるので、数がなければアクセスは集まりません。

また、アクセスを集めるためにはYahooやGoogleなどの検索エンジンで上位に来る必要がありますが、どのページが上位に来るかは誰も予想できません。

ただし、量を書いていけばその分だけ確実にアクセスが集まるようになりますし、書けば書くほど文章能力が上がっていきます。その結果、時間はかかりますが次第に稼げるようになります。

しかも、「時間」という大企業でも覆すことのできない参入障壁を作り出せてしまいます。

これを理解した上で、サイト運営で稼ぐ方法に魔法はありません。まずは100ページを目指して頑張ってください。

ただし、サイトに適した記事とそうでない記事があるので、これを理解しなければいけません。その上で、「ブログに適した記事」と「サイトに適した記事」を確認する必要があります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録